Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
お勧め本 ブログトップ
前の5件 | -

「聞き書き」から表現するへ「人生すごろく」の持つ力。「介護民俗学という希望」(スマイルホームの物語) 六車由実著(3) [お勧め本]

「介護民俗学という希望」(スマイルホームの物語) 六車由実著


216d8fe8f9f602228c417cb56e507478_s.jpg

 



介護民俗学という希望: 「すまいるほーむ」の物語 (新潮文庫)

介護民俗学という希望: 「すまいるほーむ」の物語 (新潮文庫)

  • 作者: 六車 由実
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: 文庫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「聞き書き」から表現するへ「人生すごろく」の持つ力


◆「聞き書き」から人生すごろくつくり


スタッフと利用者さん達が協力して作ったきた利用者さんの大川靖子さんの人生すごろくのお披露目をした。


ゲームが終わると、皆拍手をし、ゴールを喜びあった。すごろくをしながら靖子さんの人生を全身を使って追体験し、その人生物語を最後まで演じきることができた、ということをお互いに労(ねぎら)い喜びあってるようでもあった。


利用者さんとの関係性を逆転したり愛情を育んだりするための方法にも介護現場での「聞き書き」がその力を最大限発揮するのは、「聞く」という行為が作品になり「表現する」ことを前提として行うときである。


◆お披露目会に来ていたお客さん達の感想


・すごろく参加者がみんなで靖子さんの人生の一端を垣間見つつ、おめでとうを言い合う瞬間を体験してこのすごろくの持つ力の大きさを教えられた


・人生すごろくだように、お互いに認め合い分かち合い讃えあうことのできる場と雰囲気は、介護の現場だけでなくこれから地域社会全体に必要だ。



◆スタッフが、利用者に対して教えるという立場で関わる限り、それは介護現場のケアするケアされるという一方的な関係の枠組みを超えることはできない。むしろそれをさらに強化することになってしまう 。


◆そうでなくスタッフと利用者がともに参加し、表現として行われる「聞き書き」から人生すごろくづくりは、介護現場のありよう柔軟により豊かに変化させていく力を持つと言える。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回「目標」について、いきなり聞かれ怒りに震えた話をしました。

 

普段から、「聞く」という態度を示さずに、指導する上から目線からいきなり「目標」など重要なことを聞くと相手は心閉ざします。

 

まず素直に、同じ目線に立って聞くという行為から信頼関係を作っていく必要があります。この点『「聞き書き」から人生すごろくつくり』は素晴らしい試みだと思います。

 




nice!(15)  コメント(0) 

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 鈴木大介著 (2) [お勧め本]

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 鈴木大介著 の第2回目です。私が印象深かった点を抽出・編集します。


 

 


脳は回復する  高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: 新書

 


-----------------------------------


 


◆視聴覚、臭覚、皮膚感覚、五感で感じるあらゆる強い情報を僕は無視できなくなった。


 


強すぎる照明の光、色とりどりの大量の商品、不快な匂い、蒸し暑さや寒さ、 我慢している尿意とか着ている服のタグのチクチクそんなものまであらゆるものが脳にとっては情報。


情報の奔流の中から必要なもののみピックアップすることができず、すべての情報を受け入れて結局全ての情報を処理できない結果として、何も出来なくなって苦痛だけが膨れ上がるはめになる。


このような中で人混みを歩けなくなった僕を助けてくれた3種の神器が 耳栓サングラス帽子である。


 

◆話しづらくなって言葉を失う。


 


これは心因性の身体症状で、 その正体はヒステリー球であるヒステリー球とは過大なストレスを味わい続けた人に起きる症状で、 喉に異物が詰まってるように話せなくなる脳梗塞、高次脳機能障害の二次障害である。


 

脳卒中や脳外傷後の高次機能障害当事者において受傷部位が右脳だろうと左脳だろうと当事者の書いた本や発言に、話しづらい。思い通り話せない。という訴えは共通している。だがやはり言語野損傷以外の明確な症状名もないし、研究者の発言も、もやっとして的を得ない。


僕が至った 発話困難は脱抑制やその他の高次機能障害による話しづらさであり、そのストレスによる2時次障害としての「心因性失語」だろうか。


 

◆最大のリスクは孤立である。


 


苦言を呈しては現代では医療現場も地域福祉の現場も プロフェッショナルには到底なりきれていないと思う。そんな状況下、 本書最後の訴えは 貧困問題を取材してきた僕にとって その記者人生のでたどり着いた結論はたった一つ「社会の中で最大のリスクとは孤立である」。


 

様々な問題や障害を抱えていても周囲に支えてくれる人がいたり、 適切な支援サービスにつながっている者は、もちろん生きていくのは苦しいだろうけど、大きなリスクに直面していない。


 

最もハイリスクなのは何者とも繋がらない人たちだ。


そもそも自分で自分の抱えた問題が分かっていない。誰かに相談や助けを求める言葉(言語能力)をそもそも持たない。


誰に助けてと言えばいいのか、調べる能力もない。たとえ救いの手を差し伸べてくれる人がいたとしてもそれを拒否したり、その相手と対立して攻撃的になったりする。 そんな彼らは歯の抜けたように周囲から人がいなくなり、どんどんひとりぼっちになっていく。


 


---------------------------


 


感情障害による、激しい感情の発露は言葉を失わせます。 また身体を思い通り動かせない片麻痺は、日常がストレスの塊です。


ですから、これらの2次障害による、話づらさは、当然といえば当然です。


 


それじゃ~また






nice!(14)  コメント(0) 

「かかわると面倒くさい人」榎本博明 [お勧め本]

_mrxzn6vw6t2Wmd1548192803_1548193694.png


私たちの周りにいる困った人、めんどくさい人に関する心理学者による分析です。ブログの世界でも典型的な人が存在します。


 



かかわると面倒くさい人 日経プレミアシリーズ

かかわると面倒くさい人 日経プレミアシリーズ

  • 作者: 榎本 博明
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/05/11
  • メディア: 新書



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆自分のことしか眼中にない


 

相手の様子に関心を向けたり、相手が何を求めているのか、どんな思いでいるのかなと想像力を働かせるたりする心の習慣がないため、察しが悪く空気も行間も読めない。


 

そうしたら鈍感力は、周囲の人達にとっては迷惑以外の何者でもなく、本人が鈍感で悪気がないだけにどうしても面倒くさい相手なのだ。


 

◆心の中のモニターカメラが壊れている


人を傷つけること、不快にさせることを平気で言って場の空気を凍らせる人がいる。


何かと自慢話ばかりする人もいる。周囲の人たちは、また始まったとうんざりしているのにそんなことはお構いなし「できる」アピールをしまくる。


 


それによってかえって周囲からは痛い人とみなされているのに、当人は「できる」アピールが、実は「できない」アピールなってしまっていることに全く気付かない。


 

自己モニタリング


このような人たちは自己モニタリングができていないのだ 。自己モニタリングというのは自分自身の言動に対する周囲の反応をモニターしながら自分の言動が適切だったかどうかをチェックする心の機能をさす。


 

◆劣等コンプレックス


アドラーは成長に繋がることもある健全な「劣等感」と「劣等コンプレックス」を区別している。


能力面や人格面などの自分の弱点を感じるのが「劣等感」だが、そうした劣等性を認めることができず自分の劣等性から目を背け様とする時、そこに「劣等コンプレックス」が生まれる。


やたら自慢し自分を大きく見せようとしたり、自分の至らなさを指摘されると攻撃的な反応を示したりする人物の面倒くささに「劣等コンプレックス」を見ることができる。


 

◆プライドが高い人


実は自信があるのではなく、「劣等コンプレックス」を抱えているのである。


 

◆自己モニタリング傾向のチェック方法


 

心理学者のレノックスとウォルフは「他者の表出行動への感受性」と「自己呈示の修正能力」という2因子しからなる自己モニタリング尺度を作成している


 

◆「他者の表出行動への感受性」チェック項目


・相手の目を見ることで自分が不適切なことを言ってしまったということに気付くことができる


・他者の感情や意図を読み取ることに関して私の直感はよく当たる


・誰かが嘘をついた時はその人の様子からすぐに見ることができる


・話している相手のちょっとした表情の変化にも敏感である


 

◆「自己呈示の修正能力」チェック項目


 

・その場で求められることに合わせて行動を調整できる


・様々な人や状況にうまく合わせて行動を変える


・相手にどんな印象を与えたいかに応じて付き合い方をうまく調整することができる


 

ーーーーーーーーーーーーーーー


 

まあどこの世界にもいる人たちです。


そんな人は、周りが憤慨し変化を期待したとて、簡単に変わることはできません。だから面倒な人になっているのです。


 

職場が一緒など避けられない場合も多いでしょう。とりわけ上司がこのタイプだと、わが身の不幸を嘆くことになります。


 


最低限の防衛策としては、こちらが、「結局、自信のなさや劣等感の裏返しだな」と一歩引いて同情的に理解し、カリカリしないことが一番でしょう。まともに相手にしてこちらの感情を荒らしても仕方ありません。上司であろうと適当にあしらうしかありません。


 

しかし「人の振り見て我が振り直せ」といいます。その意味で自己モニタリングは大切です。


 

ブログやtwitterのアクセス解析も自己モニタリングのツールでしょう。


ランキングでの「自己投票」や、過度の「相互投票」では、自らモニター壊しているようなものです。


 


それじゃ~また


 

nice!(11)  コメント(0) 

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出  鈴木大介著  (1) [お勧め本]

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 鈴木大介著


今回ご紹介するのは以前ご紹介した「脳が壊れた」の著者鈴木大介さんの、その後の経過をレポートした本です。2回に分けて私が印象深かった点を抽出・編集します。

 

 

脳が壊れた (新潮新書)

 

脳が壊れた (新潮新書)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/06/16

【関連記事】

脳は回復する  高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)

 

 

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/02/15

ーーーーーーーーーーーーーーーー


41歳で脳梗塞を発病。リハビリを重ね日常生活に復帰した僕(鈴木)を待っていたのは高次脳機能障害の世界だった。小銭が数えられない、(おっぱい)から視線が外せない。人混みを歩けない、会話ができない、イライラから抜け出せない。 加えて夜泣き号泣の日々。脳が壊れたから2年経て著者はいかにして飛躍的な回復を遂げたのか。


鈴木さんの後遺障害である高次脳機能障害を列挙すると


・注意障害

・情緒の脱抑制

・作業記憶の低下

・脳の情報処理速度の低下


そして上記が絡み合った結果として起きた

・遂行機能障害

・離人症的症状

・心因性失語

・いくつかの種類のパニック


注意障害には 不注意ではなく 注意する必要がない情報に注意が向きしかもそれを自力ではキャンセルできない状況にもなってしまっていた。おっぱいをガン見する理由である。


まず第一に、思考速度が下がることも現実感覚を失うことも当事者の多くが訴えている不自由感なのにも関わらずその状態の病状名すらついていない。 これは本書で, 度々訴えることになる核の部分だが「患者の訴えを無視しないで欲しい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それじゃ~続きはまた

nice!(14)  コメント(0) 
前の5件 | - お勧め本 ブログトップ