Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月 | 2018年11月 |- ブログトップ
前の5件 | -

果たして障害者の未来は明るいのか!?(7)差別から排除、せん滅へ [障害者として生きる]

wsg420-000_APP2003040255678.jpg


ワルシャワ・ゲットー


 


差別から排除、せん滅へ


 

先日NHK BS 世界のドキュメンタリーで「アメリカン・ゲットー麻薬戦争と差別の連鎖」という番組をやっていました。ゲットーとはヨーロッパでユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区のことを指します。


 

麻薬取締強化として、黒人などマイノリティだけを刑務所に送り込み格差を固定するアメリカの現状、さらに、今後ユダヤ人迫害の歴史に見られるような「せん滅」に向かうことを危惧する内容です。私はこれを見ていて真っ先に相模原障害者殺人事件を思い出しました。


障害者が隔離され場所で、次々殺傷されていったあの事件です。


 

ヨーロッパ・ユダヤ人絶滅」の著者ラウルヒルバーグによりますと、虐殺には次の5段階があるということです。


ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅

ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅

  • 作者: ラウル ヒルバーグ
  • 出版社/メーカー: 柏書房
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 単行本


 

1.識別・・・市民社会の中で、何らかのフィルターををかけ、特特の人間をあぶりだす。


2.排斥・・・自分たちの生活圏から排除し、特定の地域に押し込める


3.はく奪・・持ち物や、公団住宅への入居権など権利を剥奪する


4.収容・・・刑務所など、特定の場所に収容する


5.せん滅・・ついに死によって存在を殲滅しようとする。


 

事情は違うものの、障害者が識別され収容され、せん滅された事件はまさに相模原障害者殺人事件を思わせるものです。事実ナチスによる障害者虐殺のための「T4作戦」というのが存在しており、20万人以上の障害者が殺害されたと言われています。


 

番組に話を戻せば、勿論そこにアメリカの格差社会における貧困層の増大という背景があります。トランプを熱狂的に支持した白人の中に、職に恵まれない貧しい人々が多くいました。


これはヨーロッパ世界の、「移民」問題とも共通します。貧しい人々が、職を奪われたとして移民を排除しようとする。


 

結局、世界中で経済的格差が広がり、どの先進国でも国民が、容易に安定した仕事につけなくなっていく中で、黒人や移民等のマイノリティーを憎み差別し、排除しようとする。マジョリティー中心の民族国家へ舵が切られようとしているのです。





この国においても、企業のグローバル競争、派遣労働者の拡大が進み、国民の間でこれから一層経済的格差は広がってくると思います。


 

激しい職の奪い合いの中で、「生産性」などを理由に障害者がターゲットとされ、極端に偏った考えの持ち主によって排除、剥奪(障害年金の一層の厳格化等)、せん滅される。そんな危険性もあるのです。


 

つまり、貧困化が進む中、弱いものが一層排除される危険性は高いのです。お花畑の未来ではなく、この現実をまず認識しておく必要があると思います。


 


それじゃ~また





nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

グッド・バイ・マイ・ラブ アンルイス [映画・音楽・美術]

グッド・バイ・マイ・ラブ アンルイス



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今の私が私 [病気・療養・リハビリ五行歌]

995d3b1304a2018cfd06b2bea5dcd54c_s.jpg

 

奇跡が起きて元の体に戻ったとしても

 

失ったものは戻ってこない

 

それでも脳卒中になったことで

 

手に入れたものもある

 

今の私が、私なのだ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

世良公則(アコギ)銃爪~あんたのバラード [映画・音楽・美術]

世良公則(アコギ)銃爪~あんたのバラード



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

障害者の新たなコミュニテイー・絆を探す(3)

4b660c3ea1801b2be47e92d12f0920ae_s.jpg


 

私とは「関係の総和」である。東京と群馬の山奥の山村を行き来しながら暮らす「野の哲学者」と呼ばれる内山節氏はこういいます。


 

「資本主義経済」や「国民国家」、「市民社会」が行き詰まっている現在、彼はヨーロッパで生まれた個人主義から脱し、ヒューマンスケールの身近なコミュニティからの現在人の再生を提言します。


 

彼の基本となる考え方が、人間は個別の切り離された存在ではなく、人や自然との関係的存在であり、それは、ほぼ人間の本能に根ざしているという考えです。次のように述べています。


ーーーーーーーーーーーーー


「私は私が作り出している関係の総和」という存在だということです。つまり人間の本質とか実態とかいうものは固有のものとして作られているのではなく、関係の総和として作られているということなのです。(内山節)


ーーーーーーーーーーーーーー


 

我々障害者も、一般的な国民同様、「資本主義経済」のなかで明るい未来を描くことは非常に困難だと感じます。現在の、グローバル資本主義経済下では、下層の下に置かれることさえ懸念される状況です。


 

ですから内山氏の言う小さなコミュニティからの再生というのは、非常に大事になってくると思います。


 


 それじゃ~また

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -
2018年10月 |2018年11月 |- ブログトップ