Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お勧め本 ブログトップ
前の5件 | -

三好春樹 著「専門バカにつける薬」(2)95%の諦めと5%の希望 [お勧め本]

1992年初版と多少古いのですが、今回、三好春樹 著「専門バカにつける薬」の2回めです。Amazonでは、在庫希少で高額になる場合があります。図書館で探していただければ。


専門バカにつける薬

専門バカにつける薬

  • 作者: 三好 春樹
  • 出版社/メーカー: 筒井書房
  • 発売日: 1992/12/01
  • メディア: 単行本
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 そもそも私たちの生活は「95%の諦めと5%の希望」ではないのか 95%という現実に目を向けない希望は虚しかろう。

諦めることによってその先別の希望の灯をともす。ただし5%をちゃんとやってくれるから95%があるのである。 病院でやるだけのことはやってくれたという気持ちになるからこそこの障害を持ってどう生きていくかという生活の課題と向き合うのである

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

重度障害者となった私の身体が、障害のない元の身体に戻ることは、ほぼないでしょう。

ただ希望は捨てていません。


ここで述べられているように、95%の諦めと、5パーセントの希望も持ってることが大切だと思います。


100%諦めたとなると、もうリハビリをしようなどという気は起きないと思います。5%でも希望を持っているからリハビリを継続できるのです。


ただし希望が大きすぎると、日々の懸命のリハビリにもかかわらず、機能改善が一向に見られず、絶望も大きくなり、これまたリハビリを続ける気力をなくしていくと思います。


やはりここで言う95%の諦め、つまり現状を受け入れる態度と5%の希望捨てない気持ち。これがやはり大切だと思います。

 

それじゃ~また。

 

nice!(13)  コメント(6) 

三好春樹 著「専門バカにつける薬」(1) [お勧め本]

1992年初版と多少古いのですが、今回、三好春樹 著「専門バカにつける薬」をご紹介します。Amazonでは、在庫希少で高額になる場合があります。図書館で探していただければ。


専門バカにつける薬

専門バカにつける薬

  • 作者: 三好 春樹
  • 出版社/メーカー: 筒井書房
  • 発売日: 1992/12/01
  • メディア: 単行本
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 運動機能を高めることこそ PT(理学療法士) の専門性であり生活にかかることは PT の仕事ではない という意見がある。


運動機能を高めることが PT の第一義的役割であるとしよう。しかしそもそも運動機能とは何だろうか、せいぜい病院の訓練室で評価された運動機能でしかないのである。 病院という特殊な空間、入院という人生の中の特別な時期、セラピストからの指示に従って意識的に身体を動かした時の運動機能なのである 。


◆私たちは、人が、特に老人が、生活の場という普遍的な空間、人生という普遍的な時間の中で目的を持った自発的で無意識な動きをした時、訓練室とは全く違う運動機能を発現することを知っている。 そのことを 火事場の馬鹿力という表現で端的に現れる 。私たちは生活の場の不思議な力と呼んできたのである 。


◆生活行為は自発的である .そもそも目的があるから動く。訓練意欲なんてものはなくても生活意欲さ引き出せるばいいのではないか。 老人は訓練という狭い枠に乗ってるような意欲はない。 同時に介護という枠にちょうどいいような存在でもない。


◆つまり人の運動機能にこだわればこだわるほど、その人の個体のみでなくその個体がどんな場でどんな関係の中にあるのかに、こだわらざるを得ないのである。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちがPT(理学療法士)に期待しすぎるのでしょうか。しかしながら、私が出会ってきたPTには、単に学校で習った知識を披露するだけの人や、健常者と比較し欠点を指摘するだけの人も多くいました。「プロフェッショナル」とさえ到底呼べない人たちです。



それじゃ~続きはまた

nice!(14)  コメント(0) 

出会って夫婦になって暮らす「夫・車谷長吉」 [お勧め本]

あけましておめでとうございます。


 


毎年、元旦に好きな本を紹介し、我が身をいさめ、決意を新たにしています。


 


二年前は「長流の畔(宮本輝著)」、前年は「無能の人(つげ義春著)」でした。今年は「夫・車谷長吉(高橋順子著)」です。


 


 


 


 9bdde0b2-s.jpg


私は、出会いから結婚するまでの章を読んで、涙が出て仕方なかったです。


40歳半ばで初めて出会い、その後50才近くになって結婚した二人。私小説を書いていた車谷長吉と、詩人である高橋順子の遅い出会い。


 


男と女が出会い、夫婦になることで、創造される物があるのです。そんな出会から夫婦になって生活し、死別までのお話です。



夫・車谷長吉

夫・車谷長吉

  • 作者: 高橋 順子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: 単行本



 


車谷長吉氏は、自身の初めての本が出版されたら、筆を折り出家するつもりだった。その前に絵手紙を11通、詩人高橋順子さんに送っていた。返事は来なかった。以下本より抜粋いたします。


ーーーーーーーーーーーーーー


私(高橋順子)は 長吉に手紙を書いた   「この後におよんであなたのことを好きになってしまいました」と。



「もしこなな男でよければ 、どうかこの世のみちづれにして下され。お願いします」そう返事して長吉は出家を断念した。


 

名月や石を蹴り蹴りあの世まで  長吉


 

入籍した。これから何年一緒に暮らせるかわからないが、 私は長吉を見届けるつもりだった。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


 

結婚後に、車谷長吉氏を代表する名作「赤目四十八滝心中未遂」が生まれたのでです。


赤目四十八瀧心中未遂

赤目四十八瀧心中未遂

  • 作者: 車谷 長吉
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/02/01
  • メディア: 文庫



長吉氏が神経を病んでいた時期、四国巡礼に出た二人です。
img_2_m.jpg
男と女が出会い、夫婦となって長く暮らしていく幸せ。貧乏や病気などいろいろあっても離れない。別にときめきが無くなったていいんです。家族なのだから。

昨年の入院中、90歳を超えた男性が隣のベッドで寝ていて、90歳近い奥さんが毎日見舞いに来る。耳が遠いため大声で怒鳴りあっているようでもあるのですが、直ぐに声を揃えて笑ってもいる。何日も一緒の部屋にいるとしみじみ「いいなあ~」と思えてくるのです。恋愛などという熱は一時的なものでいいのです。

それじゃ~また。


nice!(12)  コメント(8) 

『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』 [お勧め本]

51B91T3NHFL._SX324_BO1,204,203,200_.jpg


 

著者はトマス・J・スタンリー。ニューヨーク州立大学教授で、米国の億万長者研究者です。本物の億万長者とはどんな人間で、ふつうの人々とはどこが違うのか。アメリカの億万長者の驚くべき暮らしぶりを徹底的に取材・調査し、その分析結果から発見された、人生に成功をもたらす「ミリオネアの知恵」を明かす(amazon)




となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

  • 作者: トマス・J・スタンリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





これは、ありがちな自己啓発本ではありません。きっちりとした調査、分析に基づく学術的な本です。しかし、堅苦しなく非常に読みやすい。実際の億万長者はどんな人々なのか、その実態にせまり、7つの法則に説得力のある内容です。


ここでいう億万長者とは、日本では、1億円程度の現預金を持つ、いわゆる「小金持ち」の人々と考えて良いと思います。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆まずとなりの億万長者は、我々が一般に想像しているような高級車を所有して、プール付きの大邸宅に住んでいたり、ブランドものの服や宝飾品や高級時計で身を飾っていたりする人たちではない。


◆となりの億万長者というのは、大体、フォードやGMやクライスラーを中古で買って何年も乗り回し、時計はタイメックスかセイコー、住んでいる場所はせいぜい中流階級の普通の家、買う服はJCペニーとか、そういうところで買う。そんないたって普通の生活をしている人たちで、大概の人は「こんな地味な人達が、億万長者!?・」と驚くことでしょう。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それはよく言われる「成り上がり者」とは真逆です。しかもこの生活スタイルは、日本の何代も続く商家の家訓同様、子ども等の子孫たちへ繁栄を継承する方法まで詳しく記述されています。


 

私達夫婦は、この本に割と近い生活スタイルでした。関西に生まれ、貧しい生い立ちでしたが関西の商家の家訓を割と身近に知っていて、それを知らず知らず参考にしていた面があります。何より妻は関西のどケチおばさんで、この生活スタイルは、彼女の本能のようなものです(笑)


 

結果的に54歳で脳卒中を発病、重度の片麻痺障害者になって職をなくしても何とか生活が破綻しなかったのは、この強烈な本能のおかげだったと思います。


 


それじゃ~また


 

nice!(12)  コメント(0) 

内山節著「文明の災禍」人が関係性を結び合うのは手段ではなく人間の本質だ。「自利」から「他利」の流れ [お勧め本]

 ls-内山.jpg

内山節哲学塾より


今回は内山 節(うちやま たかし)氏の「文明の災禍」をご紹介いたします。内山さんは東京と群馬の山村を行き来する二重生活を続け、近代文明とコミュニティの問題を考え続けている「野の哲学者」です。

 

今後、身体障害者の経済的先行きにも一層の厳しさが予想される中、どのような人たちと絆を作り、コミュニティを形成するのかは片麻痺障害者である私の関心事でもあります。そこで今回、この著書のをとりあげます。例によって私が印象に残った所をピックアップしてご紹介します。

文明の災禍 (新潮新書)

文明の災禍 (新潮新書)

  • 作者: 内山 節
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/09/01
  • メディア: 単行本


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人が関係性を結び合うのは手段ではなく人間の本質だ


◆身体的に弱い人間が生きのびるために様々な関係性を結んできたのだと思う。それが人間の本質に属するようなところがある。多様な関係を作ることは人間の本質に属することであって、関係を持たなくなることは人間の自己否定だということになる。


◆ところで今日はコミュニティを形成することの重要さが様々なところで語られている。孤立した人間の問題が多くの人たちによって意識され、コミュニティの再建や創造といったことは、今では社会の共通目標を示す言葉になっている。


◆今日の一般的なコミュニティ論は、コミュニティが失われていろいろな問題が起きているからそれらの問題に対応するにはコミュニティが必要だというものである。

ここではコミュニティは社会の道具、手段として位置づけられている。


◆しかしそれで良いのだろうか、関係を結びながら自らを作り出していく行為は人間の本質に属するようなことであって、この本質を失った時、人間は自らを破壊し始めると考えた方が良いのではないだろうか。


 


自利から利他への変化


◆地震による東日本大災害は私たちの社会を支えていくだろうと私は思っている。大きな衝撃を受けたというだけでなく私たちの社会が既に変革に向けて歩み始めていたからだ。


◆何年か前から若い人たちの間で「利他」という言葉が復活してきた。元々は仏教の言葉で他者のために生きることが最終的には自分のためにもなるという意味である。反対語は「自利」で自分の利益のために生きることを指している。



◆「自利」の虚しさと「自利」によって破壊された社会。この二つの現実を感じ取ったとき高度成長期以降の世代の人たちを中心にして「利他」への共感が芽生えていったのである。


◆自分のために生きるとはどうすることなのかはよくわからないが、他者のために生きるということならどうすれば良いのかはわかる。

何かで困っていて困っている人に、手を差し伸べればよい。自然のために自分ができることを考えればよい。


◆「利他」的に生きようとすれば、そこから「共同」「協同」いう課題が出てくる。なぜなら他者のためになるようなことをしようとすれば、ほとんどのことは共同で実行していかなければ成果が上がらないからである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今、思想的に「利他」に傾いているのでは、ありません。

自分の最大利益を追求し、そのため競争したりすることに、もう疲れた。あるいは、そんな状況に適応できない人たちが増えてきているのです。その人たちが「利他」という生き方によって自分を救いだそうとしているのだと思います。


これまでのボランティアに、感じられた単純真っ直ぐな危なっかしい正義感や、自分を認めてもらおうとする自己顕示の臭い、とは多少違っています 。それは、自分への救済という面が強いのです。


アドラーは人間が幸福を感じるためには「共同体感覚」が必要だとしましたが、内山氏は「人は、本来的に関係の中で生きていくものだ」という認識を深めています。


私も、自分の最大利益を追求することに敗れ、脳卒中片麻痺の身となりました。介護という「利他」的な援助を人から受ける身となった私が、障害者として生きていく道を探るのに非常に示唆に富んだ内容でした。

 

それじゃ~また

 

nice!(10)  コメント(0) 
前の5件 | - お勧め本 ブログトップ