Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お金の話 ブログトップ
前の5件 | -

投資の話-8 リスク許容度 [お金の話]

さて非常に大事なリスク許容度についてのお話をします。投資するとなると儲けばかりが頭を駆け巡って、リスクを考えていないと言う人が初心者には多く見られます。


投資においてはどれだけ損をする可能性があるのか、自分は、どれだけの損失に耐えられるかを事前に考えておくことは本当に大切なことです。


前回と同じく週刊ダイヤモンド2015年5月23日号の「投資の鉄則」という特集から抜粋させていただきます。非常に重要なことが、本当にわかりやすく書かれてありますので、是非自分に当てはめ計算して見てください。

 

週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌]

週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 雑誌



株式市場は、今年の10月に世界的な大暴落に見舞われ、現在さらに2番底をつけるような危機にあります。私も評価資産の10%を2週間で失くしたことになりました。評価益が3分の1程度失われた計算になります。

ただし、売却はしなかったので損失等は何も確定させていません。

 

このような暴落は事前にどうすべきかを考えておかないと、精神的に大変です。どうなれば損切りするのか、買いに入るのかといったことです。私の場合、今回は自分で事前に設定していた基準の何にも抵触せず、ただ静観でした。毎月1回の積み立て投資(米企業株厳選ファンド)の分が多少安く買えた程度です。長期投資の場合は、慌てることは少ないのです。

 

 

それじゃ~また

 

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

片麻痺障害者のための投資戦略(7) 私の投資戦略 [お金の話]

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_t.jpeg


 

私は株式投資においては、相場を予想しないということを旨としています。


 

もちろん株式市場は、今後20年程度の期間で見れば、上昇するだろうことは信じてはいます。だから株式に投資しているわけなんですけれども、目先の相場予想はしないようにしています。金融システムが巨大化、巨額の資金が一瞬に世界を駆け巡る今、素人はもちろん専門家でさえ、予想してもそう簡単に当たるものではないからです。テレビの投資番組で、予想が当たったことを証明する書類を捏造した専門家までいました。


 


 


 

ではどうしているのかと言えば、ある水準を設定して売買しています。例えば日経平均がこの水準まで落ち込んで来れば買いを入れる。個別株においては購入時から10%減少すればひとまず損切りするといったことです。この原則をひたすら守っています。


 

また分散投資は当然として、戦略も分散しています。「日経平均」「NYダウ平均」など平均に賭けるインデックス投資と、厳選した企業群に賭けるアクティブ・ファンド投資や個別企業株へのバリュー投資です。


 

バーベル戦略というのもあります。これは、ほんの少しだけ、可能性が小さくリスクの大きいもの(ブラック・スワン)にもかける戦略です。最適化も必要だし、ほんの少し無駄と思える万馬券への賭けも必要だということです。あらゆる可能性を排除しないことが、心の安定をもたらします。


 


それじゃ~また


 

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

投資の話-6  投資の鉄則そのて7ヵ条 [お金の話]

b7ebda5bce96ede643f962237db6b8ee_s.jpg ce6ba1c8797fa47413eaaa5f579ea7d9_s.jpg

 


さて、難しい基礎的な勉強を終えたらこれで万全、というわけには残念ながら行きません。


実際に金融商品の購入をする前に、日本の株式市場に長く携わられていて、私が信頼できると思われる3人の方がおられます。これらの著書にも是非目を通していただきたいのです。「株式市場で莫大な利益を稼ぎ出し大金持ちになる」たぐいの本にはくれぐれもご用心を。





その三人とは、経済評論家の山崎元さん、経済コラムニストの大江英樹さん、ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんです。お名前をお聞きになった方も多いのではないでしょうか。


 



全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

  • 作者: 山崎 元
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 新書
投資賢者の心理学 ―行動経済学が明かす「あなたが勝てないワケ」

投資賢者の心理学 ―行動経済学が明かす「あなたが勝てないワケ」

  • 作者: 大江 英樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

  • 作者: 竹川 美奈子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この3人の方が週刊ダイヤモンドで対談(2015年5月23日号)され、投資の鉄則そのて7ヵ条を挙げられておられます。今回それをご紹介いたします。


 



週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌]

週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 雑誌


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


鉄則1 長期保有が前提なら投資はいつ始めてもいい。ただし少額から始める。


 

鉄則2 いきなり商品を選ばないまず資産配分から考えよう。


国内外の株式・債権例 REITt(不動産投資信託)への配分アセットアロケーションのことです。


 

鉄則3 買値にこだわるな。金融商品の売り時とはお金が必要になった時。


 

鉄則4 ラップ口座はやめておけ。 


ラップ口座とはプロに運用を任せることです。手数料が高いという欠点があります。


 

鉄則5 他人の話を鵜呑みにする人は失敗する


 

鉄則6 アドバイスをもらう相手から商品を買ってはいけない。 


金融機関に相談に行くのはやめたほうがいい利害関係のない人に相談する。


 

鉄則7  DC は期待リターンの高い商品、NISAは国内 ETF (上場投信)がおすすめ


 

DC は確定拠出年金のことです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

退職金などまとまったお金を、証券会社や銀行のアドバイを鵜呑みにして、一つの商品を一括で大量に買わないということです.。


 

基本は、あくまで自分の頭で考えて投資するということです。其の際手数料の安さを考慮するということも大切になります。これらを考えるとネット証券を利用して投資していくということになるでしょう。


 


それじゃ~また


 

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

蓄財優等生の子供を育てる(2) [お金の話]

0817c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s.jpg


蓄財優等生の子供を育てるとの第2回目です。


 

今回も『となりの億万長者: 成功を生む7つの法則』から、「しっかりした蓄財優等生の子供を育てる」ことについての私のメモのご紹介です。


 


となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

  • 作者: トマス・J・スタンリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 


親が子供の生活の面倒を見れば見るほど子供は「蓄財劣等生」になっていく



なぜなら、大原則(収入がいくらであろうとも収入以下で暮らす)が、崩れるからである 。そして勤労意欲もなくす、ということです。

 

質素倹約も大原則に含まれるということでしょう。



◆経済援助を与えれば与えるほど子供は資産を蓄えず、援助が少なければ少ないほど資産を築くようになる。


背水の陣で臨むと驚くほど、蓄財に有効だそうで、これは統計的に証明された事実であるそうです。




◆子供に魚を与えるのではなく魚釣りの方法を教えなさい

 

要するに、子供にお金を与えるのではなく、お金を得る方法、心構へを教えなさいということですね。


 


 



それじゃ~また

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

蓄財優等生の子供を育てる(1) [お金の話]

71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s.jpg


蓄財優等生の子供を育てる


 

先日お勧め本のカテゴリーでで紹介いたしました『となりの億万長者: 成功を生む7つの法則』から、「しっかりした蓄財優等生の子供を育てる」ことについての私のメモをご紹介します。これは子育てから、子供への財産の贈与、相続についてまで幅広い含蓄を含んだ内容です。


 


となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

  • 作者: トマス・J・スタンリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


1.子供に両親が金持ちなどと、絶対に教えない。


 

2.どんなにお金があろうと、子供には倹約とけじめを教える。


 

3.子供の大人になり自己管理ができるようになり、きちんとした職業について安定した生活を送れるようになるまで、親が金持ちだと気付かせてはいけない


 

4.子供や孫に何を遺産に与えるつもりなのか、なるべく話さない。


 

5.高価なものを駆け引きに使うな


 

6.巣立った子供の家庭の事に立ち入るな。


 

7.子供と競おうと思うな。あなたの貯蓄額を自慢するな。


 

8.子供をそれぞれ違う。独立した人間である。どんなに、手助けしても格差が生じるのは仕方ない。


 

9. 成功でものを計るのではなく、何を達成したかで計るように教育しよう。


ーーーーーーーーーーーーー


単にお金のあるとかないとかでなく、親として子供をどの様に教育するか、家庭での教育論担っていると思います。他にも、子供の家庭への援助は、孫の教育資金に限定するという部分も心にとまりました。


 

日本でも、商家の家訓というのが江戸時代からありましたが、それと共通するものです。そこには永く子孫繁栄の願いが込められていると感じます。


 


要するに、子供に魚を与えるのではなく、魚を釣る方法、心構へを教えなさいということだろうと思います。


 

それじゃ~また

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - お金の話 ブログトップ