Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

宮本輝著「流転の海」第9部「野の春」 完結編その1 [お勧め本]

2018年10月30日発行の宮本輝著「流転の海」第9部「野の春」ようやく読み始めました。

 

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本


最終ということで、読みたくもあり、読んでしまうのが惜しくもあり、今日まで、ずるずる来ました。週末少しまとまって時間が取れそうでしたので、集中して読むことにしました。


結果、いつものように、読み始めたら引き込まれ一気に2日で読了しました。

福武書店の初版が1984年で、それから35年経っています。


野の春に生まれ、野の春に死んでいった無名の男。昭和の時代の波乱万丈の人生。多くの読者と同じように、私も30年以上かけて、この物語を読んだことになります。


降りそそぐ春の光と花の中に生まれ、事業に情熱を注いで、妻に甘え、息子を溺愛し、何より人間を愛した男の物語です。


最終の死に至る行程は、やはり平坦ではありませんが、交流のあった人々に囲まれた野辺送りのようです。春の柔らかな光の中で終りを迎えます。


次回から何回かに分けて、第9部「野の春」の内容をご紹介します。なぜ父熊吾は息子正仁(宮本輝氏)に最後になって残酷な言葉を投げかけたのか、私なりに考えてみたいと思います。

 

題名の「野の春」ですが「春の野」ではありません。つまり「野=宇宙」そんな認識だと思われます。

 

なお宮本輝氏には「春の夢」という作品があります。これは父亡き後の日々が描かれています。

 

新装版 春の夢 (文春文庫)

新装版 春の夢 (文春文庫)

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/05/07
  • メディア: 文庫

 

 

【参考】 運命を決める意志 宮本輝氏「長流の畔(ほとり)」(流転の海第8部)

 

それじゃ~続きはまた 

 

 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康