Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
己を知る診断テスト ブログトップ
前の5件 | -

脳の妙なくせを知る  [己を知る診断テスト]

ls-yura013.jpg

私は脳卒中で右脳を損傷し左片麻痺になったわけですが、脳は本来どのような機能を持っており、右脳損傷により、どのような機能に変化が生じているのか。己を知る上では是非知っておきたい事柄です。今回それを考えてみたいと思います。「脳には妙なクセがある(池谷裕二著)」を参考にします。

---------------

意中の人の左側に座るシュードネグレクト効果


さて質問です。画像の上と下の顔、どちらの方がより微笑んでいるように見えますか?


ぱっと浮かんだ印象で答えてみてください。同じ画像を左右反転させた画像にもかかわらずほとんどの方はどちらか一方を選ぶことができるでしょう。


集計データによればより多くの人が上を選ぶことが分かっています。特に右利きの人はこの傾向が強くあります。これは地域や民族や時代を超えて一定しています。人類に共通した性質なのでしょう。


上の顔は左半分がにこやかな表情で右半分が悲しい表情です。しかしこの画像を微笑んでいるように感じるということは、私たちの顔の「左半分」を特に重要視していることがうかがえます。

左半部さえ笑ってればもうそれだけでなんとなく笑っているように見えるわけです。このように左重視の傾向は顔だけでなく様々な分野に見られます。


例えば魚の絵を描いてみてくださいどちら向きに描くでしょうか。ほとんどの人は頭を左に尻尾を右に向けるはずです。そういえば料亭の活け造りでも頭は左に置かれています。


やはり大切なのは全般的に左視野のようです。このように視野の半分を重要視してもう一方を無視しがちな人の認知傾向を「シュードネグレクト」と言います。

「脳には妙なクセがある」池谷裕二著


--------------------------------

実は私は下の顔が微笑んでいるように見えるのです。何度やっても同じです。つまり人類一般に比べ左の空間認知が弱いと言うことになります。私は車を運転していますが、やはり左側は要注意です。


それと私は左片麻痺で顔の左側唇あたりが多少歪んでいるのですが、私と喋る人は健常者と変わらないと、ほぼ同じように言います。私の顔の健常側の右顔(相手から見れば左側)に注意が注がれると言うことなのでしょう。これで納得できました。

 

それじゃ~また

 

nice!(0)  コメント(0) 

(2)交流分析とは [己を知る診断テスト]

交流分析とは


1950年代後半に、精神科医エリック・バーンによって提唱された一つの心理学の理論です。様々な精神疾患の診断、治療法として、個人、家族、グループへのセラピーの手法として使われています。
治療以外の分野としては、教育分野、カウンセリングやコンサルティングの分野、マネージメント分野、コミュニケーションの訓練、その他様々な団体によって用いられています1980年代以降で、企業の教育トレーニングで経験された方もあると思います。

analysis_image_01.jpg

1.自我状態

まず、交流分析では、人の心が、子供の頃の経験によって形作られるP(Parent)、A(Adult)、C(Child)の3つの自我状態があると仮定しています。


これを自我状態モデルPACモデルと呼んでいます。


P(Parent、親の心)・・社会のルールを守ろうとしたり、相手を褒めたり労ったりする心

A(Adult、成人の心)・・状況判断をする心、

C(Child、子供の心)・・天真爛漫に振る舞ったり、頼ったりする心。


この三つの心を、知るのが前回のエゴグラムです。


2. ストローク(ふれ合い)

ストロークは、なでる、さするなどの意味がありますが、TAでは相手の存在を認める言動の全てをストロークと呼んでいます。「おはようございます」「こんにちは」という挨拶や、優しく微笑みかける肯定的なストロークもあれば、叱る、怒るなど否定的なストロークもあります。人が幸せを感じるのも、不幸せになるのも原点はストロークの出し方、受け取り方によります。










3. 対話分析(コミュニケーション)


自分に三つの心があると同じように、相手にも三つの心があります。私たちは、この三つの心を使って情報を伝えたり、相手を理解したりします。対話分析を理解することにより、その場にふさわしい対話ができるばかりでなく、相手の気持ちに沿った対応ができます。




4. 人生態度(人生の基本的立場)

       

「自分」および「他人」に対しての基本的な立場を人生態度といいます。TAでは、この基本的な立場が「幼児期における主に養育者とのふれあいの過程で形成される」と考え、自分自身を振り返り、「自分も相手もOK」という相互理解の関係を目指す機会とします。


5. 心理ゲーム(いつものトラブルパターン)

あなたは「前にも同じような、こじれた不快な対話をした覚えがある」と思ったことはありませんか。もしあれば心理的なゲームをやったことになります。人はストローク飢餓になると否定的なストロークであっても心理的ゲームで飢餓を癒そうとします。気づいて手放すことができます。

6. 時間の構造化(時間のすごし方)

TAでは、「その人がストロークを求めるために、どのような時間の使い方をしているか」で、その人の生き方のパターン分析ができると考え、生きがいのある自分の時間の使い方を探求します。

7. 人生脚本(自分で描いた人生のシナリオ)

人生脚本とは、人はそれぞれ、あたかも、脚本が用意されているかのような人生を歩むことから名づけられました。子どもは養育者とのふれあいや、環境によってよい脚本や、悪い脚本を大なり小なり受け取っています。そしてこの脚本が大人になった今、あらゆる行動に大きな影響を与えています。それに気づいて手放し、本来の自分を取り戻します。


実際、日常生活でこれを常に意識して行くというのは、難しい面はあると思います。ただ何か人間関係で感じることがあれば、交流分析の手法で、分析し改善を考えるのもいいと思います。



詳しくお知りになりたい方は下記を御覧ください


交流分析学会

http://www.js-ta.jp/analysis.html


NPO日本交流分析協会

http://www.j-taa.org/index.html

 

nice!(0)  コメント(0) 

交流分析 エゴグラムによる性格診断テスト [己を知る診断テスト]

519D2zTyUsL._SX352_BO1,204,203,200_ (2).jpg

交流分析とは、1950年代後半に、アメリカの精神科医医エリック・バーンによって精神分析を土台とする人間性心理学を取り入れて開発されました。


30年くらい前でしょうか、この交流分析手法が人間関係を改善する試みとして社員研修などで盛んに取り上げられた時期がありました。私もその当時興味を持って、心理学の社会人講座で学びました。


今回これを取り上げてみたいと思います。


自尊感情を育てる「エゴグラムSHE[レジスタードトレードマーク]」活用ガイド ~児童・生徒・学生を応援する「励ましのメッセージ」が作れる

519D2zTyUsL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg





まずこちらのサイトで、テストを受けてみてください。多少項目は多いのですが、結果は参考になると思います。


交流分析専門サイト 「エゴグラフ性格診断テスト


ちなみに私のは下記のとおりでした。ただし現役当時を思い浮かべての回答です。まあ順応的な点数が低いのは予想通りでした(苦笑)。それと恋愛に関してはマメさのかけらもありません。ちなみに「遊覧」といいますのは私の五行歌人(?)のペンネームです(笑)以降お見知り置きください。

20180312001キャプチャ.PNG

「遊覧」エゴグラム診断


http://ta.direct-comm.com/charactor/result/37058871.html

しかし、これでは脳卒中にもなりますわ。性格に大いに問題在りです。鈴木大介さんが指摘される「脳卒中は性格習慣病」です。我ながらほんとわかりやすい人間です。そして私と同じように平坦高の人が、テスト結果で一番多いということは、脳卒中の危険性が高い人が多いとも考えられます。

私の「己を知る診断テスト」記事に関して、性格に興味がないと「フニャフニャ一直線」さんが書かれていましたが(「以前から「性格」とかより「パーソナリティ障害」のほうに関心があります」
鈴木大介さんが指摘されるように、我々同病者は再発防止のためにも自らの性格を一度顧みるべきだと私は思います。

もっとも「フニャフニャ一直線」さんの問題は、自ら自覚されているように性格だけでは収まらない「病的な」ものでしょうが。


それじゃ~続きはまた。

nice!(0)  コメント(0) 

「性格理論ビッグファイブ」と「ライフスタイル類型」の相関関係は  [己を知る診断テスト]

性格理論ビッグファイブとライフスタイルの関係 


ライフスタイル.PNG big5.PNG

アドラー心理学のライフスタイル類型はこのビックファイブ理論とどのような関係にあるのでしょうか。下記の表は、重回帰分析により相関関係を表したもので、「人生の迷いが消えるアドラー心理学のススメ(向後千春著)」よりの抜粋です。

 

相関係数でなく、簡単に(+)(ー)で表されています。

・(+)プラスの相関・・一方がプラスに働けば一方もプラスに働く関係

・(ー)マイナスの相関・・一方がプラスに働けば一方はマイナスに働く関係

 

この関係は、重回帰分析ですので、当然データによってその関係性が実証されています。

 

 

ライフスタイル類型 (a )安楽型・安楽でいたい ( b)仲良型・好かれたい (c )リーダー型・主導権を取りたい  d )優秀型・優秀でいたい
(O)開放性 + +
(C)勤勉性 + +
(E)外向性 + +
(A)協調性   +
(N)神経症傾向 +    


まあこれは常識的に考えても推測できます。


・(a )安楽でいたい人や( b)好かれたい人は、開放性(O)とか(C)勤勉性とはマイナスの関係で、(c)主導権を取りたい人や( d )優秀でいたい人は、開放的で勤勉な傾向にあると言う事です。


・また(b)好かれたい人と、(c )主導権を取りたい人は、当然外向的です。

一方、(a)安楽でいたい人( d )優秀でいたい人は、あまり外向的でありません。これらの人の関心は、あくまで自分に向いていますので、当然ですよね。


・協調性の面では、( b)好かれたい人は協調的であり、(c )主導権を取りたい( d )優秀でいたい人は協調的ではありません。


・さらに( b)好かれたい人は神経症的であり、(a )安楽でいたい人、ある意味お気軽な人は神経症傾向とは無縁と言う事です。


このようにライフスタイルの類型はビッグファイブ性格特性モデルに対して整合的に対応付けることができということです 。私もライフスタイルテストでは、優秀型(優秀でいたい)でビックファイブでは勤勉性と開放性の数値が高く、外向性や協調性の数値は低く出ました。神経症傾向も低めです。ただこれらの要素に大きな差は出ませんでした。

 

この「性格理論ビッグファイブ」と「ライフスタイル類型」テストを通して、「自分」や「他人」をより理解・認識しやすくなると、私は感じました。

 

それじゃ~また。

 

nice!(1)  コメント(0) 

できない脳ほど自信過剰  東大通(とうだいとおる)君の脳のクセ [己を知る診断テスト]

c6882c17b1afbed608885c8565214e98-e1379399210394.jpg

 


今日の紹介本はこれです。


 



できない脳ほど自信過剰

できない脳ほど自信過剰

  • 作者: 池谷 裕二
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: 単行本


 Amazonの内容説明によりますと次のとおりです。


ーーーーーーーーーー


たいしてデキないのに自信満々な人、いませんか?


それって脳のクセだったんです。


あいつ、たいしてできもしないのに自信満々だな」「うちの上司、人よりできると思ってるよな」そんな風に思うこと、ありませんか?実は脳ってうぬぼれやすいんです!人気脳研究者が綴る、脳の不思議なクセと科学の最新知見。


ーーーーーーーーーーーーーー


その昔、小林よしのりさん作の大ヒット漫画に「東大一直線」というのがありました。その主人公の「東大通(とうだいとおる)」君は、まさにそんな人です。


 

私もそんな人、一人だけ心当たりがあります、脳卒中ブログ村で 。いつも医者は勉強不足だ何だと言っている人です。


 

この人、すぐに他人のブログからキーワードやセンテンスを勝手に拝借されるのです。でも其の割に記事の内容は全く理解されていないのです。「ある方」「あるブログ」と引用される私にはよくわかります。こんな被害に会われた方、当ブログ村でもおられると思います。


 

まあこの引用はあくまで話の枕で、結局「フニャフニャ」「関節可動域」の話をして、「俺は奇跡を起こしたのだ、超優秀なのだ」と最終的には言いたいわけなんです。


 

自分で記事のテーマを探せないなら、書くのを中断すれば良いのですが、それはできないのでしょう。せっせと毎日勤勉に記事をお書きになってます(東大通君と一緒)。


 


この方、最近「目的と手段を取り違える」ことを批判されていましたが、この方も当初の目的は「同病者の役に立つ記事」と書かれていましたので、「毎日書く」が目的化している現在は、正に「目的と手段を取り違えた」状態でしょう。


 

当初は私と同様に脳損傷で、失礼ながら特に高次脳機能障害が強い方かもしれないと密かに疑っていたのです。が、この著書によると単なる脳のクセだったようです。病気でなかったと少し安心したような、クセだとしてもここまでの悪癖(あくへき)があるのかと、一層呆れたような、複雑な気分です。


 

それでも脳の癖なら私にも起こり得ることです。いえいえ、もうそんなクセ十分持っているのかもしれません。私「東大通」君の連載当時ファンだったような気がします(笑)。私も十分「お気をつけあそばせ」なのです。


 

 



それじゃ~また

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 己を知る診断テスト ブログトップ