Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

父からの遺言(1)お天道さまばかりを追いかけるなよ [お勧め本]

 


ダウンロード (4).jpg


 



流転の海 第9部 野の春


流転の海 第9部 野の春

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本


ーーーーーーーーーーーーー


 

「わしは若い頃からお天道様さまばかり追いかけて失敗した。お天道様は動いちょるんじ。


ここに今、日が当っとる当っちょるけん、ここに座わろうとおもうたら、座った途端にもうそこは影になっちょる。慌ててお天道さまの光を追って、いまおったところから動いて、日の光ののところへやっとたどり着いたら、またすぐそこは影になった。そんなことばかり繰り返してきたんじゃ。じっと待っちょったら、お天道さまは戻ってくる。お前は、ここを居場所と決めたら、雨が降ろうが氷が降ろうが動くな。春夏秋冬はあってもお天道さまは必ずまたお前を照らす 」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 これは人並外れた眼力や能力がある熊吾の自分への反省です。昔から成功収める上で重要とされる三つ資質を「    (うん どん こん)」と言います。良いこと、小器用でないこと根気があることです。人並外れた能力があった由、鈍(どん)が足りなかったという熊吾の自省の念でしょう。

 


それを最愛の息子である宮本輝への最後のメッセージとして伝えたのです。

 

これは、全くゼロから事業を起こした者の悲哀であります。


戦後はこのような人が、数多くいました。私の両親もそうでした、ゼロから事業を起こし借金して設備投資を続け、様々な事業に手を出しました、ようやく借金を返し終えて、お金が手元に残り始めた頃、私は既に高校生になっていました。


 


数多くの失敗も重ねましたが、父は「やってみなきゃわからん。迷ったらやってみるんじゃ」と常に言っていました。父はそれでいいのですが、家族は常に経済的に不安定でたまったもんじゃありません。


 

これが昭和の時代だったと思います。学歴のない多くの人が起業し、一握りの人が大企業を作り上げ、大部分は中小企業のままでしたが、非常に生命力に溢れ魅力的な多くの経営者がいました。


 


熊吾の息子に向けたこのメッセージもそうですが、私もこの年代の経営者の人たちから、多くの生きる知恵を学びました。もちろんきれいごとだけの世界ではありません。「流転の海」に登場するような戦後の闇市上がりの経営者もいました。


 


余談ですが、オッリクスの宮内義彦氏や村上ファンドの村上世彰氏の父親も、関西の貿易商でした。高学歴で、一見スマートな二人も、それぞれの父親から、商売の裏も表も数多くのことを学んだはずです。それが良い方に出たかどうかはわかりませんが。


 


 


それじゃ~続きはまた


 

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康