Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
リハビリ入院記 ブログトップ
前の5件 | -

あっぱれ片麻痺障害者 片麻痺でも精力的!! [リハビリ入院記]

a079f164d4b05738ee32268b0f0bf28e_s (2).jpg

今回のリハビリ入院で、同室になった方の中にKさんという方がおられます。Kさんは49歳の時に脳出血で倒れ左片麻痺となられたそうです。

 

病後6年目の現在、杖は外れ、短下肢装具で歩いておられます。左手の方は、私と同様動かないようです。

 

このKさんの経歴は多彩で、酒造会社を経て、大手デーラーの営業マン、焼き鳥店経営、その後不動産業界に入られ、倒れる前は大手住宅メーカーの地方営業所を立ち上げ、営業所長をされており、なかなか辣腕ぶりが推測されるような方です。

 

また学生時代はラグビー部のキャプテンだったということで、リーダーシップもあるなかなかのナイスガイなのです。

 

このKさんには本当に驚かされました。脳卒中片麻痺障害者にありがちな後悔・くよくよした気持などみじんも感じられないのです。とんでもなく精力的で、生き生きされているのです。この驚きの人物を今回ご紹介いたします。

 

 

まず、Kさん、脳卒中の病後に、はじめての赤ちゃんを授かられているのです。現在赤ちゃんは10ヶ月です。私は最初はお孫さん(?)と思ったのですが、ご自分のお子さんだということで本当に驚きました。奥さんは一回り年下と言うことらしいのですが、この並外れた若々しさホントびっくりです(笑)

 

さらに、病気となって会社を辞めた後、「小説家を目指してる」と言う事なのです。

それも、病後、すでに7本の小説を書き上げ、様々な文学賞に応募したとのことなのです。いまだ顕著な結果は出ていないらしいのですが、この人全く落ち込んだような様子は見られません。次々と小説の構想を話していただきましたが、やはり発想が豊かなのです。また登場人物には個性・面白さがあります。

 

私は、脳卒中片麻痺障害となって以降、こんな精力的に生きている同病者の人初めて見ました。私もKさんから大きな刺激を受けました。こんな出会いに本当に感謝です。ある意味片麻痺障害者となったからこそ出会えたと言えなくもないと思います。

 

それじゃ~また。

 

タグ:入院記
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「重いなあ~!」思わずため息がもれました。 [リハビリ入院記]

omoi.PNG


その方も私と同じ左片麻痺障害者でしたが、障害の程度は相当重そうでした。肘関節も手首の関節も拘縮し、 激しく内側に曲がっていました。それだけでなく体全体も曲がっています。 歩行訓練を短下肢装具4点杖で行われているのですが、PTが後ろから体にへばりついて、前方へ移動させています。


 


「重いなあ~!」私は思わずため息もらしました。私が見てきた片麻痺障害者の中でも障害は大変重いように感じたのです。年齢は60代後半でしょうか、表情は無表情で、よだれを垂らされています。


 


ある日、その方がプラットフォーム(リハビリ用の大きなベッド)で 寝っ転がっていたことがありました。PTは、その場から離れており。横のマット・スペースでストレッチをしていた 私は、装具をつけるためプラットホームの 端に腰掛けました。 そうするとその人が私をすごい目で睨み何か言いました。 私は 「ごめん、ごめん。装具つけるんで ちょっと腰掛けさせて。すぐ退くから」 と謝りました。 その人何かつぶやき横を向きました。相変わらず無表情のままですが、 まあ了解してくれたのでしょう。


 


でもその全てを拒否するような怒りに満ちた目つきに、私は凍り付くような感覚を覚えました。 重度の片麻痺障害者の生活の厳しさ、強烈な孤独感を感じたのです。これほどの重い障害であれば 本当に日常生活は大変でしょう。左麻痺ですから言語障害の失語まではないと思いますが、日常的に人とコミュニケーションとっておられるようには感じられません。 重い片麻痺障害者の現実を改めて目の前に突きつけられたようで、 本当に悲しい気持ちになり落ち込みました。多分あの目を私は長く忘れないと思います。


 


もし、あの人が、私のブログ記事を読んだとして、同じ左片麻痺障害者といっても恐らく共感してもらえないかもしれません。


 


ですが、私のブログにも間違いなく私の本音、私の思いがありますから、私はブログを止めようとは思いません。ただ、あの方の様に片麻痺障害の重い方々の心にも届く記事をいつか書いてみたいとの思いを強くしました。


 


それじゃ~また


 

タグ:入院記
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

困った入院患者番外編 つきまとい男 [リハビリ入院記]

AfBlqTzju2tNjI11498330019_1498330254.jpg

リハビリ医のはるか彼方先生と私が話していると、たまたま通りかかった人が先生に話しかけました。「おふたりとも私の患者さんです」と紹介されたこの人、後にわかるのですがとんでもない「つきまとい男」でした。

 

この人左右の手足ともぴんぴんで、軽やかに階段の上り下りしています。脳梗塞ですと言われても最初まったくぴんと来ませんでした。ただ、少し話すと、この人すぐ泣き出すのです。典型的な感情障害の症状です。それで、やはり私と同じ脳卒中かなと少し納得しました。発病後1ヶ月ですが、もういつ退院してもいいとはるか先生からの許可はでているのです。

 

それで話するようになったのですが、すぐに車の運転について教えてほしいので部屋を訪ねてもいいかと言ってきました。私は同室者の退院が相次ぎその時たまたまひとりぼっち部屋になっていたので、気楽に承諾しました。

 

この人、計算ができない。ものをすぐ忘れる等ひどく気にして落ち込んでいるのです。「そんなもん…なんぼのもんじゃい!」と思いましたが、私と違い右麻痺の高次脳機能障害ですので、口に出すことができませんでした。

 

すると次の日の夜は夫婦で話が聞きたいと言います。私の経験も少しは役立つかなとこれも承諾しました。

 

夕食のあと面会時間が終わるまでの1時間程度話しましたが、優しそうな奥さんでした。

 

驚いたのは次の朝です。朝食が終わってすぐこの人私の部屋へ現れたのです。昨夜奥さんを交えゆっくり話し合ったその翌朝です。これ以上何を話すのか??

 

それからです私のリハビリが終わるのを毎日待っている。私はいつもリハビリ室が閉まる直前までリハビリを続けるのですが、それを待っているのです。

 

2~3日を経てわたしの病室にも新たな入院患者がありました「もう部屋で話すことは他の方の迷惑になるのでできません」と伝えました。

 

すると今度は「部屋の外で話しましょう」などといってくるのです。私は今日は疲れているなどと適当な理由を付けて断っていました。

 

そうするとリハビリしている私の側に来て「メガネさんと、話しできないなら入院していても仕方ない」などと情けない顔をするのです。あれこれ考えて夜もなかなか眠れないようでした。

 

もう先生の許可も出ているのだから退院されたらどうですか。ここで悶々とした日々を過ごしていたら別の病気になりますよ!!たとえここで24時間他人と喋っていても自信はよみがえらないですよ。それより早く日常生活に戻って、できることを確認しながら自信を取り戻す方が良いのではないですか。体はこれだけ動くのですから、他人に頼っていちゃダメですよ。

 

わたしのアドバイスが効いたかどうか翌日の午前中に奥さんとともに退院されて行かれました。私の付きまとわれも無事終了しました。

 

このことが気になり、後で色々調べていくと「脳血管性うつ病」という疾患に行きつきました。幸いテレビの放送大学でこの疾患に関しての講座がありましたので、その内容を当ブログでも後日シリーズでお届けします。

 

     それじゃまた。


タグ:入院記
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病院食(夕食) [リハビリ入院記]

病院食(夕食)高血圧食 2000カロリー 6時13分


P_20170609_181356.jpg
P_20170610_062547 (13).jpg
「みそ汁付いてないぞ~」
それじゃ~また。

我が家の夕食


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コミュニケーション能力(2)「聞く力」が大切だった [リハビリ入院記]

00829843e33b8e5612af02554b860e9e_s.jpg

私は、男であってもよく喋ることがコミュニケーションのためには必要だと思っていました。が、それだけでないことが今回の入院でよくわかりました。コミュニケーションのためには、人の話が聞くことが最も大事なのです。


同室の入院患者の方の中に、気さくでよくしゃべるご老人がおられました。

何度も話していて気付いたのですが、この老人、喋るのは自分のことだけ。よく喋る男性は確かに貴重ですが、でも自分のことばかりペラペラ喋っているだけ。


しかもその経験が豊かであればいいのですが、小さな世界の狭い経験だけ。結局、何度も同じ話を繰り返しているだけ(ブログ村にもおられます、こんな人)。たまに、申し訳程度に相手に質問しますが、そのことを受けて新しい展開には話を持っていけない。これではコミュニケーションは取れません。


今回、思いがけないことに、私はお二人の方から「メガネさんは、本当に喋りやすい人だ」と言われました。


一人は、脳卒中片麻痺となった後に作家を目指し奮闘されているKさん。もう一人は、退院も終盤にさしかかってから隣のベッドに入院されてきたYさん。この方、普段人懐っこい笑顔の方なのですが、時に恐ろしく眼光鋭い。どうもかって裏社会の人だったようなのです。しかもかなり大物だったようなのです。今回、個室が空いていなかったと言う事で同室になりました。このお二人の方々とは、直ぐに意気投合(?)して、本当によく話をしました。もう互いの生い立ちまで知っています。


お二人とも非常に社会経験豊富で話にユーモアがあって実に面白い。それだけでなく相手の話もじっくり聞かれるのです。一方的に自分のことを喋るだけではありません。

 

「メガネさんみたいな人は、奥さんが相当苦労されたと思います」

 

「う~・・・・(背中に立派な彫りものしょったあんたが言うか!?)」

 

笑いながらもずばりと核心を指摘もされる。私は一見出来損ないの地方公務員くらいにしか見えないのですが、この方たちは観察力が非常に鋭い。たちまち見抜かれてしまいました。別の意味で恐い人たちです。ふとしたしぐさや会話から非常に多くの事を感じ取られるようなのです。


お二人とも冗談言いながら看護師さんとのコミュニケーションもうまくとられます。何より気さくで上から目線での物言いがないのです(本当ですよ!)正に人間力だけで環境に適応しようとされています。



お二人からは「聞く力」の大切さ等様々なこと教えていただきました。そしてお二人から「こんな話しやすい人初めてだ」とほめていただけたのは、大きな自信になりました。

 

それじゃ~また。

 

タグ:入院記
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - リハビリ入院記 ブログトップ