Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
障害者の車運転 ブログトップ
前の5件 | -

「障害者と人工知能、機械が連携する未来」(3)自動運転 声、視線で自動運転制御 [障害者の車運転]

声、視線で自動運転制御


【神戸新聞】


車は、近い将来ここまで進化します。もちろん自動運転車が事故を起こした場合、責任は所有者かメーカーかといった問題はありますが、それもおいおい整理されて行くと思います。

 

車が生活に欠かせない地方の障害者や高齢者のためにも、早期の実現を是非期待したいです。

一旦、免許を返納してしまえば、自動運転車にも乗れないと思えます。それまで出来れば免許保持したいと思っています。

 

それじゃ~また

 

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

「障害者と人工知能、機械が連携する未来」(2)自動運転 [障害者の車運転]

「障害者と人工知能、機械が連携する未来」(2)自動運転


第2回は自動運転です。日本の自動車メーカーと、自動運転の世界の勢力図です。競争の厳しい分野で、覇権を目指し今後さらに連携や再編が続いていくと思います。


これはある意味望ましいことです。我々障害者にも素晴らしい移動手段が手に入ることが期待できます。問題は価格ですが、適正な競争環境であれば、庶民にも十分手に入る価格になっていくと思います。


【神戸新聞2019年2月6日】

 

 

それじゃ~また

 

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

「身体障害者標識」と「後方録画中」ステッカー [障害者の車運転]



私の免許はAT限定ですから「身体障害者標識」を後部に貼り付けています。

41AS4slsXxL._SX342_.jpg

ところが道路を走っていると、無理な追い越しや煽(あお)りを受けることが多くなってきました。

私は片手運転になってから慎重に運転するようになりましたが、車の流れに乗らない程低速で運転しているわけではありません。制限速度以下でトロトロ走ることもありません。

しかし、最近よく煽(あお)られたり、強引に追い越されたりするようになったのです。どうも「身体障害者標識」のマークをつけていることに原因があるのではと、ふと思ったのです。つまり身障者=運転がヘタと、イメージされてしまう。

こんな車の後ろにつくのはめんどくさいので先に行こうと言うことでしょう。強引な追い越しなどで危ない局面もありました。

61KsDcPcugL._SX522_ (2).jpg

 

それでドライブレコーダーを取り付けようと思ったのですが、後方は取り付け等めんどくさそうです。それに目立ちません。そこで「後方録画中」のステッカーだけ先に張って、まず効果を確かめてみようと考えました。スッテカーは数百円ですし、低コストで実験できます。

そこで、女房の車と2台に貼り付けました。

これで3ヶ月間。実験結果は上々で、ピッタリ後ろに付かれることはなくなりました。

今では2台ともにドライブレコーダーをつけています。

 

それじゃ~また

 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

片麻痺障害者は自ら車の運転しても、人を乗せるのは避けたほうがよい [障害者の車運転]

 

86b0861ef6805bdf259b96f08dfcda03_s.jpg

私は障害者手帳でいうと1種1級の片麻痺障害者ですが、地方在住で生活に車の使用は不可欠なこともあり自ら車を運転しています。病後しばらくして運転を再開して7年余以上継続して運転していいます。 この間免許も3回更新し、ゴールド免許を維持しています。


同じ地方の同病者の中には車を運転されない方も多くいます。入院などを通して 親しくなったこの方達と外でお茶をしたい場合 があります。運転されない人は、家での生活時間がだんだん長くなり、外に出たいという気持ちが強いのです。メール等のやり取りの中で、自然外でお茶でもしようかという話が出てきます。


当然、私が迎えに行きましょうとなる。幸い私の車は妻が私と同病(脳梗塞片麻痺)の義父を送り迎えするために購入したもので、乗り降りが楽なようになっています。ところが、私のリハビリの姿など知っておられるそのご家族が大変心配されるのです。面と向かって拒否されることはありませんが、 非常に疑わしそうに運転に関して初心者にするような質問を色々されてくるのです。まあ、これは当然と言えば当然の心配なのですが、私が口でいくら説明してもこの疑いが晴れることはありません。


たまには外に連れ出してやろうという同病者に対する気持ちは、家族などからすれば余計なお世話であり、万一事故でも起こされたらどうしてくれると言う話なのです。


「こちらであなたの家まで連れていきますから」 と言われる方までいるが、私の家は普段から来客も多く、さらに同病者を家に招き入れることは、トイレなど今度は我が女房が気を使い大変なのです。だからこそ外でお茶となるわけです。


結局、お茶が出来る待ち合わせ場所まで、お互いの車でに行くということになりますが、正直この時点で、しつこく私の運転に疑問をはさまれた相手の奥さんと話すなどこちらはもうカンベンです。疑念の目で見られ私も正直、嫌になってきているのです。

そんなわけで、我々地方在住の同病者が会うのは中々大変なのです。


しかし片麻痺障害者は、いくら自信があるとしても自分の車に他人を乗せることは、その家族の思いを考えると止めたほうが無難でしょう。

それじゃ~また

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スマートマシン機械が考える時代「完全自動走行車」 [障害者の車運転]

1207087.jpg


 


 


人工知能 AI を搭載したロボットや 自動走行自動車というのは、我々 脳卒中片麻痺障害者にとって、関心の ある事柄だと思います。


.


そこで介護ロボットや自動走行自動車というものについて 将来どのよう状況が予測されるのか 簡単にご紹介してみたいと思います 。「スマートマシン機械が考える時代」(林雅之 著) を取り上げます。


ーーーーーーーーーーーーーー



スマートマシン 機械が考える時代

スマートマシン 機械が考える時代

  • 作者: 林 雅之
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 


◆スマートマシンという言葉は初めて目にする人多いだろう。スマートマシンとは人工知能 AI を実装したロボット、ドローン、自動走行車などでなどに代表される自己学習機能を備え、自律的に行動する電子機械のことを指す 。


 

常時インターネットに接続し無数のセンサーを搭載した「コネクティッドカー」や自動走行技術を搭載した走る巨大なコンピューターとしての「自動走行車」にも各企業が力を入れている 自動走行車の復旧の鍵となるのがドライバーが全く関与しない「完全自動走行車」の実現だ。


IHSオートモーティブが、2014年1月に発表した自動走行車の市場では、運転手を必要とする自動走行技術搭載車は2025年頃市場普及、全部無人の自動走行車は2030年ごろの市場投入がみこまれている。


ーーーーーーーーーーーー


気になるのは、やはり値段です。20年後に完全自動走行車がある程度(30%くらい)普及していたとすると、価格300万円以下が私の希望です。現在、お年寄りが多く運転している軽自動車の衝突回避システムを搭載した最上位車種が200万くらいですから、できればその水準で販売されていればいいのですが。


キャンピングカーの完全自動走行車なら、1DKの家が完全自動で移動しているようなものです。それで日本を縦断しようか、夏は北海道で暮らそうか・・。夢が次々膨らみます(笑)


次回は、介護ロボットの話をご紹介します。


それじゃ~また

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 障害者の車運転 ブログトップ