Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
丹下右膳の運転記 ブログトップ
前の5件 | -

運転免許適性検査 [丹下右膳の運転記]

img_3.jpg

 

運転免許適性検査


いよいよ日曜日、車で1時間離れた運転免許更新センターに行きました。障害者駐車場に車を止めてセンターに入っていくと、日曜日ということもあり多くの人で混雑していました。


しばらくすると、係員が私を見つけて近寄ってきました。「メガネさんですか?」と聞きます。「ハイそうです」「こちらにどうぞ」どうも地元の警察から連絡が入っていたようです 。VIP 待遇とはいきませんが詳しく説明を受けることができました。


それでは、私の、運転免許適性検査の様子をご紹介します


1.まず両足で真っ直ぐ立てるか、片足立ち、握力検査です。


私は麻痺側の片足立ちは、もちろん出来ません。握力は、麻痺手はゼロ、健側は50程度だったと思います

 

2.運転席に乗り込んで検査です。

その前にいくつか質問がありました。

◆「今日はどうしてきましたか」「自分の車です」

◆「いつも運転されますか」「はいこの8年ほぼ毎日運転しています」

◆「ハンドルにスピンナーついていますか」「2台ありますが、1台にはつけています」

「そうですか。スピンナーついていないと違反になりますので・・」「それだとワイパー操作がしにくいので」「そうですか」

 


適性検査画面キャプチャ.PNG

spinaimages.jpg

 


いよいよ実技です


写真の様な装置のハンドルに「ハンドル回しのスピンナー」がついていて、それを操作します。ディスプレイ上の赤い縦棒が自動で左右に動くので、ハンドルを操作して下の青い棒をあわせていきます。

左右の終わりに近づくとハンドルが重くなります。パンク時に路肩に寄せるためらしいです。


数往復程度やりましたが、結構力がいります。結果「合格です」。

それで終わりです。ブレーキなどのテストはありませんでした。

 

3.それからは通常のコースです。

 

職員の方が、一人付いてくれました。


途中の関所「交通安全協会にご加入を」地点にやってきました。「すいません、こんな体なもんで、失業していまして・・」「わかりました」関所も無事通過(笑)。


目の検査も、準備が効いて何とかクリアー。 写真撮影。その後30分の優良者講習。私は、付添の人に導かれ満員の受講者の席でなく、少し離れた所のソファーで聞かせていただきました。


そうして無事免許取得。今回からAT車専用免許です。この間約1時間15分でした。これで5年のゴールド免許取得です。やれやれ

 

それじゃ~また

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

運転免許更新 交通課女性警官との攻防(2) [丹下右膳の運転記]

2014-07-d0011 (2).jpg

 

前回の地元警察との攻防の続きです。

ーーーーーーーーーーーー


しばらくすると、彼女の上司の実直そうな男がやってきました。

私が先程と同じことを繰り返しますと、


「わかりました、県警とも相談しますので、少しお時間いただけますか」

れからは30分近く待ったでしょうか

「おまたせしました。申し訳ありません、法律は全く変わっていませんでした。

前の二人の担当者の判断ミスです」


『そうやないで、前の二人はベテランの方たちやった。だから私の体見て、「車の運転はできるが(実際している)が、片方の手足が動かないからAT車以外は実際に乗れない」ことを理解してくれたんや、それなら、そんな体で遠くまで行って、わざわざAT車に限定するような検査受ける必要は無いと判断してくれたんや』

 

「はあ~」


「その判断に間違いはなかった。私は8年間AT車以外は乗れなかった。ただし、無事故無違反で、今日までAT車を運転してきた」

 

「はあ~」


「だから私は、前のお二人に感謝している。」

 

「ハイ!」


「わかった。適性検査を受けに行く。」私は潮時と判断しました。


「長い間、お待たせして、大変不愉快な思いさせてしまって申し訳ありませんでした。〇〇免許更新センターには行かれる日時等は連絡しておきますので」


ということで、相手が、一件落着です。


私が、玄関の方に歩きかけていると、さっきの女性警察官が追いかけてきました。

「大変不愉快な思いをさせまして、申し訳ありませんでした」と謝ってくれました。

「いやいや、気にしてないですよ」と私も笑顔で答えました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もちろん正しいのは、女性警察官なのですが、眼の前の「法」だけ見て、正しいいんだからと高飛車な物言いをする人と、法は理解しながらも、適用する「人」まで見ることができるベテラン。その違いです。

 

次回は免許更新センターでの適性検査のお話です。

 

それじゃ~続きはまた

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

運転免許更新 交通課女性警官との攻防(1) [丹下右膳の運転記]

 

traffic-pic02 (2).jpg

今回で脳卒中後、3回目の免許更新になります。

 

前2回は地元警察で、あっけないほど簡単に更新出来たのですが、今回は多少不安に感じていました。といいますのは地元警察の交通課の免許更新担当の女子警察官の評判がすこぶる悪いのです。


最近更新に 行った妻や姉に聞くと、「おじいちゃんやおばあちゃんが窓口でボロカスに言われてた、相当きつい担当者だ」と言うのです。私は、嫌な予感を持ったまま出かけました。

 

書類を提出し、ソファに座って待っていると、案の定、例の女子警察官らしき人物が、近づいてきました。大まかなやり取りは次のとおりです。


「貴方を見ていると、このまま免許更新させるわけには行かない。まず、県内に2箇所ある更新センターで適性検査を受けてきてください」


「私は、病気してから過去2回、ここで免許更新している。なぜ今回だけ適性検査をうけなければならないのですか」


「前の事は、私はわからない、ただ、私は貴方をこのまま更新させるわけには行かない。適性検査を受けてAT専用の免許にしてもらってください」



「ちょとまて、免許更新は法律に基づいて運用されているはずや。前のことがわからないとは何事や! 法律が変わったんなら、その法律を見せてくれ」

「・・・」


「適性検査しても、これまで運転できなかった種類の車が運転できるようになるため適性試験を受けに行くならわかる。そうでなく、これまでより運転できる種類が限定される。そのために何でわざわざ遠くの更新センターに行く必要がある。AT限定なら、ここでそうすれば良いことやん」

「それは、ここでは出来ません・・・」


「あんたでは、話にならん。別の担当者に変わってくれ」


話はまだまだ続きます。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中後3回目の運転免許更新(1)視力改善 [丹下右膳の運転記]

ls-P1010115 (2).jpg


前回の免許更新から早くも5年が経過しました。脳卒中後は8年経過したことになります。片手運転ですが、幸い無事故で、ここまできました。

ボディーをこっすて傷つけることもありませんでした。この間、平衡感覚がかなり改善されて、大きなカーブでも体が傾くということもなくなりました。
高速道の運転も普通にできるようになりました。



ただ一つ問題があります。「視力」です。


わたしは元々老眼で、実は病気前の免許更新時から次回はメガネを準備してくださいと言われていたのです。それでも、不思議なことに病後2回はすんなり視力検査合格したのです。


ところが、最近さらに視力が悪化しているように感じるのです。パソコンのし過ぎかもしれません。両眼で0.7以上が、普通免許の場合の条件ですが、やや下回っている気がします。


そこで上記の写真のように視力補正メガネ(100均で売っている細かい穴が空いた「ピンホールメガネ」と呼ばれる眼鏡)を購入し、遅ればせながら、約1ヶ月前から改善を試みました。


それじゃ~また。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

車のドアを閉める時はくれぐれもご注意を! [丹下右膳の運転記]

ダウンロード (4).jpg
これはえぬさんのtwitter記事です。私もドアを全開にして車に乗り込むので、閉める時多少苦労します。運転席に座った時すぐシートベルトするようにしているのですが、これが効果があるのかどうか?まだ試せてはいません。でもドアを閉めようと体を伸ばすと、ベルトが伸びる感覚があるので注意は喚起されます。


みなさんもお気をつけあそばせ!


それじゃ~また

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 丹下右膳の運転記 ブログトップ