Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
片手で使う道具・住宅改修 ブログトップ
前の5件 | -

脳卒中片麻痺患者などを対象とした新しいリハビリ用長下肢歩行補助装具の開発を開始 [片手で使う道具・住宅改修]


私は、短下肢装具着用で、長下肢装具は詳しくないのですが、調べてみますと色々あるようです。
それじゃ~また

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

公園の身障者トイレ、オストメイト用設備はあってもウオシュレットがない [片手で使う道具・住宅改修]

以前、新しくなった公園の身体障害者用のトイレ、ウォシュレット付便座(温水洗浄便座)ではなく、旧式の何もついていないただの便座トイレだったというお話をさせていただきました。


先日そのトイレに久々入って気が付きました、写真の様にハンドシャワーが横に付いていたのです。

調べてみると、台湾はじめ東南アジアのトイレには付いてるらしいのですが、これでお尻洗うの??

先の国ではこれで両手で洗浄するようなのですが、片手の私にはとても使えそうにない。何でこんなものが地方の公園のトイレにについているの?


疑問に思ってtwitterで訊ねてみると、これはオストメイト用(人工肛門保有者・人工膀胱保有者)と教えてくれる人がありました。そういえば専用のシンクとセットになった物を見かけることがありました。


オストメイト用の専用シンクはもう少し高い位置にあったような気がします。便器での併用で大丈夫なのか!?

しかしオストメイト用の洗浄設備が付いているのに、他の障害者用に何でウォシュレットが付いてないの!?

新築で、しかもこれだけ中も広いのだから、ウオシュレット+専用オストメイト用設備で良かったんじゃないのか。コスト的に、そんな驚く程の差がないようにも思われるし。


疑問は次々に沸きあがります。


しかし障害者用トイレになぜウオシュレットがついていないのでしょうか!?ここの一般用トイレにも、当然ウオシュレットはついていませんでした。


これから障害者はもとより足腰の弱った高齢者もペーパーで拭くのも大変だと思うのですが。

 

それじゃ~また

 

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

車いす、ベットに乗り移る際、足置きにご注意!! [片手で使う道具・住宅改修]

車いす、ベットに乗り移る際にけが


【神戸新聞 2019年2月23日】

 

やっぱり足置きペタル危ないのです。そういえば、看護師さんと、患者さんがこれの上げ下げで、揉めていた。

 

私も病院で3か月車いす生活だったが、足置き、うっとうしかった。これからも時々車椅子にお世話になると思う。覚えておこう。

 

それじゃ~また

 

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【カテゴリー別ベスト10】片手で使う道具、住宅改修 [片手で使う道具・住宅改修]



OZ2M_2QRgS_2RpU1549109668_1549114904.jpg



順位 記事タイトル 閲覧数 記載日時
1 ペットボトルのふたを片手で開ける 1,646 2017/8/5  
2 私の机術(つくえじゅつ) ブックスタンド 1,140 2016/12/16 
3 読書補助用具 ペイジホルダー 1,042 2017/1/13  
4 床に這わせる電気延長コードの対処法 861 2018/1/13 
5 読書補助用具 ブックストッパー 847 2017/1/8 
6 マイお買い物カート 773 2017/6/3  
7 ベルト通しポーチ 648 2017/1/26 
8 自助具製作ボランティアグループ「京 自助具館」 601 2017/5/22 
9 簡易的なトイレのリフォーム 582 2017/11/24  
10 体を洗うタオル 559 2017/7/29  
 


【注意!!】最近[片麻痺障害者として生きる] や
この[片手で使う道具]等の記事パクリを同じ脳卒中ジャンルで見かけました。生活の中で、方法をまねしていただくのは、もちろん歓迎です。が、引用元も示さず、あたかも自分で考えた如くブログ記事を書いています。不正を働く輩として前々から目をつけていますので、お気をつけあそばせ!
   


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

身障者トイレ、今時ウォシュレットでない! [片手で使う道具・住宅改修]

history_img_08.jpg


 


私は以前、市の公園のトイレが壊れていることで担当者に文句を言ったことがあります。


 


【参考記事】吠えの成果


 

 


その公園の別の場所にも新しいトイレができました。


 

大いに期待して身障者トイレに入ってみました。


何と、それは、ウォシュレット付便座(温水洗浄便座)ではなく、旧式の何もついていないただの便座トイレです。


 

本当にびっくりしました。これでは私のような片麻痺では、本当に使いづらいどころか、使えない。


 

手だけでなく、足腰が不自由で、手すりがあっても中腰でしばらく立っていることが困難な障害者や高齢者は多いと思うのですが、市の担当者はそんなことに思いが及ばないのでしょうか!?


身障者用のトイレならウォシュレットにするのが常識だと思うのですが、故障とか使い方がわからない人がいる等の理由があるのですかね!?


 

今では一般家庭でもウォシュレットの便座トイレというのは相当普及してると思いますし、中国の方も爆買いする商品です。一度ウォッシュレットを使うと普通のトイレは本当に使いにくく感じますし、もう使いたくない。





とにかくこんなトイレでは使えません。吹きっさらしの寒い所にポツンと立つ公園のトイレ。ズボンずらして、便座に座るだけでも冷たい。その上温水もなし、市の公園の担当者、感覚相当ずれているのちゃいますか ((+_+))


 


それじゃ~また


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 片手で使う道具・住宅改修 ブログトップ