Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

医療費の支払い未だ現金払いが主流 [片麻痺障害者として生きる]

b1c0ec4eb3298784a5d2a668d9819185_s.jpg

 

私は片手しか使えなくなってから、現金での支払いは超苦手です。普段はクレジットカードか電子マネーで支払うから現金はたいして持ち歩きません。特に小銭は、財布から上手く出せず、レジで落としたりと、出すのも受け取るのも大苦戦です。

 


私は地方都市で暮らしていますが、それでも現金で払う機会は少なくなってきました。コンビニももちろん電子マネーです。そうすると私が現金で払っているのは、病院、デイケア、プール。考えてみれば、全てリハビリ関連です。

 


しかしめんどくさいのは医療機関です。先進国ではカード払いも普通らしいのですが日本は普及は大病院や大学病院中心、ほとんど現金払いのみ。

 

なぜ日本は、こんなにも遅れているのでしょうか!?医療機関は支払う側の利便性より一円たりとも自分たちの利益を失いたくないのでしょうか。


しかも何十万でも即金・現金払い。おまけに入院時は保証人まで付けさせられる。私は妻か子以外は、断固拒否です。



先日、障害年金の現況届5400円のためコンビニで、わざわざ現金下ろしてきました。ホントめんどくさい。


しかも支払い時「書類は2枚で1万800円です」と間違えて2倍請求されました。「あんた良く見んか!一枚は私が預けていた前回の控えや!」最近1万円以上の現金払いなどしなくなった私は、多少あわてました(情けない!)


地方の病院、カードがだめならせめてスマートフォンでの医療費決済早く普及させてくれ!

 

医療費のスマホ決済、2018年度より導入へ 横浜銀行など

 

 

 

それじゃ~また


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康