Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

その5 「守るも攻めるもこの一線」と「超えねばならぬこの一線」 [片麻痺障害者マトリックス]

前回のマトリックスの話で、ほぼすべてのグループは、直接「天国に行くコース」か、あるいは「高齢で、障害が重い」グループに移っていくというお話をさせていただきました。

そして、高齢で、体が不自由な人の中でも、寝たっきりになる人とそうでない人の2つのグループに分かれるという太田仁史先生(医師)のお話を紹介しました。今回太田先生の著書「老い方革命」より、さらに詳しく説明したいと思います。「超えねばならぬこの一線」と 「ぜひ超えたいこの一線」です。

■□■□■□■□■
img006 (2).jpg
■ところで人がとりうる姿勢をご存知でしょうか突き詰めればそれは立っている、立て膝をつく、座る、寝ているの4つだけなのです。意外と思うかもしれませんがこの他の姿勢はこれらを応用したものに過ぎません。

■少し専門的な表現をすればたっているは「起立」、立て膝をつくのはそのまま「立て膝」座るは「座位」、寝ているは「臥床(がしょう)」と言います。(図1)

■「臥床(がしょう)」と「座位」の最も大きな違いは骨盤が寝ているか、立っているかにあります。寝ると骨盤も寝ることになり、座れば骨盤も立ちます。では、立て膝と起立はどうでしょうか、これらは立った骨盤が上に上がっているだけで、本質的なな違いうよりも量的な違いにすぎません。

■排泄行為を考えると、これらの違いがわかりやすい。寝ている状態ではオムツか便器で世話を受けるしかありませんが、座位になると、トイレに行けるし、悪くてもポータブルトイレを使うことができます。

■骨盤を立てるメリットは他にもたくさんあります。上半身を支える筋肉の動き働き、首が 据わってきます。さらに意識に関係する中枢を刺激するので、意識がはっきりしてくる。

■そうなると、視線が合ってコミュニケーションをとりやすくなって、食べ物を飲み込みやすくなる。手も寝てる時に比べ物にならないくらいに、利くようになるでしょう。手を使ってご飯を食べることも、ものを書くことも、編み物をすることも、パソコンをすることもできるようになります。世界が飛躍的に広がります。

■だから寝たきりにならないことを考えた場合「起立」「立て膝」「座位」「臥床」のなかで最も大切なのは「座位」を取れることなのです。ここがが守りたい最低ラインだから私は「座位」と「臥床」との間の境界線のことを「守るも攻めるもこの一線」と呼んでいます。
 
 
img006 (3).jpg
■さらに「越えねばならぬこの一線」というのも考えました。これは閉じこもりになるか否かの大きな境目になります。先に書いたように移乗力まであると外出が可能になります。
(図2)

■外に出れば、仲間との交流することもできるし、ひいては社会参加も可能になります。自分の足で歩くことができなくても、手を使って働くことも海外旅行にも出かけることもできます。

■だから「超えねばならぬこの一線」は 「ぜひ超えたいこの一線」でもあります。「攻めるも守るもこの一線」「越えねばならぬこの一線」は介護予防の二つの線として本人はもちろん介護者もぜひ覚えておいてください 。
 
「老い方」革命―新しい介護のはじまり

「老い方」革命―新しい介護のはじまり

  • 作者: 大田 仁史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本

■□■□■□■□■

いかがでしょうか、我々片麻痺障害者にもこれはすべて当てはまります。ですから高齢で障害が重い場合、死守すべきリハビリ目標は「「座力」「移乗力」の保持になってきます。

我々片麻痺障害者も年令を重ねた場合、ここがリハビリ目標の最低ラインになってくると今から認識し、さらに我々には、介護を容易にするためにも「拘縮を避ける」ことも重要課題ですので、「拘縮ケア」に日々励みましょう、というのが今回の結論です。
 
じゃ~また 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

食えない関西商人(大阪商人)その1

s-d7204f6c5a25a9bde5ae435b7c3b1ee9_s.jpg
皆さんは関西人あるいは大阪人といえばどんなイメージをお持ちですか?

単純。ばか。アホ。ケチ。下品(なおばさん)。エゲツナイ。すぐ人をどつく(例:ダウンタウン・浜田)。アケスケ。無遠慮。・・・何かとめどなく次々出てきます(笑い)

一人ボケ・ツッコミ。漫才。たこ焼き。串カツ。

阪神タイガースの熱狂応援、吉本新喜劇、ナニワ金融道・・などでしょうか?
 
まあ、じっさい関西でしか暮らしたことのない私は、他の地域の人々は、我が地域に良いイメージを感じてないような気がします(被害妄想ですかね)。


そんな関西にも京都、神戸をはじめ多くの地域がありますが、代表は何といっても大阪でしょう。

そこで今回は、かって世間で、関西商人とか大阪商人(ナニワ商人)とか言われた人たちの話をします。
事業ではなく「商売」と呼ばれた昭和のにおい濃い時代の、(煮ても焼いても)食えない関西商人の話です。

この人たちは、昭和一けた以前に生まれ、今はもう80歳を超えた方々です。戦後の復興期をたくましく生き抜いてきた人々です。
この方たちが「関西(大阪)商人」そう呼ばれる最後の年代の人たちだという気が私はします。

私にとっては「師匠」と呼べる人たちです。

今年の元日に当ブログで紹介させていただいた宮本輝著「流転の海」は、宮本輝さんの父上がモデルで、関西で色々な商売をされる物語です。明治生まれの父上は近代の大阪の商人の走りだと推測されます。
 
まあ一言でいえば「スリリング」。「キツネとタヌキの化かしあい(知恵と知恵とのぶつかり合い)」。後で思い返せば、抱腹絶倒の真剣勝負。

いずれにせよ、「単純・単細胞で、思慮深さのみじんも感じられない」このイメージを覆(くつがえ)すべく、関西(大阪)商人の話をシリーズでしたいと思います。ただし青木雄二先生の「ナニワ金融道」のような怖い借金の話ではありませんので。
 
それじゃ~つづきはまた 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中後の生活 元気が出る暮らしのヒント 1

 s-71bb8068a1060bb71f08e14ac08c34fd_s.jpg
 
前回おすすめ本で「脳卒中後の生活」紹介いたしましたが、
今回は特に私が印象深かった部分を読書メモより、ご紹介いたします

□■□■□■□■

■自分の生き方を考えることが、リハビリの重要なテーマである事に早く気が付いてほしい。

■障害と共に生きていこうと考えたら現状が分かり、不足する能力を補うために色々な工夫も生まれ、新たな能力を発見することにつながる。

■障害を認めないで「元通りになる」ことにこだわると、無益な努力と失敗を重ねることになる。何をやってもうまくいかないからリハビリを諦め、人生を諦めてしまうことになりかねません。

■障害とは一生の付き合いだから、これは出来る、あれは無理と、自分で自分の障害とか自分の持っている力を評価しないといけません。

■何がしたいか、そのためにどこを訓練するのか、目標も自分で設定しなければなりません

■ QOL(注1) に目覚める時期がありますよね。片手が動かなくったって人生大したことがない。いろいろな人生があるじゃないかと感じ始める時期がある。
 
(注1)QOL・・クオリティ・オブ・ライフ。
        ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のこと。


■僕の場合手足は動いた方がいいけれど、人生における重大な問題やない。いずれにしても  ADL(注2)は人生とか人間機能のごく一部にしか過ぎない 。

(注2) ADL・・・日常生活動作(にちじょうせいかつどうさ)
         食事・移動・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動を指す

■理屈抜きで自分の生活を満足のいくものにしようと思うしかない

■勝手な こと言うようだけど、定年より5年早く自分の時間が持てた。外国にも行ったし。
倒れていなければ、ずっと働き続けていたと思います。
私にとって旅行はリハビリの一つなんだけど、本当に色々な体験ができました。
人生に対する考え方も変わったと思います

■誇りを取り戻すには武器が必要。「書」利き手交換して左手で500時間集中訓練して作品
にも参加した。 
 

脳卒中後の生活 元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

脳卒中後の生活 元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本

□■□■□■□■

本当に驚かされました。あらためて今回、メモからブログに書き写していて、
共感できることばかりなのです。
 
 
この先輩たちの言葉から大きな影響を受けきたのか。 
あるいは、病後7年それなりの経験を積んだということなのか。  
とにかく、うなずく言葉だらけです。  
 
先輩として後輩に「体験から出た言葉」を残しておくことの重要性にも気づかされます。
 
それじゃ~つづきはまた 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

拘縮ケアどうすればいいのか? [お勧め本]

 918434c4e977179f647c6477670f471c_s.jpg
これほど拘縮ケアのことを、理論的・体系的に、しかも写真と図表を多用してわかりやすく説明された本読んだのは、私初めてです。我々片麻痺障害者に重要と思われる箇所を抜き出します。

-----------------------------------------------

オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2016/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


■いつも同じ姿勢でいると特定の筋肉が抗重力筋として働き続け拘縮でしまうのです。
重力の影響を受ける筋肉は「抗重力筋」と言います。抗重力筋が緊張して全身が硬くなります。例えば寝たきりでいると、下側の筋肉が「抗重力筋」となり、短くなります。ほっておくと下側の筋肉だけが縮んで体反り返ります 。

■どのような場面でも筋緊張をいかに減らすかを常に意識することが大切です。

■片麻痺の人の拘縮予防には非麻痺側側の使い過ぎによる連合反応(注1)を防ぐことが第一です。生活期(維持期)以降は非麻痺側の負担を減らす配慮が必要。
特に立ち上がり起き上がり寝返りなどの動作時は負担がかかります。

■片麻痺で拘縮するケースでは装具の不使用が目立ちます。面倒だし、なくても動けると退院後に装着を怠る人が多いようです。今は良くても1年先2年先には、非麻痺側の機能まで無くしかねません。

■拘縮ケアには論的根拠が重要

筋緊張を 下げるための古典的方法に「揺らし法」があります。骨盤などを揺らすことで関節を動かしやすくするものです。学校で教わったという介護職もいます。しかし揺らすことでリラクゼーションが得られるか、その場合どのくらいの速度が適切かなど根拠となる情報が理解されないまま行われていることがあります。

■ストレッチやマッサージ、関節可動域訓練、電気療法、温熱療法なども同じ。拘縮改善の根拠が希薄で根本の原因である抗重力筋の影響を考慮していません。一時的に筋肉がゆるんだとしても、すぐに元に戻ってしまいます。ケアをするときは理論的根拠をよく考えた上で取り入れるようにしましょう。

----------------------------------------
如何でしょうか。本当に納得です。他にも「ベッドでのクションを使った正しいポジショニング」や「拘縮部を無理なく動かす方法」等解りやすく大変参考になりました。
 
ただストレッチやマッサージ等について、効果が一時的であることはよく理解できますが、私は寝る前にストレッチを行うと、筋肉の緊張が和らぎよく眠れます。他にも特に緊張の強い時がありますので、低周波治療はこれらも私は続けるつもりです。

しかし糖尿病に対するように、病院で回復期リハビリの入院中、本人や介護する家族に、拘縮の基本知識取得のための「拘縮ケア教室」などと称しレクチャが組み入れられても当然良いはずだと私は思います。
 
(注1)連合反応
右側が麻痺して動かなくなっていたとしても、左側の筋肉に力を入れるとそれに連動して、一見麻痺している側にも何らかの筋肉の収縮が起こることを連合反応と呼びます。
 
 
それじゃ~また。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

(3) 自立した人ほど要注意! [男(片麻痺障害者)のための老い方講座]

老いに適応するための講座の第3回です。今回、三好先生の主に団塊世代の人向けメッセージですが、三好先生ご自身の、苦い「離婚体験」にも触れられています。
 
pwHaL_aheuj1DOY1485451829_1485452029.png
「個人主義」は、危険! 
「進歩主義」とともに私たちの価値観となっていたのは「個人主義」であった。自立した個人になることが人間の目標であるとされた。

こうした「個人主義」と「男女同権」という理念を空気のように吸い込み育ったため私は結婚とは自立した男と自立した女が共同生活するものでなくてはならないと思っていた。

しかしそうやってなされた結婚は破綻し離婚へと至った。「理念で結婚、本音で離婚」というのは団塊の世代を取材した記事に付けられたタイトルだが、私にぴったりの言葉である。人が依存しあうのは当たり前のことなのである。

自立を目指して生きてきたことが、実は排他主義と孤立をもたらす。
脳卒中による手足の麻痺といった障害を負った時に家から出なくなりに自我を崩壊させていくのは男の方が断然多い。
その理由は、男が自立した個人であったからである。
自立していない自分を人目にさらすのは嫌なのだ。人から介助されるのに耐えられないのである。

さらに自立していたからこそ人間関係が希薄で、人間にとって必要不可欠な人に依存するということがうまくできていないのである。

自我の崩壊を食い止めるためには関係作りのリハビリが必要だ!
自分は自立していると考えているあなた、自立すべきだと考えているあなた、障害を持ったり老いたりしたときそれは最大の障害になることを知っておいた方がいい 。

定年になった途端に呆けてしまったという話はよく聞く。脳卒中で片麻痺になった人に呆けが多いのを医療の世界は「脳血管型痴呆」と名付けて器質性のものであるかのように言うが、実は片麻痺という障害によって生活空間が狭まり、人間関係がなくなってしまうことを原因とすることの方がはるかに多いのである。

こうした自我の崩壊をもたらす原因を私たちは「関係障害」と名づけてきた。目に見えない関係が原因だから自我の崩壊を食い止め再建するためには関係作りのリハビリが必要だということになる。目に見える個体へのリハビリとは違うのだ。

生活空間は移動能力で決まるのではない。会いたいと思う人がいなければたとえ1人で移動できても家から出ることはない。まして誰にも会いたくない気持ちになっていれば、なおさらだ。しかし会いに行きたい人がいれば車椅子を使ってでも出かけるだろう。街がバリアフリーになっていなくても介助してしてくれる人がいれば可能だ。

-----------------------------------------------------------------

我々片麻痺障害者は、リハビリといえば、機能回復のみに目が行きがちですが、生活が変われば、人間関係もリハビリ・再建しなければならないということなのです。
 
このことに視線が向かない人が圧倒的に多い。もちろん職場復帰を果たし病前の人間関係が維持できる人はいいのですが、私のように仕事(その人間関係)を失ってしまうと、人間関係の再構築が必要になってくる。
 
私は今、友人たちが定年退職の時期を迎えておりこの点はラッキーです。幼馴染たちも定年を機に故郷に戻ってきています。そうなると私は「第二の人生」の先輩です。嬉しいことに、子供の時と同じように、ガキ大将気分を味わっています。
 
ただ、それだけでなく、新たな人間関係を広げることも必要です。些細なことですが、リハビリする公園では、できるだけこちらから挨拶をすることにしています。数人ですが親しく話をできる人もできました。
 
       そんじゃ~また 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康