Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


リハビリ ブログトップ
前の5件 | -

リハビリメニューの変更2018年6月~ [リハビリ]

リハビリメニューの変更

20180805_141858754 (2).jpg P_20180622_174601 (2).jpg
   

リハビリ入院の後に大幅に自主リハビリのメリーを変えることにしました。

前年のリハビリ入院時、多くの理学療法士(PT)から「ゆっくりでもいいから正しい歩行を続けていけば、スピードは自ずと上がってくる」とアドバイスされており、この一年間ゆっくり正しくを心がけてきたのです。


しかし、今回の入院でスピードは全く上がっていないし、少し早く歩こうとすると姿勢が崩れる。つまり前回入院時から進歩していない事がはっきりしたからです。


それで一日のリハビリ・メニューを次のように変更しました。リハビリしていて多少効果があったものに絞り込みました。「少量頻回」が基本です。



(1)低周波治療 30~45分

朝、麻痺側の足首関節やひざ関節、足の指等に低周波治療機により刺激を入れる。15分✕2~3本  テレビを見ながらやっています


(2)室内ストレッチ 30~40分


・しゃがみこみ(足首関節を体重をかけて曲げる)数分

・正座(太ももの前の筋肉を伸ばす、膝関節を曲げる)数分

・座禅のポーズ(左右片方ずつももに乗せる)数分

・仰向けに寝て 足の曲げ伸ばし

・横向き 麻痺足を上げる10回

・うつ伏せ 腕の肘関節を伸ばす 10分、麻痺足を上に上げる10回


(3)トレッドミル・トレーニング 20分

低速(時速1.0~1.2km)で5分✕4本


(4)室外歩行リハビリ 全体で1時間 50m程度の短い距離を繰り返す。


・3動作前型歩行(3点歩行) 

 ウオーミングアップとしてゆっくり正しく歩く


・坂道の上り 

 麻痺足に体重をかけ3動作てゆっくり登っていく。


・坂道の下り 

 自然と体は前に出ようとするので、3動作で左右の足の振り出し協調運動を意識をする。


・健足側に横歩き

 杖なく安定して歩くことができ、私の雨対策歩行で傘をさしての歩き用です。


・麻痺足側横歩き

 麻痺足の横への動きをスムーズにする。体重を麻痺足にかける訓練でもあります。


・後ろ歩き

 内反尖足の修正、バランス感覚スピード感を鍛える


・斜め前歩き 

 健足側に、できるだけ素早く歩く。今回スピード対策として必ずやるようにしました。 対向者の多い横断歩道での私の歩き方でもあります。


・2動作前型歩行(2点歩行) 

 仕上げです。正しい動作で10mを15秒で歩くのが目標です。

ls-DSC_0047.jpg ls-DSC_0043.jpg

・階段

 低い階段、通常の高さの階段を、杖を使い健常者と同様、1段ワンステップで数回上り下りする。関節可動域、体重の荷重、バランス等非常に有効な運動です。



これまで、毎日やっていた約600mの一般道周回コースの歩きを一時中止しています。いまは基礎として、短い距離で正しい姿勢でスピードを上げることに専念します。



以上が、基本のリハビリメニューで、これに色々なものを取り入れたり止めたりと、日々試行錯誤しています。なおやりすぎると痙性(下肢突っ張り)が強くなります。一日平均8,000歩を目安にしています。一日15,000歩を超えると転倒等要注意です。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中後遺症治療に関し活発に批判できる土壌が必要 [リハビリ]

0906001ダウンロード.jpg


◆皆さん日頃から痛感されているように脳卒中の決定的な治療法は未だありません。

一方マスコミなどでは、新しい治療法が出てくると、すぐに飛びついて、これは奇跡の治療か!?と大騒ぎします。そしてしばらくして熱狂が冷める。その繰り返しです。


一方、患者側である脳卒中後遺障害者を考えてみますと、その脳の損傷の程度と部位は人それぞれ、障害も片麻痺や失語等本当に様々で、その程度も百人百様です。


我々脳卒中障害者は、基本的にこのような状況に置かれています。

ですから一つの治療法について、やや感情的とも思える色々な批判が出るのは当然なのです。


マスコミ等で、自信満々の医師の話が取り上げられて、期待値は上がり続けます。ですから、うまく行かなかった失望は大きい。


◆私の知人は、数年前、磁気治療( rTMS 反復経頭蓋磁気刺激療法)を初期の段階でを受けました。事前に東京で診察を受け、実際の治療は、九州まで出向いて1ヶ月入院して受けました。


治療側はエビデンス(治療効果があることを示す証拠、検証結果)のために、効果が挙げられそうな障害の軽い患者を事前に選別します。彼は東京での事前診断にパスし、実際の治療は、遠く九州の病院で受けました。


普段非常に冷静で、「新しい治療法に過度な期待はしな」と公言していた彼でしたが、このときばかりはえらく感情的になっていました「40万近くのお金を失った。全く役に立たない治療だ」と憤懣遣る方無い(ふんまんやるかたない)様子でした。


この様に、期待が大きいだけに失望も大きく、多少感情的になるのは致し方ないことだと思います。逆に、彼と違い磁気治療の効果があった人も当然いるでしょう。


◆最近、「他人が受けようとする治療法を批判するな」という意見があるようですが、我々患者全体で考えると、効果があったという意見と、効果がないという意見の双方の意見が出てくることが一番望ましいと思います。


脳卒中後遺症患者の判断を助けるために、治療法に関して活発な意見が出る土壌が大切だと思います。その際、多少感情的になる面もあるということです。

 

脳卒中ブログ村で、「治療批判は差別」などの意見がありましたが、全く的外れです。そんな意見で多様な批評を封じ込める事などあってはなりません。

 

それじゃ~また

 

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

8月の歩行  [リハビリ]

 


 
201808キャプチャ.PNG

 

8月は、公園でのリハビリ日が月19日と多少、少なくなりました。

2度の台風直撃と猛暑で、もう参ったといった感じです。

 足のつっぱり、痙性は強くならずまずまずです。

 

トレッドミル・リハビリを始めて4ヶ月目、歩行リハビリ特化型デイサービスに通い始めて一ヶ月が経過しました。



 私も含め脳卒中片麻痺障害の重い友人知人達を見てみると、脳卒中のリハビリは生易しいものでないことが実感させられる。長い年月コツコツとリハビリを続けてもなかなか成果は現れない。頑張り過ぎると痙性が強まり逆に今までよりも状態は悪くなる。正直、心が折れそうになる時もありますが、でもここで諦める訳にはいきません。



 

 

 

それじゃ~また

 


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

装具の長さと靴のサイズ [リハビリ]

02ls-P_20180630_085832.jpg


私の靴のサイズは25.5 cmです。病気の前も後も変わりはありません。



写真左側が2回目に作った装具、右側が3回目に作った今の装具です。色は違いますが両方同じタイプで、両方とも石膏で型取りして作りました。制作会社は別会社です。


この装具の長さが1cm弱違うのです。これにより履く靴のサイズが違ってきます。

 

 

ls-P_20180630_103925.jpg

写真の白いシューズが2番めの装具用です。

左側の長い方の装具は28cm の靴を履きます。健足側は26 cmで、 左右で2 CM 差があることになります。かなり差がありますが、何とか慣れで履きこなしているという感じです。

購入は左右別サイズの装具用のシューズです。種類も限られ値段も片方で4,000~5,000円でしょうか。両方で1万円位になります。



ls-P_20180630_104100.jpg

写真グレーのシューズは3番目の現在の装具用です。

27cmの市販の シューズです。当然左右同じサイズです。このシューズは余裕をみて5Eのゆったりサイズを購入しました。27 cm で統一すると購入できるシューズの種類も断然増えますし、値段もグッと抑えられます。これで4,000円程度です。何より履きごごちが違います。市販のウオーキングシューズは競争が厳しいせいか、やはり歩きやすい様に研究され作られています。

ただし多少、履きやすくする工夫が必要です。これは次回詳しく述べます。

 

結論として、装具の足の大きさには、出来る限りギリギリの長さ大きさで制作することが望ましいと思います。もちろん歩きにくさや擦れによる痛みがでるのはNGですが、装具を作り直す時は制作会社にとことん希望を伝えましょう。装具は高い値段で高い利益率の商品だと思います。遠慮はいりません(笑)

 

それじゃ~また

 

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

健常者を手本・基準とすることは正しいのか?(1) [リハビリ]

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s (2).jpg


 


リハビリ室の歩行訓練でセラピストから常に言われるのが、健常者の歩き方はこうで、それに比べてあなたのは云々と次々欠点を指摘される。


これはあらゆるケースで正しいのかと私は常々疑問に思ってきました。もう怒りに近い感情と言ってもいいかもしれません。


 

もちろん障害の程度が軽く健常者風の歩行が目指せる人はそれでいいのですが、慢性期が長く装具と杖でかろうじて歩いている障害の程度が重い人に対しても健常者の歩行を基準として欠点を指摘する。


 

ほんまにこれ正しいの!?、昔から人見て法をとけと言われますが、障害の程度によって目指すべき歩き方は当然違うはず、それを見抜き指導できてこそのセラピストだと思うのです。片麻痺障害者でも、膝や足首関節が自分で多少なりとも曲げられる人と、私のように全く曲げることの出来ない重度の障害者との歩き方は自ずと違ってきます。


 

指が5本の人と、3本の人とでは、例えば、料理で刺し身を切る場合、最適な包丁の種類も重さも違います。


 

文章を書く場合でも、両手でブラインドタッチを目指す人と、片手のステック入力を目指す人が、障害の程度により分かれて当然だと思うのです。両手のブラインドタッチを基準・お手本としてすべての障害者を指導するなど笑止千万です。でも歩行に関してはこれが当然のごとく行われるのです。自立を目指すといいながら生活に即した実践的な移動方法・歩行をほとんど指導していない。


 

歩行に関しては何でもかんでも健常者歩行が正しいとするのは大いにまちがいであると思います。時と場合によっては横歩きのほうが絶対安全だと言うことがあります。数年横歩きを続けてきた私にはわかります。2動作歩行と3動作歩行に関してもそうです。


 


リハビリ室では障害の程度に応じより生活場面に対応出来る歩行を指導すべきなのです。それが自立を支援するリハビリなのです。多くのセラピストにその能力や視点が決定的に不足しているように思います。


 


それじゃ~また


 

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - リハビリ ブログトップ