Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
映画・音楽・美術 ブログトップ
前の5件 | -

我がベストソングス 女性歌手/女性グループ編 [映画・音楽・美術]

C8Zjak4U0AEZ7oK.jpg


今回の記事は、脳出血を乗り越えて ひろのアクティブリハビリ」さんの記事「女性歌手/女性グループ編」に触発されたものです。


記事はこちらです。https://goo.gl/WN3wks


ということで今回もひろさんに感謝しつつ、私も「女性歌手/女性グループ編」を披露させてください。今の気分のベスト10です。


【我がベストソング10】

赤いハイヒール / 太田裕美


黄昏のビギン / ちあきなおみ


竹田の子守歌 / 赤い鳥


こんな風に過ぎて行くのなら / 浅川マキ


八月の濡れた砂 / 石川セリ


私は泣いています / リリイ 


春なのに / 柏原芳恵


たそがれマイ・ラブ / 大橋純子


別れの朝 / 前野曜子


サン・トワ・マミー / 越路吹雪


juke_photo01.jpg

京都の祇園のはずれに、古びたジュークボックスが置いてある小さなスナック「ゲリラ」がありました。私と友人たちはその店に入りびたり、そのジュークボックスで古いレコードを何度もかけていました。私の曲の大半はその時聞いていた歌です。


それじゃ~また。 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

“回復期リハビリ病院”が舞台の映画『歩けない僕らは』がクランクアップ [映画・音楽・美術]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

我がベストソングス 男性歌手/男性グループ編 [映画・音楽・美術]

9113q54diDL._RI_SX200_.jpg


今回の記事は、脳出血を乗り越えて ひろのアクティブリハビリ」さんの記事に触発され書いたものです。

記事はこちらです。https://goo.gl/gUd8cE


ひろさん、ナイス企画です。これある意味、その人を雄弁に語ってますよね。生きた時代はもちろんのこと、感性や人柄まで伝わってくるものあります。また自分の好きな曲が入っていれば、嬉しいですよね。ということでひろさんに感謝しつつ私も披露させてください。


【我がベストソング10】


欲望の街/ダウンタウン・ブギウギバンド

時間よ止まれ/矢沢永吉

遠くで汽笛を聞きながら/アリス


悲しい色やね/上田正樹


あんたのバラード世良公則&ツイスト


大阪で生まれた女BORO


安奈/甲斐バンド  


初恋/村下孝蔵


サボテンの花/チューリップ


スローなブギにしてくれ /南佳孝


 


それじゃ~また。


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

つれあい(夫)に旅立たれた後のうた「冬隣」 [映画・音楽・美術]

0928aa65-da27-4fb0-b842-5e02597651a8.jpg

さて夫に旅立たれた後の歌といえば、ちあきなおみさんの「冬隣」でしょうか。実際ちあきさんんも夫の郷鍈治さん(俳優、宍戸錠さんの弟)に旅立たれ、芸能界を引退されこんなふうなお気持ちで暮らされているのでしょうか。


案外女性は元気で、逆に男はこんなふうにいつまでも女房思い出し焼酎飲んでいる気がします。私はもちろん、そうなりそうです。



作詞 吉田 旺、作曲 すぎもとまさと
あなたの真似して お湯割りの
焼酎飲んでは むせてます
強くもないのに やめろよと
叱りににおいでよ 来れるなら
地球の夜更けは 淋しいよ
そこから私が 見えますか
この世に私を 置いてった
あなたを恨んで 飲んでます

写真のあなたは 若いまま
綺麗な笑顔が 憎らしい
あれから私は 冬隣
微笑むことさえ 忘れそう
地球の夜明けは 切ないよ
そこから私が 見えますか
見えたら今すぐ すぐにでも
私を迎えに 来てほしい
地球の夜更けは 淋しいよ
そこから私が 見えますか
この世に私を 置いてった
あなたを恨んで 飲んでます

それじゃ~また

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

人生後半への旅立ちに際して「紅い花」 [映画・音楽・美術]

b9172183ec1c9ab44fd3cfcc71dcf72f.jpg


先週は、青春からの旅立ちに際しての歌として「なごり雪」を取り上げたのですが、今回は人生後半への旅立ちに際しての歌として、ちあきなおみさんの「紅い花」を取り上げます。これは人生後半の「終わりへの旅立ち」の時でもあります。そんな哀しみも感じさせる歌です。


この歌は、人生の活動期を終えて、ひとり静かに酒を飲んで、ほっと一息つく。そんな一時(ひととき)を歌った「歌」なのですが、それは、第二の人生に向かう、旅立ち前夜の歌のようにも感じます。


また、「紅い花」は、ちあきさんのラスト・シングルです。この曲以降、歌手活動を一切お止めになり引退されました。ちあきさんにとっても人生後半、終わりへの旅立ちの歌だったのです。



作詞:松原史明、作曲:杉本真人 編曲:倉田信雄
昨日の夢を追いかけて 今夜もひとりざわめきに遊ぶ
昔の自分がなつかしくなり  酒をあおる
騒いで飲んでいるうちに こんなにはやく  時は過ぎるのか
琥珀のグラスに浮かんで消える 虹色の夢
紅い花  想いを込めてささげた恋唄
あの日あの頃は今どこに  いつか消えた夢ひとつ

悩んだあとの苦笑い くやんでみても時は戻らない
疲れた自分が愛しくなって   酒にうたう
いつしか外は雨の音     乾いた胸が思い出に濡れて
灯りがチラチラ歪んでうつる あの日のように
紅い花 踏みにじられて流れた恋唄
あの日の あの頃は 今どこに  いつか消えた影ひとつ
紅い花  暗闇の中 むなしい恋唄
あの日あの頃は 今どこに
今日も消える夢ひとつ    今日も消える夢ひとつ




それじゃ~また

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 映画・音楽・美術 ブログトップ