Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

脳卒中で高次脳機能障害者となった医師 その1 [お勧め本]

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s.jpg
山田 規畝子さんは整形外科医ですが、「もやもや病」という脳血管の原因不明の難病により三度の脳出血を経験されています。その著書

「壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害」

を今回ご紹介します。
二度目の脳出血の後は、この高次脳機能障害を理解しようとしない夫の元から子供を連れて飛び出して、新しい生活を始めるという壮絶な経験もされています。

私の印象に残ったところを抽出します。山田さんは、医師らしく分析が実に的確で専門知識も豊富です。脳卒中という病気と、それを取り巻く状況を再確認する意味でも詳しくお伝えしたいと思います。2回に分けてお伝えします。

■□■□■□
■低酸素脳症
脳に損傷を受けた患者は外傷でも脳卒中でも同様だが低酸素脳症と言って脳に酸素を上手に取り組んだりするのができなくなることが多く、いつも脳がうすらぼんやりした状態にある。その結果起こることは、簡単に言えば頭の回転が悪くなるということだが、それは知能が低下してしまう知的障害とはまた異なる 。

■平衡機能の異常
障害の中でも特に気づかれにくい障害に平衡機能の異常がある。平衡感覚を司る中枢は三半規管で、脳の損傷により異常が出る。

■視床痛
傷のある右脳の支配する体の左側には不思議な痛みがある。痛みのある部分の器官・組織には外見上何の異常もない。ただ比較的強い圧力をかけると左半身はとても痛い。家族などの介護者から見ると「触っただけで痛がる」と見えるらしい。こういった現象は大脳の中でも視床という部分を損傷した患者に特異的に見られる現象なので「視床痛」という名前がついている。
 
■認知運動療法
思うように動かない「運動麻痺」と、思うように感じない「知覚麻痺」の二つが大まかな麻痺の症状であるが、自宅で一人でやれる訓練はたくさんある。いずれの麻痺にしても大切なのはどのように動かしたいのか、どんな感じの感覚を感じたいのかはっきりしたイメージを持つことである。体のある部分を動かしたい風呂に入って暖かいという感覚に浸ってリラックスしたいというレベルで良いので最初にはっきりしたイメージを持つことが訓練として有効である。

感覚器が刺激を受け取る場所と、刺激を感じ取る脳との間の信号の経路が断たれた状態にあるのだから、最終的に信号を受け取る脳の方から「刺激よこい、こい」と要求しているうちに、寸断された神経は感覚器の刺激を受け取る場所にまで再び連絡網を伸ばして行くことができるだろうという考え方で、多くの学者がその考えに賛同して新しいリハビリテーションの形として普及しつつある。

■高次脳機能障害者への接し方
高次脳機能障害者の精神的安定のために一番必要なのは「今障害を背負っているあなたは何も悪くないので堂々としていましょう」という気持ちを基盤に持って接するということだ。  そういう接し方をして、何か勘違いしたような失敗をしても、それは患者本人でなく病気がさせていることだといつも考えて欲しいと、介護者の方にはお願いしたい。当自者に対する最大の理解とはそういうことではないかと思う。

■□■□■□
私(メガネ)の話ですが、退院して、杖をついて何とか歩ける。言葉も普通にしゃべれる。「後は頑張って体を元の様に回復するだけや」などの励ましを周囲から受けていたのですが、脳のこのぼんやり感とともに、頭の回転の鈍さに茫然としていました。やはりどうも元の頭じゃない。
この不安は3~4年続きました。今病後7年目経ってようやく、少しづつ回復して元に近づきつつあると感じられてます。回復は止まってはいないと感じるのです。
壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

  • 作者: 山田 規畝子
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本
  それじゃ~また

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

点滴ポール 生き抜くという旗印 [お勧め本]

236788202adb2620a0f78412f26e036d_s.jpg
著者は、岩崎航さんという方です。3歳で筋ジストロフィーを発病して37歳の今は常に人工呼吸器を使い生活の全てに介護を受けておられます。
点滴ポール 生き抜くという旗印

点滴ポール 生き抜くという旗印

  • 作者: 岩崎 航
  • 出版社/メーカー: ナナロク社
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: 単行本
岩崎さんの五行詩です。
■ □ ■ □
点滴ポールに
経管食
生き抜くと
いう
旗印
「点滴ポール 生き抜くという旗印」(岩崎 航著)
■ □ ■ □ 
病気の象徴とも言うべき点滴ポールや経管食(胃や腸に通した管から直接栄養を入れる)を生き抜く旗印と歌う岩崎さんの心の強さ。我々が障害者になったことは、もう仕方ないことです。でも心の弱さは克服せねばなりません。岩崎さんを見習って。
それじゃ~また。

タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

第4回目、ブログの楽しさを教えてくれる介護日記 [ブログ村記事めぐり]

4de748a474925dffab27befd8704129e_s.jpg 

「ブログ村記事めぐり」の第4回目は、ブログの楽しさを教えてくれるこの記事です

■□■□■□■□

記事:おっかー一家の記録

ブログ名:ワタクシ的ジコチューな介護日記 夫 時々 じさま

日時:  2017.04.17 

投稿者:おっかー



■□■□■□■□


この記事、夫を介護されている奥さんのユーモアあふれる記事です。楽しい漫画も記載されています。これ過去記事の抜粋なんです。


ブログを書く楽しみって、人それぞれではあると思います。

私は、過去の追体験です。過去の出来事をブログにすると、再体験でき、しかも認識が深まる。それが私の楽しみ方です。


そんなブログの楽しみ方の一つに、過去記事を読むことがある。そんなこと教えてくれる今回の記事です。


もちろん夫婦の距離の近さ、親密な関係があってはじめて過去記事を懐かしく楽しく振り返れるのですが。

この記事に入っているコメントもいいですね。記事中心にコミュニケーションが取れる。これもブログの楽しさですね。


しかしあくまで中心はジコチューな「おっかーー」、「オットーー」は引き立て役ですかね(笑)。このおっかーーには「くだくだ」がない、「情けなさ」も見せない。それにしてもこのご夫婦の似顔絵、表情がすごくいいですねえ。ふたりの親密さも伝わります。参りました!!


■□■□■□■□

私の評価は次の通りです(生意気ですみません)。


◇テーマ・・〇 ◇知識・・・〇

◇経験・・・◎ ◇表現力・・◎


■□■□■□■□

 

 称号 「おっかーー」はあくまで「おっかーー」余分な形容必要なし。せいぜい「○○っ家のおかーー」

 

あぁ~ブログって本当にいいですねぇ~。


 ※もし「おっかーー」のご承認をいただければ、トップの画像をブログのお二人の似顔絵に変えたいと思います。コメント欄にご記入くださればうれしいのですが・・よろしくお願いいたします。


そんじゃ~また。



アンケートのお願い



「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「関係障害論」的(その2)人間を3つのタイプに分けて考えるアプローチ法。

三好春樹著「関係障害論」の第2回目は、その人が持っている「関係を評価」し、3つのタイプに分けて考えようというお話です。

関係の中で、人間を評価しようという斬新な考えです。私流に解釈してお伝えします。

■□■□■□■□


三軸の評価基準

(図形見ずらい場合はクリックしてアップでご覧ください

20170428-001キャプチャ.PNG

まず、評価基準は三つの軸です(図-1の※44)社会的関係y軸,自分自身との関係z軸、家族的関係xです。

三軸に沿って評価すると、大きさが立体化されて表されます(図-1の※45)

まあ※45の様にバランスが取れていると、大きな正方形になる。豊かな人間関係を持っている人となります。



























個人を3つのタイプに分けてみると

(図形見ずらい場合はクリックしてアップでご覧ください)

-2taipu001 (2)-3.jpg

次いで、この3つの軸で個人を考えると、典型的な3つのタイプに分けられると言う話です。これがなかなか面白いのです。皆さんも自分の周りにいる人間を当てはめてみてください。色々面白い認識が得られますよ。


※46 タイプ Ⅰ 

これは社会的関係は強いが、あとの二軸はさっぱりダメ。仕事世界がすべてと言った典型的な「会社人間」タイプでしょう。高度成長期時代のお父さん像でしょうか。脳卒中で片麻痺となられた方には多くあるタイプではないでしょうか。私もどちらかと言えばこのタイプに属していました。


※47 タイプ Ⅱ

このタイプは家族関係は強いが、他の二軸の関係はダメ。「マイホーム・パパ」と呼べるタイプです。女性の専業主婦で「良いお母さん」は、このタイプが多いのではないでしょうか。


※48 タイプ Ⅲ

社会的関係ダメ、家族的関係もダメ。あるのは「自分との関係」のみの「自己追求」タイプです。この中には良性のものと悪性のものが混在しています。趣味等の道を究めるタイプや、「破滅型」のさすらいのギャンブラー、あるいは「オタク」タイプも存在します。友人や仲間などからは面白い奴と評価されるかもしれませんが、こんな人父に持つと家族は悲惨です。昔はこんな破滅型人間多くいた気がします。


障害や老いに強いタイプ、弱いタイプは?


次にこの3つのタイプの中で、障害や老いに強いタイプ、弱いタイプを考えてみましょう。皆さんも具体的な周りの人間に当てはめ考えてみてください。


タイプⅠ

これは障害や老いに対していかにも弱そうですねえ。定年退職しているのに元○○会社の××部長などといつまでも人に挨拶するタイプです。肩書が通用しない世界で、肩書を強引に通用させようとして嫌われるタイプです。社会的関係がなくなれば(これが、本当にもろいのです)、全ての関係がゼロです。


タイプⅡ

経済基盤があれば、老いや障害に強そうです。ただ専業主婦の場合で、夫や子供の世話に明け暮れていて、それに対し夫や子供が感謝してくれていればよいのですが、単なる自分をサポートする機能とみなされていると、立場は弱くなります。


私も男だからわかりますが、人を機能としかみなさない人多いのです。特に仕事世界ではそれが当たり前ですから。自分の奥さんまで自分をサポートする機能とみなす夫です。

ですから、主婦の場合夫しだい、家族しだいと言えると思います。また姑との関係も絡んでくると問題は一層複雑となります。


タイプⅢ

「唯我独尊」我が道を行くタイプです。一見、障害や老いに強そうです。孤独には強いタイプでしょう。ただし逆に人間関係を作るのが苦手なわけですから、障害や老いで人の助けが必要となった場合は問題は大きくなりそうです。

身体的自立、経済的自立があればという条件付きで、障害や老いに強いと言えるかもしれません。


それでは、それぞれのタイプごとにどう関係を向上させるか、そのアプローチ方法を次回考えてみたいと思います。


 それじゃ~また。


アンケートのお願い

「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

スター・トレックが7月17日BSで放送されます [ブログ村記事めぐり]

スタートレック2キャプチャ.PNG

スタートレックはブログ村記事めぐり第1回「社会に深く巣食う障害者差別」(脳卒中されど心は能天気さんのブログ)で少し紹介しました。ご興味を持たれた方は、ご鑑賞ください。詳しくはこちらを


それじゃ~また。



アンケートのお願い

「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康