Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
お金の話 ブログトップ

市の障害者枠の仕事 [お金の話]

藤田さん1 (2).png


1日8時間労働で、月25日勤務の

月給12万円だとさ

ただし土日は必ず出勤せよとな。

市の福祉課窓口で紹介された、障害者枠の仕事

所でこの月給、市職員の貴方の何分の1なんや

ーーーーーーーーーー


◆市の福祉課の窓口で、今仕事をしていないと言うと、親切なその職員の方が、市の障害者枠の仕事を紹介してくれました。体育館の管理の仕事らしいです。

「難しい仕事やないです。ただ少し掃除してもらう必要があります」とのことでした。

「俺には養うべき女房も子供もいてるんや。月25日も拘束されてたった12万円。どうやって食べていけばいいんや」と言いかけましたが、彼に言っても無駄だと言葉を飲み込みました。

それに、なぜ障害者は、難しい仕事はできないと考えるのか、逆になぜ掃除ができると考えるのか。私にはよくわかりません。

◆同病の若い知人に、リハビリ室でこの話をすると、思いがけず「僕やりますわ」との返事。彼は障害の程度が比較的軽く、杖無し歩行で、手も少しは動く、独身で母と2人暮らしですが・・・。

しかし、ほんの少し生活に余裕を持てる収入と多様な仕事を、せめて市の仕事くらいは提供してくれないものでしょうか。障害者といっても、障害と種類と程度により様々な仕事がこなせるはずです。
今の世の中で、それは贅沢な願いなのでしょうか。おだやかで誠実な若い知人、同じ障害を持つ彼の将来を思うと暗澹(あんたん)たる思いになりました。

ーーーーーーーー
◆【後日談】結局体育館管理の仕事は、さらにコストが抑えられるシルバー人材センターの請け負となり、障害者枠の仕事は一つ減ったことになりました。

一方若い知人は、片手で操作できる中古の10トンダンプを思い切って購入し、自営業者となり朝早くから仕事に励んでいます。数多く運んでなんぼの大変厳しい世界です。

◆脳卒中ブログ村は、比較的生活感の乏しい方が多い気がします。
私も最近、そうなっている気がします。幾分、自戒を込めて今回この記事をアップしました。

それじゃ~また。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
お金の話 ブログトップ