Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
室内自主リハビリ ブログトップ
前の5件 | -

リラクセーション(3)柔軟な自体軸(自分の体の軸)で緊張を弛める [室内自主リハビリ]

0204373f1e1e6d8b1102a07298677a0e_s.jpg


 


 


これまで、緊張のある所を緩めるための方法を述べてきました。ここではそうした弛める方でなくむしろ必要な緊張することによって、無用・有害な緊張を弛める方法を取り上げていきます。


 


体ののある部分がまっすぐの線から逸脱して、屈曲していたり、 前・後の傾 が著しい様の場合は、そこに通しても余計な緊張が入りやすく姿勢を維持するために余計な力を入れなければなりません。 と言うよりむしろ肩、背中、腰などに余計な緊張が入るためその結果として姿勢が屈曲してしまうのです。


 


 この自体軸が曲がったり、捻じれたりしたままだと無駄な力、不当な緊張があるために、目指す動きを妨げられたり、無理な力や緊張を要することになります。


 


自体軸をタテ直に立てる努力が基本となります。


 



リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

  • 作者: 成瀬 悟策
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/06/20
  • メディア: 新書



----------------------------------------


 要は、体を弛めるためには、体をまっすぐ立てるということが、重要と言うことですね。


 


それじゃ~また。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リラクゼーション(2)ストレッチングの効果を上げるためにはリラクセーション [室内自主リハビリ]

リラクゼーション(2)

c87853872b9db6898f113d1bbea443a8_s.jpg

今回はストレッチングの効果を上げるためには、リラクセーションで筋を弛めておく大切であると言うお話です。


本文は、ややわかりにくさを感じる文体ですので、少し手を加えてご紹介します。

■□■□■□■□

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

  • 作者: 成瀬 悟策
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/06/20
  • メディア: 新書

 外的力で筋を引っ張るストレッチングに潜む罠


ストレッチングは筋や腱を引っ張って伸ばすことを言うのですが、実際に外的な力で筋を引っ張れば、引っ張られた通りすんなり伸びるかどうかと言うと、現実にはなかなかそうは行きません。

むやみに引っ張れば、それに抵抗して、かえって筋が収縮し、強烈な収縮状態にさになりかねません。


なぜなら筋肉という生理物体だけが単独に存在しているわけではないからです。

体が生きている限り、その筋、あるいは、その体の持ち主(主体)が納得してその気にならなければ、外的に力を加えられる力によって筋が引き伸ばされるという事は起こりえないからです。


ストレッチングに関する本などの最初に引っ張りながらゆっくり息を吐くなどと書いてあるところを見るとその分野の専門家の方々は、その程度のこと(筋を弛めること)には気づいていると思われます。


■ 筋の伸びる条件はリラクセーション


すなわち「引っ張って伸ばす」というストレッチングの課題を本当に実現するためには、引張りに抵抗している筋の緊張を弛めなければなりません。


しかし、外的な伸展刺激に従って、刺激通りに筋緊張が弛み、その結果として筋が伸びていくというような話で、片付けられるほど生きてる人間、生きている人体は単純ではありません。


むやみに引き延ばす刺激を筋に与えるだけでは、引っ張られる感じや痛みなどの増すため筋は伸びるどころか、緊張してかえって収縮を強めてしまいます。


なわち外的な力で、筋を引き延ばすことのできる条件は、その主体がそれを有害刺激と認めず、その外力を自分にとって有用・有益なものと判断し、それを受け入れることです。


自分のその筋が引き延ばされることを納得し、引きびき伸ばそうとする外的な力に逆らうような力を入れず、自ら脱力し 伸びるために必要な程度にその筋群の緊張を弛め、外力が応じて筋が伸びやすくなるように協力する気持ちになることです。


積極的に外力に呼応して自らも筋の緊張を弛めていくような努力をしなければストレッチがうまく出ることなどあり得ません。


■□■□■□■□


今回はストレッチングで効果的に筋を伸ばすために、リラクセーションで筋を弛めておくことが条件ということをポイントとして押さえておいていただきたいと言う事です。

 

しかし猫ってリラクセーションの達人ですねえ~。皆さんそうお思いになりません。

 

それじゃ~また。

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リラクセーション--自分自身で身体の過剰な緊張を取る方法 [室内自主リハビリ]

リラクセーション

rirakuダウンロード (2).jpg

いよいよ今回から室内自主リハビリの第三番目としてリラクセーションについて学んでいきます。リラクセーションを一言で言えば、自分自身で自分の身体の過剰な緊張を取るための方法です。


教科書は、成瀬悟策先生の「リラクセーション」です。成瀬先生は九州大学で長く教えられておられます。九州大学からは心と体の関係を扱った池見酉次郎先生の「心療内科」が誕生しました。


文書等に若干分かりにくさがありますので、ポイントを抜き出し、構成を少し変えます。

 

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

  • 作者: 成瀬 悟策
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/06/20
  • メディア: 新書

■□■□■□■□


■リラクセーションとは体に過剰不当な緊張が生じたら、それを自分で適切に弛める解消するような自己努力の仕方を身につけることです


■リラクセーションには、不要な過剰緊張が低下するように、自分で弛める方法と、他者が弛めるめる場合があります。

他者が弛める場合が、あんま・鍼灸、マッサージなどでしょう。

これに対して今回は自分で緩める方法、自己弛緩を今回学んでいくということです。


■本書に掲げた方法はその課題をたくさんやればそれだけで有効だというものではありません。そのいくつかに限って、あるいはたった一つでもそれについてじっくりと実感をこめて納得のいくまでその体験を十分に味わいながら試みられることをお勧めします。


一つの課題について体験の要領がよく分かってくれば、他の課題についても同様にその感じがわかるようになります。まずは、他の課題に目もくれず一つの課題に集中して気を散らさず感じが十分に体験できるように練習してみてください。十分な効果を持ってあなたの努力と工夫に答えてくれるでしょう 。


■□■□■□■□


他者からの施術を受けるにしても、自分で弛めておいた方が効果は高いでしょう。ボツリヌス治療でも有効な期間はありますので、自分で弛める方法を身に着けることは大きな武器になると思います。

 

【参考記事】 シリーズ「室内自主リハビリ」を始めます

 

リラクセーション.PNG 

 

 

それじゃ~また。


 

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

(5)座って麻痺側を上にー>ヒップリフト(筋トレ系) [室内自主リハビリ]

片麻痺のストレッチ(5)


座って麻痺側を上に。座禅を組むように(私はこれがせいいっぱい)。又関節の柔軟性ストレッチ。バランスに注意してください。

P_20170705_100133_BF (3).jpg



ついでに、この状態から寝っ転がって、ヒップリフト。ふとももの後ろ(大腿二頭筋)、お尻の筋肉を鍛える。10~15回程度

P_20170705_095611_BF (2).jpg



次いで麻痺側だけでヒップリスト。健足は伸ばしたまま。10回程度(結構キツイ)

P_20170705_095623_BF (2).jpg







それじゃ~また。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

(4)前にかがむー>座って麻痺側を上にー>寝た状態でひねって麻痺側上に [室内自主リハビリ]

片麻痺のストレッチ(4)


前にかがんで、ふくらはぎを伸ばします。少し麻痺側を前に出します。

P_20170705_095757_BF (2).jpg



次に、座って麻痺側を上にします。健手で麻痺側を手前に引いて、麻痺側のお尻伸ばします。自撮りなものでスイッチ写ってます(汗)

P_20170705_095412_BF (3).jpg



上がバランスが取れずやりにくければ、寝た状態で身体をひねりながら行います。この時麻痺側の肩は動かない様にして、ひねりを利かせます。

P_20170705_095549_BF (2).jpg







それじゃ~また。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 室内自主リハビリ ブログトップ