Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

試行錯誤の文章教室 (2)三つのキーワード「感動(および 興奮)」「情報」「共感」

ls-01a3c6457767ac2b7a878fdb0c4732de_l.jpg 


前回に続いて『井上一馬著 「試行錯誤の文章教室」』をご紹介します。今回は「何を書くか」です。引用の後の「☆」は、私の感想です。



試行錯誤の文章教室―書き方・読み方・訳し方 (新潮選書)

試行錯誤の文章教室―書き方・読み方・訳し方 (新潮選書)

  • 作者: 井上 一馬
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 単行本

ーーーーーーーーーーーーーーー

◆私は文章を書く作業は、「何を書くか」を考える 前半の部分とそれを「どのように書くか」を有する後半の部分の二つに分け大きく分けて考えられると書きました。


ここからは何を書くのかについて話してみようと思います。私はこの「何を書くのか」方が「どのように書くか」より重要だと考えています 。

私自身は、何を書こうかについて考えるときに次にあげる三つのキーワードをいつも念頭に思い浮かべるようにしています。その三つとは


「感動(および 興奮)」

「情報」

「共感」


の三つです。

 

「 人を感動させる本、興奮させる本」

「人が知らないことを教える本」

「 人にそうだ、そうだと頷かせる本」

 

これこそ私達が書くべき本でないでしょうか。


◆人を感動(興奮)させる本を書く方法

そのためにまず何より必要なのは「自分が書こうとしている事項について自分自身が情熱を持っていること」だと思います。

そしてもう一つ大切なのは「自分が書こうとしている事項についてよく知っていること」だと思います。



一口に作家と言っても人によって想像力が優れているかあるいは分析力やその他の能力が優れているかによってよくしょんノンフィクションエッセイとか今度ジャンルは変わってきますしかしどんなジャンルにも 共通して必要なのは自分が取り上げようとするテーマに対する情熱なのです。


◆人の知らないことを書く


なぜならそうした本は、読者の役に立つからです.

いくら情熱のあってもすでに誰もが知っている事項を情熱を込めて書いても多くの人々の関心を引くことは難しいと思います。


◆読者の共感を得る


「 新しいニュースでもなければ、物書きが読者がまだ知らないようなことを言う事は、そうしょっちゅうはない。 物書きの最大の喜びは、読者が既に知っていながら知っていることを気づかなかったことを見事に描き出すところにある。そのことによって両者の間に何とも言えない暖かい仲間意識が生まれるのであり、これが物書きになしうる最大のことである」(アンディルーニー) 


「少なからぬ人々が、まだはっきりと意識はしていないけれども心の中で感じていること」

「 何か変なのかわからないけれども、なんか変だなと思っていること」

 

そうした事柄に言葉を与えてやる。

そしてそれを作家がやったときに、読者は、「そうだ、そうだ」と思わず膝を叩いてその文章に共感してくれるのです。


☆とくにブログ等SNSは共感性が何より大切であると思います。そしてこれは女性が非常に優れています。「分析してほしいわけでも、説明してほしいわけでもない。共感してほしいだけ、このトンチンカン!」わたしも女房によく叱られます。


だだし、SNSで「いいね」や「ナイス」をポッチとされたからいって、共感を集めているわけではありません。


◆読者の共感を得る上で重要なポイントは、逆転の発想

 

多くの人々が常識的に考えるのとは逆のことを説得力のある文章で理路整然と述べる。

こういう文章に接した時読書は目からウロコが落ちるものを感じ、心の底から筆者に共感するのです。


☆ブログでもこんな文章に出会い仰天したことがあります。元記者の方のようなのですが、すごい力量です。私も「逆転の発想」の文章を書くことが大きな目標の一つです。

 

 

 

それじゃ~続きはまた


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。