Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


ブログ記事における独り言(ひとり言)とは何なのでしょうか [メガネサルのお気をつけあそばせ]

d6fad6634b81f523748c1aefe15a770a_s.jpg


最近、「独り言」という記事をよく目にします。

私も以前、「独り言」と称する記事の中身が、丸々私の記事に対する批判で、読んでびっくりした経験があります。


わたしは、他の記事に関する批判は、感情的な罵詈雑言でないなど一定のルールを守っていれば全く構わないと思います。私自身も批判記事を、よく書いていますし、反論もします。

そうではなく「独り言」と表題が入っている記事が何を表すのかが、正直よくわからないのです。


これはブログの世界での符丁(ふちょう)、 つまり市場(いちば)におけるセリの数字みたいなもので、ブロガーだけに通用する言葉なのでしょうか?

独り言が自分の個人的なつぶやきを記事にしているならまだしも、他人に対する批判を「独り言」と称して発表している。これは??

私は、ブログ歴が浅いので、お詳しい方おられましたら是非お教えください。


これからは、「独り言」というのが、ブロガーの符丁(ふちょう)でないとして話を進めます。


まず、オープンなブログに独り言などということがあるのでしょうか、そもそも 独り言ならブログで書く意味はないはずです 。自分でブツブツつぶやいているか、自分のノートにでも書けば済むことです。私も実際よくぶつぶつ独り言いいますが、それをそのまま記事にはしません、せいぜいメモかノートに書き置くくらいです


私はこの独り言という言葉から、 批判はするけれどもそれに対する反論は、独り言だからするな!スルーして下さいと言ってるような気がします。 自分は記事を批判しているけれどもそれは単なる独り言だから、いちいち 反応する必要はない。まるで批判と防御をいっぺんにしている感じです。

 

そして特定の人物に関する批判を独り言と称して延々と続ける。そこには論理を展開していると言うより、思い込みの激しさ、粘着質なメンタリティーを強く感じます。失礼ながら、何やらストーカーめいたものさえ感じました。

 

こんなふうに、一方で「独り言」と称して予防線をはり、もう一方では痛烈な批判をしつこく繰り返す。そこに社会的な経験の乏しい子供っぽさや、そして何より孤独さや暗さを私はさらに感じます

 

前向きで、優しさなど感じられる記事もあるだけに残念で、視野を拡げ、経験を活かし是非多様なテーマで書いてほしいと、私は願っています。

 

皆さんは、「独り言」どの様にお感じになっておられますか?

 

それじゃ~また


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 2

ニゼック

「独り言」の件ですが、批判と防御といっぺんにやってるだけでも問題なのに、コメント欄を開放して、書かれたコメントに返事を書くってどういう神経なのかと思います。
それ、独り言じゃないですね。

独り言でない文章に「独り言」と題を付ける行為、これ自体がペテンであり、不誠実極まりないことだと私は思います。

私は今まで既にブログを5、6本書きましたが、どのジャンルのブログにも「独り言」と題した記事は一つもありません。
by ニゼック (2018-06-30 13:51) 

meganesaru707

コメントありがとうございます。私も「独り言」と称して以前別の方から批判されたのですが、批判の内容よりこの「独り言」の意味がわからなくて戸惑いました。何か意味あることなのかどうか皆さんのご意見を聞きたくて今回記事にしました。

私の場合ですが、私が自分のブログで反論記事を載せると、「独り言」のコメント欄にお詫びらしきことが書かれてありました。独り言でお詫びされても全然伝わりません(笑)
by meganesaru707 (2018-06-30 14:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。