Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

真向法は脳卒中片麻痺から生まれた [片麻痺障害者として生きる]

 20170327キャプチャ.PNG

真向法という体操があることは、以前から知っていましたが、それが脳卒中片麻痺と関連があるとは神戸新聞の2017/3/17日の記事により初めて知りました。

 

真向法002 (3).jpg

それによると長井 津(ながい わたる。真向法の創始者。1889年10月 - 1963年)は42歳で脳卒中により左半身不随となるが、おじぎを繰り返したことで、体が動くようになった。この独自の体操法が真向法原型となったと言う事です。


私はほぼ毎日寝っ転がってストレッチするのですが、背を立てた姿勢は真向法によく似ているのです。

そうか、これで体を前に倒せば真向法になるのか!と気づきました。これからやってみようと思います。

 

 

 ■公式 真向法体操





それじゃーまた。


タグ:片麻痺治療
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました