Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
お勧め本 ブログトップ
前の5件 | -

ウェブサイトの著作権 、引用や画像は!? [お勧め本]

924e099295c13fe3436ef017a50fbe7e_s.jpg


 インターネット記事削除に関する 法律相談が増加しているそうです。名誉毀損やプライバシー侵害、著作権侵害に関する相談です。


 


平成30年、著作権法改正が成立しました。 そのことも踏まえてこの本をとりあげ、ブログを書く上で重要と思われる部分を抜粋してご紹介します。


 



コンテンツ別 ウェブサイトの著作権Q&A

コンテンツ別 ウェブサイトの著作権Q&A

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2018/08/04
  • メディア: 単行本




ーーーーーーーーーーーーーーーー


◆ 引用の要件


 

現在どういう場合に引用に該当するかを巡っては、判例が固まっておらず学説も一致を見ておりませんが、5つの要件が必要と考えられてきました。


 

1.公表された著作物であること


2.明瞭区分性


3.主従関係(附従性)


4.出所明示(著書48条1項1条)


5.利用する側も著作物であること


 

◆書籍の写真


 


【質問】 個人のブログ内で引用する際、書籍を開いた状態で中身を撮影して載せても良いのでしょうか、表紙を載せるだけなら大丈夫でしょうか。


 


【答】どちらも引用の要件を満たせば問題ありません


 

◆写真


 


【 質問】SNS や個人のブログ上の写真を当社のウェブサイト上で扱いたいと思います。素人の撮った写真も著作物となり著作権が認められますか


 

【答】  多くの場合著作権が認められます


 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■著作権問題で、多いの「引用」です。かってブログ間でも問題になっていました。


 


ですが、出所が明示されている限りは大丈夫です。


 


批判されたくないから「勝手に引用するな」と抗議した人いましたが、これはブログで公表している以上は主張できません。


 


もちろん出所明示がない場合は、パクリですね。ブログではこれが多い気がします。


 


 


■「2.明瞭区分性」とは、引用する側とされる側、両者が明確に区分されていることです。引用部分が明確に分かるということです。


 


■「3主従関係」とは、引用する側とされる側の双方は、質的量的に主従の関係であることです。


 

■写真に関してはなかなか難しいですが、フリーの画像は大丈夫そうです。アイドル写真、プロの物はもちろんダメでしょうが、その他に関しては実際あいまいな点も多いようです。


 


■私の場合、新聞記事をスキャンして引用することも多いのですが、新聞社の明示が必須です。これがないと抗議を受けるそうです。


 


 

実際は、個々のウェブサイトの記事ごとに判断しないと、違法かどうかわからない面が多そうです。


 


 


それじゃ~また


 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ホーキング青山著「考える障害者」(2) [お勧め本]

51QXDYZX27L._SX323_BO1,204,203,200_.jpg


 


ホーキング青山著「考える障害者」の2回目です。





ホーキング青山市氏は、車椅子芸人として活動のかたわら訪問介護事業所の経営もされています。


 

身体障害者で先天性多発性関節拘縮症という生まれつき手足などの関節が未発達で変形して動かない障害があり普段は電動車椅子に乗られています。


 

 


 

いつものように印象に残った部分を抽出します/



考える障害者 (新潮新書)

考える障害者 (新潮新書)

  • 作者: ホーキング青山
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 新書



 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


■ 障害者の人は日常生活の中で自分を通じて障害者というものを知ってもらう。それが、障害者を世間に知ってもらう実は一番の近道なんだと思う


 

日々の暮らしの中で近所の人への挨拶から始まり日常の営みの中で自分を通じて障害者がどういうものなのかを知ってもらっていけば、自然と「感動ポルノ」の被害はなくなるだろう。 その方が密接に関われることができ、より深くお互いを知ることができるだろう。


 

■やまゆり園事件を考える。


・介護者は天使ではないし、容疑者はかなり極端


・生きていていい理由


 

「 保護者を疲れさせるだけのような障害者を生かしておく意味はあるのか?」


「職員の瞳から精気を奪うような障害者を生かしておく意味はあるのか?」


「 働くことができず何の通りも生産しない障害者を税金で生かしておくべきか?」


 


という犯人の挑戦的とも言える問いかけに対し、まともに答えている人がいないのだ。


答えなんて簡単なの。私はそう思っている


 


「 この人は生きていいのか?悪いのか?」何て問を設定すること自体がおかしい。大体の人は「生まれてきちゃったんだから寿命が来るまでは生きたい」と思っている。 たとえ家族や職員にどんな迷惑をかけても世間からひんしゅくを買うくらい税金を使ったとしても生まれてきちゃった以上は生きたい。


 


それだけだ。


 


なのに障害者だけいきなり生き死iのことを他人に言われなきゃならないんだよ!


お前が勝手に他人を殺していいわけないだろ馬鹿野郎


 

■ これまでやってきた抗議運動や、あるいはバニラエア騒動の際の「異議申し立て」のような手法では、権利は獲得できても、結局禍根を残すだけで、障害者と健常者が共存することにはなっていかないと思う。


 


誤解して欲しくないのは、私はこれまでの抗議運動や「異議申し立て」を否定するつもりは毛頭ないという点だ。 前述した通りこれらの人たちが獲得した権利の恩恵をどれだけ受けているか分かっているつもりだし、感謝もしている。


 

からこそ、もう対立 するんじゃなくて社会の一員になるために、健常者もだが、障害者こそ心を開くべきだと思うのだ。


 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーー


 脳性まひの「青い芝の会」はじめ、壮絶な運動があったからこそ、いまのバリアフリー等の社会資本整備があります。私も障害者の一人として様々な福祉の恩恵を受けています。


 


ただ、バニラエア騒動や虚像「乙武」さんの話に接するたび、次の段階に進むべきと感じます。ホーキング青山さんが最後に述べられている通り、有名人でもない普通の障害者が、心を開き発信する時代。対立から対話への転換であると強く感じます。SNS等、時代は追い風です。


 


 


それじゃ~また


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ホーキング青山著「考える障害者」(1) [お勧め本]

51N07RH81RL._SX325_BO1,204,203,200_.jpg

 

ホーキング青山著「考える障害者」 をご紹介いたします。



ホーキング青山市氏は、車椅子芸人として活動のかたわら訪問介護事業所の経営もされています。


身体障害者で先天性多発性関節拘縮症という生まれつき手足などの関節が未発達で変形して動かない障害があり普段は電動車椅子に乗られています。


今回は「タブー を考える」、「建前を考える」、「社会進出を考える」、「美談を考える」、「 乙武氏を考える」、「やまゆり園事件を考える」、「本音を考える」 と7つの切り口で、障害者 に関する問題を考えられています 。実に多面的に深く考察されています。ただし、最後に結論付けて、これをこれはこうだと言っておられるわけではありません。


障害者や健常者、社会インフラな ど様々な視点で捉えることによって、問題の本質をあぶり出そうとアプローチされているのです。これが実に分かりやすく多面的に考えられているのです。簡単に結論づけられないことで、逆に障害者問題の複雑さ奥深さが浮かび上がります。


いつものように印象に残った部分を抽出します/

考える障害者 (新潮新書)

考える障害者 (新潮新書)

  • 作者: ホーキング青山
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 新書

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



◆ 結局障害者として生きていてすごくよく分かるのは、障害者の前に提示されるのは、ほとんど綺麗事だけでの建前だということだ。


障害は個性なんて本当は思ってもいないくせに言う人がいる。障害者の社会参加なんて本気でさせようと思っているわけでもないのに言う人がいる。


やっぱり建前が多すぎるのだ こういう綺麗事だけが横行している間結局物事は何も進まないと思う

 

■人前で表現するということは、その表現自体が評価されるべきでありそれ以外のことが評価された段階で表現自体は全て否定されたと言っても過言でない。


私自身が障害者の芸人となって生きていて、お客さんの偏見や同情等の意識と常に戦ってきたと言う自負はある。お笑いのライブでネタが純粋に受けて「面白い!」と褒められるのか「身体のハンデを抱えながらもお笑い舞台に上がって頑張ってエラい!」と褒められるのか。同じ褒められても天地雲泥の差だ。

 

私はデビューしたときから、障害者であってもプロとして通用することを目指してきた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

素晴らしいプロ意識です。多くの人は、仕事でもプロフェッショナルになれません。アマとプロの間を隔てる壁も意識出来ないでいます。ホーキング青山さんのプロ根性見上げたものです。障害者だから多少は許されるではなく、報酬を得る以上は甘えは捨てなければなりません。

 

それじゃ~続きはまた


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

宮本輝著「野の春」 遺言 その2 なぜ父は息子にかくも過酷で残酷な言葉を投げかけたのか!? [お勧め本]

ダウンロード (3).jpg

なぜ父は息子(宮本輝氏)にかくも過酷で残酷な言葉を投げかけたのか!?

前回の遺言(1)はさらに続きます。


親から子への最後のメッセージ


宮本輝著「流転の海」第9部「野の春」本文から抜粋いたします。

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本

ーーーーーーーーーーーーー

わしはお前が生まれた時からずっと、この子には他の誰にもない秀でたものがあると思ってきた。どこがどう秀いでとるのかがわからんままに、何か格別に秀でものを持ってる子じゃと思い続けてきたんじゃ。しかしそれはどうも親の欲目じゃったようじゃ。お前には何もなかった。秀ものなど、どこを探してもない男じゃった。お前は父親にそんな過大な期待を抱かれ、さぞ重荷じゃったことじゃろう。申し訳なかった。この親の欲目を許してくれ。


熊吾の話を聞いているあいだじゅう、伸仁は 残ったうどんの切れ端を割り箸でつまんで口に運び続けていた。泣いているのは見られたくなかったからだと熊吾は気づいた。


もっと違うことを言いたかったのにどうしてこれほど過酷な言葉になったのかを後悔したがもう訂正はできなかった。すでに言葉が口から出てしまったのだ。伸仁は伸仁なりに咀嚼するしかあるまいと思い。熊吾もそれっきり何も言わなかった。

ーーーーーーーーーーーーーー


◆この言葉は父が死ぬ少し前、子である宮本輝氏が父から受けた言葉です。

以前、宮本輝氏自身がインタビューで話されていました。そのときは、「まてよ!?やりあがったな!」と思っているというお話でした。

つまり息子を発奮させるために父が一芝居打ったという解釈です。


◆今回はそれが思わず出た言葉だ後悔しているという風に書かれています。

 

私はこの言葉を聞いて熊吾らしい言葉やなと思いました。もちろん前言の「お天道様を追いかけて動きすぎた」という小器用な自分に対する後悔があるのですが、非常に眼力(がんりき)に優れた熊吾は、その眼力の由、周りから一目も二目も置かれる存在です。そしてその辛辣で過激な言葉は自分の部下や肉親を絶望の淵に追い込みます。もちろん期待由の激励なのですが。


◆その存在や言葉に力がありすぎるのです。ですから部下などは逆に強い恨みを持つようになっていきます。それが熊吾が人に裏切られ、優秀な、真に片腕となる人物が存在せず、事業を拡張に失敗する原因になったように思います。


◆戦後起業した中小企業の経営者には、素晴らしく優秀な人が数多くいます。また戦争を潜り抜け人間に対する不信感も強く、癖のある人間も多くいました。

 

しかしある時から部下に任せ育てることが出来なければ、年齢とともに衰えるのは会社も同じです。優秀だから逆にこれに失敗するのです。急激に成りあがる人によくある長年にわたり培われた「真の自信」がないのです。

 

◆熊吾の息子への言葉は、死を目前にした不安とともに、息子へ強烈なメッセージだったと思います。『俺の意思を次いで、一人の男として「人かどの人物」になってほしい』というメッセージです。


◆熊吾が生きていれば、作家「宮本輝」はどう映ったでしょうか、自分の見立て違い、おおいなる誤算を、どんなに喜んだことでしょう!


◆宮本輝氏は父親の経験や眼力を引き受けて、9部からなる大作「流転の海」を完成させたのです。35年以上にわたり、多くの読者を勇気づけ、励まし続けたのです。親子2代、2人で書き上げた昭和の前半を描いた傑作です。

 

 

それじゃ~また

 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

父からの遺言(1)お天道さまばかりを追いかけるなよ [お勧め本]

 


ダウンロード (4).jpg


 



流転の海 第9部 野の春


流転の海 第9部 野の春

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本


ーーーーーーーーーーーーー


 

「わしは若い頃からお天道様さまばかり追いかけて失敗した。お天道様は動いちょるんじ。


ここに今、日が当っとる当っちょるけん、ここに座わろうとおもうたら、座った途端にもうそこは影になっちょる。慌ててお天道さまの光を追って、いまおったところから動いて、日の光ののところへやっとたどり着いたら、またすぐそこは影になった。そんなことばかり繰り返してきたんじゃ。じっと待っちょったら、お天道さまは戻ってくる。お前は、ここを居場所と決めたら、雨が降ろうが氷が降ろうが動くな。春夏秋冬はあってもお天道さまは必ずまたお前を照らす 」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 これは人並外れた眼力や能力がある熊吾の自分への反省です。昔から成功収める上で重要とされる三つ資質を「    (うん どん こん)」と言います。良いこと、小器用でないこと根気があることです。人並外れた能力があった由、鈍(どん)が足りなかったという熊吾の自省の念でしょう。

 


それを最愛の息子である宮本輝への最後のメッセージとして伝えたのです。

 

これは、全くゼロから事業を起こした者の悲哀であります。


戦後はこのような人が、数多くいました。私の両親もそうでした、ゼロから事業を起こし借金して設備投資を続け、様々な事業に手を出しました、ようやく借金を返し終えて、お金が手元に残り始めた頃、私は既に高校生になっていました。


 


数多くの失敗も重ねましたが、父は「やってみなきゃわからん。迷ったらやってみるんじゃ」と常に言っていました。父はそれでいいのですが、家族は常に経済的に不安定でたまったもんじゃありません。


 

これが昭和の時代だったと思います。学歴のない多くの人が起業し、一握りの人が大企業を作り上げ、大部分は中小企業のままでしたが、非常に生命力に溢れ魅力的な多くの経営者がいました。


 


熊吾の息子に向けたこのメッセージもそうですが、私もこの年代の経営者の人たちから、多くの生きる知恵を学びました。もちろんきれいごとだけの世界ではありません。「流転の海」に登場するような戦後の闇市上がりの経営者もいました。


 


余談ですが、オッリクスの宮内義彦氏や村上ファンドの村上世彰氏の父親も、関西の貿易商でした。高学歴で、一見スマートな二人も、それぞれの父親から、商売の裏も表も数多くのことを学んだはずです。それが良い方に出たかどうかはわかりませんが。


 


 


それじゃ~続きはまた


 

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - お勧め本 ブログトップ