Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
その他(ブログ等) ブログトップ
前の5件 | -

サイエンスZERO 音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的にわかってきた! [その他(ブログ等)]

  

サイエンスZERO 音楽が脳に

もたらすうれしい効果が

科学的にわかってきた!


サイエンスZERO 音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的にわかってきた!

 

アンコール放送です。

 

音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的に解明されてきた。事故や脳卒中などで言葉を発することが困難となった「失語症」の患者が音楽を使った治療法で劇的に回復した奇跡の実例を紹介。

 

また三重県で行われた大規模実験で、音楽を取り入れた有酸素運動が65歳以上の人たちの認知機能を高め、認知症の予防につながる可能性があることもわかってきた。AIが個人個人の脳が好む曲を瞬時に作る取り組みも紹介する。


【ゲスト】三重大学准教授…佐藤正之,大阪大学教授…沼尾正行,【司会】小島瑠璃子,森田洋平,【語り】塩澤大輔

 

字幕放送 再放送

ーーーーーーーーーーーーーー

失語症の回復につながるのか、本当に興味深い番組でした。

 

脳損傷の回復に音楽を取り入れる。もっと研究が進んで欲しい分野です。

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【マイナンバーカード】申請写真の化けすぎに、お気をつけあそばせ [その他(ブログ等)]

 



妻がマイナンバーカードの顏認証、通らないのです(笑)

先日、マイナンバーカードの受け取りに役所へ妻と行きました。
顔認証で確認した後で、マイナンバーカードを手渡すとのことです。
それで、市の担当職員の方と一緒に、衝立で仕切られた認証コーナーに入りました。
モニターに取り付けてあるのカメラに向かいます。

私はもちろん一発でOKです。
が、妻が通らないのです。

そういえば自分のスマホで申請写真撮るとき「マイナンバーカードに載るからきれいに撮っておかないとね」とか何とか言って、念入りに化粧し、メガネも一番いいやつに変えていました。
おまけに顔を上げたり下げたり何度も撮影し直していた。

結局化けすぎて、手続きに現れた本人と違いすぎ!! 市の若い女性担当者の困った顏、わたしは気の毒やらおかしいやら[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

結局、顏を上げたり下げたり申請時の撮影角度に近づけて何とか認証OKとなりました。

皆さん申請写真の化けすぎにお気をつけあそばせ(笑)



それじゃ~また



nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

自治体の雇用水増し対応-追加採用 [その他(ブログ等)]

神戸新聞2019年1月13日





厚生省をはじめとする中央省庁や地方自治体による障害者雇用水増し問題 について

「災い転じて福となす」 となればいいのですが・・。都道府県の半数以上で精神・知的障害者の正規職員への雇用が排除されているなど厳しい現状です。

 

厚生省のように次から次へとごまかし問題が発生するのは、やはり体質になっているように思います。反省の色なしです。

 

地方自治体だけは何とかこんなことがないように、障害者雇用に、力を入れていただきたいと切に願います。中央省庁の顔色ばかり見ないで、知事のリーダシップに大いに期待します。

 

兵庫は、断トツの最多の240名の追加採用の様です。実態を見守りたいと思います。

 

 

それじゃ~また

 

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳損傷治療に夢の新薬SB623の投与  [その他(ブログ等)]

2016年10月22日ディスカバリーチャンネルジャパンで放送された内容です。

 

米国 脳梗塞 フェーズI/IIa臨床試験の結果

SB623の投与によって、米国で実施したフェーズI/IIa臨床試験の被験者の運動機能が改善しました。脳梗塞発症後約2年を経過して腕が上がらない、歩けないといった運動機能障害を抱えた患者さんのSB623投与後の経過です。上がらなかった腕が上がるようになった、車椅子の方が自力歩行できるようになるなど、運動機能の改善が見られました。


 




スタンフォード大学病院 神経外科総責任者ゲーリー・スタインバーグ教授(臨床試験実施責任者)

■我々脳卒中後遺障害者は、これまで、何度も何度も期待しては裏切られて来たわけです。完全治療はこのような新薬かなと期待されますが、どうでしょうか!?

nice!(15)  コメント(2) 

あれから24年 [その他(ブログ等)]

hqdefault (1).jpg


 

当時私は、阪神間の街に住んでいました。独立開業して2年、ようやく仕事が軌道に乗りかけた矢先でした。


 

大地震発生のその時、自宅では本箱が倒れ、割れたガラス戸の破片が赤ん坊(生まれて三週間目の次男)の顔にも飛び散りました。女房は「赤ちゃんが死んじゃう!死んじゃう!」と大パニック。


隣の家では、家屋の下敷きになって老夫婦が亡くなりました。主人は妻をかばうように覆いかぶさって亡くなられていたそうです。


 

・・・ホンマに恐ろしい体験でした。そんな次男も、今では社会人です。


 

その後、私は長く家族と離れ、単身赴任生活を余儀なくされました。9年前に脳卒中に倒れようやく家族一緒の暮らしになりました(苦笑)


 

脳卒中で倒れた後も割と冷静でいられたのもこんな被災体験をしていたからかも・・・と時に思ったりもします。


 

犠牲者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。


 

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - その他(ブログ等) ブログトップ