Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

綾小路きみまろ著「妻の口一度は入貼りたいガムテープ」 [お勧め本]

10008279_h_pc_l.jpg



今回は、私の 敬愛 する綾小路きみまろさんに登場していただきます。 苦節30年、ついに穴蔵生活から抜け出したきみまろさん、 やはり苦労して生きてきた人は言うことが違います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


自分がいいと思うものをあげるのが贈答です。


◆自分がいらないと思うものや、たいしたものじゃないと思うものを贈ると、その気持ちは間違いなく相手に伝わります 。「あなた私のいらないものを贈ったでしょう」とか、「あんたがいらないもの私もいらないんだよ」と思われてしまうのです。


◆反対に「これすごく大事にしてるんだ。仏壇の次、女房の次って位に、でもお前にやるよ」という気持ちも相手に伝わります。その気持ちもまた見えるんです。


◆ちょっとだけ自分のことを言えば、私が長い穴蔵生活から這い出てくるきっかけを作ってくれたのはある週刊誌の記者でした。 その人とその後取材をしてくれたあるスポーツ紙の記者が私を取り上げてくれたことで、私は潜伏期間30年を脱することができたのです。だから私はこのお二人には今も欠かさずお中元とお歳暮を送り続けています。「[おかげさまで世に出ることができました。今年もうまくいきますように」私にとってはまるで神社みたいなものものなんです。

 

妻の口 一度貼りたい ガムテープ (PHP文庫)

妻の口 一度貼りたい ガムテープ (PHP文庫)

  • 作者: 綾小路 きみまろ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: 文庫


売れなくなったら元に戻ればいいだけです。

 

◆ 芸能界というのは怖いところです。 常に何かを仕掛けていかないと、いつ落ちぶれていくかわからない世界。いわ浮き草稼業です 今日はうまくいっている今年はうまくいっている。でも来年は何の保証もないのですあります。


◆「 お前な、駄目になったらどうするんだよ」と心配してくれるファンの方がおられます。 ありがたいことです。


◆ でも駄目になったっていいじゃないですか、もともとダメだったんだから。元に戻ればいいだけじゃないですか。私はそういう考えです、 元に戻ればいいんです。


ーーーーーーーーーー

kimimaro_05_fixw_730_hq.jpg

 

■私も関西ドケチの妻にこれだけは言っています。自分がいらないものや自分が食べてまずいものは絶対他人に贈らないように。

それから贈られたからといって何でもかんでもお返しをしない。これ田舎暮らしの私たちには結構きついのです。当然周りから非難されます。

それでも私は、知人に贈るときも贈られるときもこのことをはっきり言っています。


■「売れなくなったらもとに戻るだけ」なんと清々しい。そうです苦労して積み上げたからといって、こだわってはならないのです。我々も脳卒中片麻痺となって仕事をはじめ多くのものを失ったと思います。しかし「ただの人」が「ただの人」に戻っただけです。そう考えればいいのでは。


それじゃ~また

 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

フリージャズ再び(7) 中村照夫&ライジングサン「レインボー」 [映画・音楽・美術]

maxresdefault (1).jpg

Teruo Nakamura And The Rising Sun - Rainbow 


中村照夫&ライジングサン「レインボー」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ブログ村の結論を急ぐ人たち [メガネサルの吠え吠え記]

ブログ村の結論を急ぐ人たち

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s (5).jpg

脳卒中ブログ村に参加してみて、記事を書き急ぐ人たちに時々出くわすようになりました。

 

他人のブログを直ぐ批判し記事を書く、他人の記事を引用し連想ゲームのごとく文章を書き飛ばす人です。いい年しながらも、結構子供っぽいのです、つまり記事を急ぐあまり、物事を深く考えないのです。最近これを称し「条件反射」より速い「脊髄(せきづい)反射」と呼ぶのだそうです。

 

今回はそんな方々の話なのです。ブログ名などは明記しませんが、皆さんもそんなブログいくつか思い当たられるのじゃないかと思います。


私が一般社会での経験から持っていた人間観も併せて述べさせてください。経験を通して感じてきたことなので、多少の放言お許しください。


まず学歴に関係なく、一般的に挫折を経験した人、 苦労した人はやはり 深く考える能力を身に付けています。結論を急がず、幅広く粘り強く考えることができるのです。逆に、高学歴であっても 苦労知らず、挫折経験ない人は、すぐに結論を出そうとします。 答えの決まらない不安定な状態に耐えきれないのです。


仕事などで、信用を得るのは大変な苦労が必要です。時間や小さな約束を守る。ごまかさない嘘つかないといった小さな信用を積み上げる。それでようやく信用が得られます。また、単に言葉だけでなく、その言葉の背景を考えないと、相手の意図は理解できませんし、時に痛い目にあいます。まっとうな営業を経験された方はよくご存じのことです。


所が、苦労や社会経験不足の人はこれらが出来ないのです。ブログでもこんな人すぐ見つかります。性急に批判をするだけで悦にいってる人です。そして性急な分すぐに忘れる。



一方、信用をなくすことは一瞬です。このことの恐さを社会で 苦労したことがない人間は分からないのです 。だから言葉の意味・背景も考えずに短絡的に結論を出す事にためらいがない。ちょとした油断や誤解から大切な得意先を怒らせたり、あげく失くしてしまう。こんな恐怖の経験したことないんやろなあ~。


社会の中で生活の糧を得ながら、深く悩んだことなどないから、人間を深く観察する力もなく、かといって経験値のある人間の知恵も信用できず、外国語や難しい言葉、三段論法だ演繹法だと使いこなせてもいない思考法を持ち出し優越感に浸ろうとする。


結局は仕事でも人生でも大した実績は上げられない。年くってもお嬢ちゃま、おぼちゃまのまま。


高学歴 人間の中にもこれらは多く見られます。

大学の教授の中にも単に外国の文献や論文を紹介するだけの教授がいますが、要するに自分の頭では考えられないのです 。そういった人間は議論するとすぐにあの論文を読めと言ったりする。そもそも 自分で論文を読む力(語学力でなく内容を理解する力)がないのです。


この様な人は、議論の途中でも、やたら横文字やら専門用語を連発する。挙句「貴方、どこの大学の何学部を出てるの?」などと言い始めるのです。こんな年寄りがブログの世界にもいるから驚きです。「メガネさんブログばかり読んでいないでたまには論文読んでね」と私も言われました(笑)

 

それじゃ~また。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

フリージャズ再び(6)ニューヨーク在住のジャズマン中村照夫 [映画・音楽・美術]

78739882_o2.jpg

ニューヨーク在住のジャズマン中村照夫の「 Rising Sun (1976)」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

僕らのバリアフリー 「ガイジ」って何? [障害者として生きる]


ls-02life012.jpg

【クリックして拡大してお読みください】


ガイジ(児)て何?外人のことか?と一瞬思いました。

障害児のこととは、なんて醜い表現でしょう。中学生ですよ!この幼さに私も呆れましたが、


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康