Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス Taraf De Haidouks - Balkan Gypsy Folk Music [映画・音楽・美術]

 BoG_01_hires.jpg

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
Taraf de Haidouks

ルーマニアの首都ブカレストの南東、クレジャニ村のジプシー(ロマ)バンド





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

運転免許適性検査 [丹下右膳の運転記]

img_3.jpg

 

運転免許適性検査


いよいよ日曜日、車で1時間離れた運転免許更新センターに行きました。障害者駐車場に車を止めてセンターに入っていくと、日曜日ということもあり多くの人で混雑していました。


しばらくすると、係員が私を見つけて近寄ってきました。「メガネさんですか?」と聞きます。「ハイそうです」「こちらにどうぞ」どうも地元の警察から連絡が入っていたようです 。VIP 待遇とはいきませんが詳しく説明を受けることができました。


それでは、私の、運転免許適性検査の様子をご紹介します


1.まず両足で真っ直ぐ立てるか、片足立ち、握力検査です。


私は麻痺側の片足立ちは、もちろん出来ません。握力は、麻痺手はゼロ、健側は50程度だったと思います

 

2.運転席に乗り込んで検査です。

その前にいくつか質問がありました。

◆「今日はどうしてきましたか」「自分の車です」

◆「いつも運転されますか」「はいこの8年ほぼ毎日運転しています」

◆「ハンドルにスピンナーついていますか」「2台ありますが、1台にはつけています」

「そうですか。スピンナーついていないと違反になりますので・・」「それだとワイパー操作がしにくいので」「そうですか」

 


適性検査画面キャプチャ.PNG

spinaimages.jpg

 


いよいよ実技です


写真の様な装置のハンドルに「ハンドル回しのスピンナー」がついていて、それを操作します。ディスプレイ上の赤い縦棒が自動で左右に動くので、ハンドルを操作して下の青い棒をあわせていきます。

左右の終わりに近づくとハンドルが重くなります。パンク時に路肩に寄せるためらしいです。


数往復程度やりましたが、結構力がいります。結果「合格です」。

それで終わりです。ブレーキなどのテストはありませんでした。

 

3.それからは通常のコースです。

 

職員の方が、一人付いてくれました。


途中の関所「交通安全協会にご加入を」地点にやってきました。「すいません、こんな体なもんで、失業していまして・・」「わかりました」関所も無事通過(笑)。


目の検査も、準備が効いて何とかクリアー。 写真撮影。その後30分の優良者講習。私は、付添の人に導かれ満員の受講者の席でなく、少し離れた所のソファーで聞かせていただきました。


そうして無事免許取得。今回からAT車専用免許です。この間約1時間15分でした。これで5年のゴールド免許取得です。やれやれ

 

それじゃ~また

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康