Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

会社を失った日 [五行歌]

m_ls-IMG_1326.jpg

会社を

 

失った日

 

空は

 

高く

 

青く澄んでいた


 

松本孝博 作

 

ーーーーーーーーーーーーーー

これ本当によくわかります。

虚脱感と安堵感というのでしょうか、ふと視線を上げれば、空が澄んでいる。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

諫言(かんげん=いさめる言葉)に満ちた作家・山田風太郎の言葉(1) [お勧め本]

E5B1B1E794B0E9A2A8E5A4AAE9838EEFBC93.jpg


今回山田風太郎氏の言葉を「人間万事嘘ばかり」「死言状」などからからご紹介します。


 


--------------------------------------
人は5歳にして既にその人である

 

死は当人にとって推理小説のラストのように最も意外な形でやってくる。

八百八病で全てを予防しきれるものではない。あちらを立てればこちらが立たずだ。


人間は特に男性は家庭における姿など彼の一面にしか過ぎないしかつそれも平々凡々たることが多いのだ 。下男から見た英雄はいない。


人間の自分勝手なことは今更言うまでもない。人間の定義は色々あるんが「とにかく自分に好都合な論理を組み立てる動物だ」というのが一番適当でないかと思われる。

 

人間万事嘘ばっかり (ちくま文庫)

人間万事嘘ばっかり (ちくま文庫)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/07/06
  • メディア: 文庫
死言状 (ちくま文庫)

死言状 (ちくま文庫)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 文庫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人に対する観察眼の鋭さは一級の山田風太郎氏、闇の部分に視線を凝らした多少シニカル(冷笑的)な言葉ですが、人の一面の真実をついていると思います。
それじゃ~また

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康