Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

失語症になって いいこともあるよ [病気・療養・リハビリ五行歌]

a5626a20bab4503f7f661da7b88ac69b_s.jpg

 

失語症になって

 

いいこともあるよ

 

ゆっくり ゆっくり 話すこと

 

友達もノンビリして

 

ゆっくり ゆっくり うなずく

 

小野裕子作(五行歌秀歌集2)

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

オシャレな女性は、お気をつけあそばせ [メガネサルのお気をつけあそばせ]

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s.jpg


 

先日同病者の友人と、共通の知人である同病の女性の話をしました。彼女は私と発病が1ヶ月違い。年は彼女が数年上です。同じ病院で回復期のリハビリしましたので、よく話をしました。明るいひとで「ケセラセラ」が口癖です。病状も比較的は軽く、手の指も多少動き、お手玉程度なら掴むことができます。


 

彼女は大変おしゃれな人で、退院後1~2年で、装具も杖も外し、普通の靴で歩き始めました。「元のようにオシャレな自分を取り戻すこと」それが彼女がリハビリ取り組む意欲をかき立てていたように思います。


 

その当時、私達仲間の男性に「あんたら、いつまでそんな、ぶっさいくな靴(装具用のシューズ)や杖ついて歩くつもりや!」と言い放ち、胸はって歩いていました。私達はぐうの音も出ません。ただ無理している分、ぶんまわし歩行になっていました。

その彼女が、病後8年たった今ものすごく苦戦しているのです。2度の大きな転倒・骨折、年齢も70近くなり腰が曲がり始めたらしいのです。


 

彼女はプライドも高いのでその姿を他人に見られたくないと、引きこもりのような状態らしいのです。腰が曲がると、リハビリにも大きな支障が出る。私も電話やメールで直接彼女から聞きました。


 

同年代の同病の仲間はずーと杖歩行ですが、さすがにまだ腰が曲がったりはしていない。やはり余程障害が軽い場合以外は、杖は付いたほうが良いというのが同病の男性と先日話した結論です。彼女も私達同様ロボット・リハビリ入院を希望しているのですが、病院側が受け入れてくれるのか、まだ何とも言えない状況です。


 


脳卒中片麻痺となってもオシャレしたい。女性なら当然の願いです。それがリハビリの強い動機付けになっていることもよく理解できます。でも長い目で考えると、それがリスク(危険)要因になっているかもしれません。装具つけ、杖をついて長期間安全に、それなりにきれいに歩くことも是非ご検討ください。


 


それじゃ~また


 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

復活した“脳の力” BSプレミアムカフェ選2018年7月18日(水)  午前9時00分(100分)(初回放送:2009年) [リハビリ]

復活した“脳の力”


プレミアムカフェ 復活した“脳の力”(初回放送:2009年)


プレミアムカフェ選 復活した“脳の力”(初回放送:2009年)


2018年1月24日(水) 午前9時00分(100分)


■2018年7月18日(水) 午前9時00分(100分)


■2018年7月19日(木) 午前0時45分(100分) 



1月の放送をお見逃しになった方は、こちらの7月放送を是非ご覧ください。


それじゃ~また

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

苦労話にお気をつけあそばせ [メガネサルのお気をつけあそばせ]

c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s.jpg


脳卒中で入院していると、時に、様々な苦労話を聞かされる場合があります。


貧困、暴力、差別、いじめ、裏切り、借金苦、別離、病気、地震、事故、さすがに戦争体験は余り聞きませんでしたが、それでも壮絶な体験をされた方が多くいます。私も実際このほとんどを経験していますが、現在の日本では、私だけでなく大なり小なりこれらのいくつかを経験されている方は多いと思います。


ただ苦労話を他人にする時、俺はこんな苦労して生きてきたんだ。お前こんな苦労なんかしたことねえだろという「優位に立ちたい感」丸出しの人がいます。要するに「苦労自慢」です。「病気自慢」も見苦しいですが、苦労自慢も本当に見苦しいものです。さらに、苦労話で、同情を引こうとするような人もいます。そこにユーモアのかけらもありません。


「私はこんなに苦労して生きてきたんだ。だから私を無条件に尊重しなさい。逆らうなんてもってのほか。」議論をすると、そんな本音が見え隠れする人もいます。


しかし他人には、今、目の前にいる人が全てなのです。

過去に、この人がとんな体験をしていようと、今の日常生活の中で、どんなことをしゃべり、どのような行動をとるのか、それがその人の全てなのです。


苦労が良い方に出ている人もありますし、苦労によって大きく歪んでいる人もいます。大概の人は、簡単に苦労話を打ち明けたりはしません。

ですから、簡単に苦労話をする人には、そこにどんな意図(いと)があるのか、警戒も必要です。

 

これ高齢者だけではない、若い人の中にもいるのでお気をつけあそばせなのです。

 

逆に、この人はただ者でないと感じさせる人は、何も語らずとも、経験も、苦労も、思慮深さも自ずと感じさせるものです。苦労しても歪んでない人はいます。そんな人は直接は多くを語らない。苦労を飲み込む度量(どりょう・心の広さ)があるのです。

 

いいものは、ことさら自己主張しなくっても、そこにあるだけでいいと感じさせる魅力を持っているものです。

 

 

それじゃ~また


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

わたしはだれに げん気をあげよう

 2239845c75b24d85927a710142f64a2c_s.jpg


ゆめは


 


みんなに


 


元気をくにれる


 


わたしはだれに


 


げん気をあげよう


 

安川唯紀 7才「五行歌の事典(草壁焔太編)」


 


ーーーーーーーーーーーーーー


これわずか7歳の子の歌なんです。


7歳にして、もうこんな風に物事を考えられるのか、驚きです。


 


 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康