Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

茨木のり子さんのブログ [その他(ブログ等)]

ibaragi4fe616d7 (2).jpg

もちろん、茨木さんの時代にブログはありませんが、もし茨木さんがブ ログを書いていたら、こんな味のあるブログになるだろうと具体的に思わせます。「料理の写真+レシピ+日記」どれも秀逸です。

 

●月●日

いつまでも「みずみずしく」精彩があって面白い女でいたいのに・・・私の頭をしめているのはだんだん現実的になってしまって、口やかましくなって世話をやきたがって、 ツマンナイヤツになっていくような気配、アヤウシ 。

 

茨木さんの「みずみずしさ」が逆に伝わってくる。「面白い女でいたい」こんなこと考える人好きやなあ~と私も無条件に同意してしまう。「面白い奴」「おもろい奴」は関西では最高の誉め言葉です。

 


●月●日


暖かい日差しを浴びて、みかん箱を焼いて本箱を作る。二人とも真っ黒になり2時半銭湯へ出かける。街を揃って歩くのはなんとなく照れる。これも古い感覚なりといましめて堂々と歩く。いい日曜日だった。自分で作ったものはこんなにもほのぼのと楽しいものか。

 


茨木のり子の献立帖 (コロナ・ブックス 207)

茨木のり子の献立帖 (コロナ・ブックス 207)

  • 作者: 茨木 のり子
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2017/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


3月3日


三越から送ってきた小さな紙ひなを飾り、菜の花をこんもりとさし、家中の小さな人形をラジオの上に並べ、お寿司を作ってささやかに祝う。彼(夫)しみじみおひなさまを眺めていた。つつましい幸福。若い私たちの今の良さを、失わずに行きたいと思う。


■オマールエビのリゾット、コーラルソース

こんな本格的なもの家庭でつくっていたんだ、茨木さん。

 

■マカロニナポリタン

麺はうどん代用、鶏もつ、ケチャップ 

何とも庶民的に、しかも大胆に変身しています。


■鶏とびわの甘酢あんかけ

びわは缶詰だから、材料は手に入りやすい物ばかりですが、料理上手がわかる一品です。おそらく酢豚(パイナップル缶+豚肉)が元でしょうが、一工夫でこんなおいしそうな一品を作るなんて脱帽です。

 

■□■□■

 

 ところで、話は全く変わりますが、我々脳卒中ブログ村を眺めてみると、ブログを始めた初期ころは、誰しもやはり治療、リハビリが話題の中心となり、しばらくすると、日常の生活が中心となる。

 

片麻痺の日常生活の日記がいいなあと思える人は、初期の治療・リハビリに関するブログ記事もいい。過去の記事を時々アップされているのを読んでみて感心しました。

 

茨木さんも日記、料理どれもいい。

 

山形県の庄内地方は、茨木さんのご主人の故郷で、いま茨木さんもご主人とともにこの地で安らかに眠られています。ここは作家藤沢周平の故郷でもあり小説の舞台でもあります。私が一度ぜひ訪れてみたい所です。 

 

 

それじゃ~また。 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました