Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ
前の5件 | -

介護ベッド誤使用による死亡事故 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 こんな記事が神戸新聞2018年9月17日に載りましたので調べてみました。



 


 


最新介護ベッドまわりの事故件数


最新介護ベッドまわりのイメージ


A

サイドレール内のすき間

26

B

サイドレールとサイドレールのすき間

16

C

サイドレールとボードのすき間

11

D

サイドレールとマットのすき間

8

E

ベッド用グリップの固定レバー

9

F

その他

5


 

最新の事故件数報告です。


過去事故件数データ


 

最新介護ベッドまわりの事故件数の割合グラフ


最新事故件数グラフ


【詳しくはこちらをどうぞ】


 医療・介護ベッド安全普及協議会


それじゃ~また


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ナルシシスト [メガネサルのお気をつけあそばせ]

b15748b5.jpg

 

私は以前の記事で、人間のタイプとして、「ドンキホーテ型」、「ドンファン型」、「ハムレット型」の3つのタイプがあるという話を紹介させていただきました。

 

 

【参考記事】ドンファン型人間はお気をつけあそばせ

 


しかし最近ブログを読んでいて、もう一つ特徴的なタイプがあることに気づかされました。それはズバリ「ナルシシスト型」です。日本語で「自己愛型」です。


カラパイアの「ナルシシスト・ナルシシズム。その特徴と危険性を分析」によりますと、


「ナルシシズムは、他人と良好な長期関係を築けない、非倫理的な行動、攻撃性など、さまざまな対人機能不全と結びついている。」といいます。

 

その特徴は、自分が特別な存在であると考えており、他人の存在や業績を最小化することで、他人の能力に直面した際に優位性を確保しようとする。

 

何より、 共感に欠け、他人の感情やニーズを認識しない、あるは気づこうとしない人ということになります。


要は自意識過剰で自分を選ばれた人だと勘違いし、他者への想像力に欠けるため攻撃性が強い。つまりは、「子供っぽい人」ということになります。


そもそも他者への想像力に欠けるから誤解が多く、直ぐに他人を攻撃する。攻撃された人が反論しても、その内容を論理的に読み解けないから、「レッテル貼り」に終止する。



こんな人が、ブログでも目に付くようになりました。脳卒中ブログ村でも、「他人に役に立つ」とか「同病者は仲間」とか言いながら、結局は自分の主張を単に繰り返すだけの人、他人への攻撃、「レッテル貼り」を際限なく繰り返すだけの人です。私は今、このような方たちへの興味を全く無くしています。

 

それじゃ~また

 

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

高齢者女性の孫自慢 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

845dpZL3tQVa9Jy1537391383_1537391954.png


 

私が、回復期の入院していた病院には、老健が併設されていて、お昼を過ぎる頃、多くの方がリハビリ室に降りてこられます。


 

そこで、女性同士は話の花盛りになるのですが、一番多いのが孫自慢です。他人の悪口もそうですが、これも相当見苦しい。


 

歩行特化型デイサービスに行って、孫自慢の方を久々見かけました。隣のベッドで若いにセラピスト相手に喋っていたのです。


 

高校ではどうだった、大学の成績は優の数がどうのこうと、私、自分の子でもそんな事知りません。私は、こんな女性とは、決してお近づきにはなりたくありません。


 

私の母も、こんな人でした。幸い(?)私の子供達は、自慢対象にはなりませんでした(苦笑)が、姉の子供達が自慢の対象でした。


 


銀行の外交の人など相手にこれをやるのです、銀行の方が、大変気の毒だなあといつも思っていました。若い外交の方は、自分と大して歳の変わらない孫の自慢話を聞かされる。仕事とはいえなかなか大変なことです。


 

高齢女性の場合、他人の悪口と、孫自慢は蜜の味でしょうか!?大変聞き苦しいのでお気をつけあそばせ!です。


 


 それじゃ~また


 

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

踏切内、電動車椅子立ち往生 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

これは、本当に恐ろしい。阪急神戸線の踏切は、狭くアップダウンのある上に、すぐに遮断機が下りる恐ろしい踏切も多く、健常時でさえ自転車での通行が怖かった。
今の私は杖歩行で、歩行が遅いのでとても横断する気になれない。次回の阪急阪神ホールディングス株主総会では、阪神タイガースの成績だけでなく、ぜひこのことを問題にしてほしい。株主の皆さん是非お願いします。
それじゃ~また

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

知識や情報が増えることによって逆に退化してしまう能力 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 d16cd5ba25fdc4909b207fb675d83b51_s.jpg

 

知識や情報が増えることによって逆に退化してしまう能力も人間にはある。(内山節著「哲学の冒険」)


これは、情報過多の現代人誰もが陥る罠だと思います。知識、情報に簡単にアクセスできるために、思考力、洞察力、想像力、感受性こういった能力が退化していくのです。


それはリハビリ の現場においても強く感じることです。セラピストは専門的な知識を豊富に持っています。ですから欠点を指摘するのは非常にうまい。ですが、たいがい、そこで止まってしまう。


代償動作に頼らなければ歩けないほど重い障害があるのに、代償動作を、ただただ欠点として指摘するだけ、痙性ならボツリヌス治療といったきわめて単純な発想が多いのです。


要するに思考力、洞察力、想像力に欠けるのです。ではどうすれば欠点は修正されるのか、どのようなリハビリが一番効果があるのかが提言できる人は、私が出会った中にはほとんどいませんでした。幸いネットではこんな優秀な先生が何人かおられます。


これや自主リハビリをする我々も気をつけておかなければならないことです。

知識を吸収するだけではなく、自分自身を観察し、考えることが必要だということです。


ブログではやたら論文を読むことを勧める人がいますが、問題はそうではないのです。観察し、感じ、考えるといった自分自身と向き合うことが非常に大事なのです。それがあって初めての知識が生きてくるのです。

 

【関連記事】想像力に極度に欠けた人たち

 

それじゃ~また

 

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ