Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
生活動作の方法 ブログトップ

片麻痺の生活動作方法の3つの原則 [生活動作の方法]

sagyou-haniキャプチャ.PNG


前回風呂上がりの着衣の動作方法の手順をご紹介いたしましたが、今回、片麻痺の生活動作方法の基本をまとめておきたいと思います。次の、2つの原則プラス我々脳卒中後遺障害者特有の原則を今回加えています。


 


1.身体の使用に関する原則


2.道具の使用に関する原則


3.脳卒中後遺障害者に関する原則


 


まず左の図をご覧ください。左片麻痺と、右片麻痺では使用する健手が違いますので、当然、動作範囲と手順の方向は逆になります。


原則を確認します。


 


1.身体の使用に関する原則


 


(1)なるべく体を動かす範囲を小さくします。


 


2動作は連続曲線運動にします


図のように左回り、右回りなど左麻痺・右麻痺それぞれ回りやすい方向に連続して行う様にします。


 


3不自然な姿勢や制限された動作は避けます。


体のひねりはできるだけ少なくします(図の「苦手な範囲」)です。しゃがむ姿勢が苦手な場合もありますので注意してください。


 


2.道具(道具・器具・器機)に関する原則


 


1作業エリアは、なるべく狭くし、道具等(工具、器具等)を作業順序に合わせて置きます。図の矢印の範囲にできるだけ置くようにします。


 


2)道具等は作業者(障害者)に近接し、そして前に置きます。


 特に「固定電話機」は片麻痺障害者にとって、すぐ取れず慌ててしまい苦戦する物の典型です。できるだけ身近に置く工夫をしましょう。そうでなければ、介護者が取ると決めておきましょう。他にもゴミ箱です。生活からはゴミが出ます。健常者は部屋の隅の目立たないところに置こうとしますが、我々には身近に。移動できるタイプも便利です。


 


3作業台、椅子は作業者(障害者)に合わせます。疲れの少ない高さ、形にします。


 足が床について、作業台はそれに手をついて立ち上がれる高さで、しっかりしたものを使用することが大切です。


 


4操作は、なるべく体の位置や姿勢を変えずに操作ができるようにします。


 原則、矢印の範囲で行います。回転椅子などは便利です。


 


3.脳卒中後遺障害者に関する原則


 


1)動線(障害者が動くライン)に注意


障害者の日常生活上の動線(トイレや食堂へ行く動きのライン)上の床に物を置かない。特に健足が引っかかりバランスを崩すと、転倒は免れません。廊下など通路に物を置かないようにしましょう。また障害者の同線には幅にも注意してください。健常者には何でもない通路の幅でも、障害者は苦戦します。なお、通路幅の基本は肩幅の40cmですが、片麻痺障害者が歩行する場合は、+20~30cm程度は欲しい所です。


 


2)置く位置を変更しない


これも脳に損傷を受けている我々障害者には重要なことです。昔のことは覚えていますが「短期の記憶」に問題が出ることが多いのです。ですから道具等の位置は替えないのが原則です。


 


3)美しい部屋より、安全・安心な部屋


上記の(1)(2)からも言えることですが、家具などの配置においてもそうです。まず安全・安心に暮らせる空間づくりが第一です。それは健常者が考える「美しい部屋」とは少し違っています。


 


 


これらの原則をふまえて障害の程度に応じた最適の生活動作を考えてみてください。


我々障害者には「身体(筋肉・神経・脳・関節等)」の事を知ることも大事ですが、それより「自分(固有)の生活動作」について考えることの方が慢性期には大切です。なぜなら「身体」のことに関しての研究者は山ほどいますが、「自分(固有)の生活動作」について研究するのは自分と介護者しかいないからです。


 


それじゃ~また。


タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

個性的でいい!健常者風の前歩きだけでなく、安全な歩行に基準を変更する。 [生活動作の方法]

私、不細工(ぶさいく)なんです・・・?

dc36ed66211d8be16cecdc93b5626c07_s.jpg
顔はもちろんそうですけど、歩く姿勢にスマートさが全くありません。杖をつき、どったんばったん歩いている感じでしょうか。それに時々横歩きや斜め歩きまでしますので、大概の人にギョッと驚かれます。

こんなこと書くと、ランク上位のブロガーから「ちょっと普通と違う歩行されている方。健常者風歩行でないとね。変な癖がつくということですよ」と、またまた嘲笑のやり玉に挙がってしまいそうですが(笑)

目立つことは、存在感があり安全です
そんな姿なので、散歩中出会う人や車は、100%避けてくれます。「そこまで大げさに避けるか!?」というほど大きく迂回してくれる人もいます。

もちろんスーパーやショッピング・モールなどではそれほどではありませんが、やはり避けてくれます。中には、杖をついて肉売り場で肉をしげしげと眺めている私の横から突然手を伸ばす強心臓の関西のおばちゃんもいますが。

やはり皆さん、私の歩行フォームに多少違いを感じるようです。
高次脳機能障害の方にとって、外見が全く普通に見えることは、一つの大きな悩みですよね。ですから私が多少違って見られることはそんな悪いことではないと思います。年令からしても、今更外見で女性に持てるはずもありませんから。

フォームより安全に歩くことに価値基準を変更する
慢性期には、同病者の多くが歩行中転んでいます。骨折して1~3か月入院する人はざらです。ですから、慢性期の我々には健常者に比べフォームは多少不細工、さらに横歩き等異形の歩きでも、安全に歩くことが一番大切なのです。そこに価値基準を変更すべきなのです。目立つためにも、杖は必須アイテムでしょう。もちろん腰など体を痛めることに留意が必要ですが、そもそも安全な歩き方は体への負担は少ないはずです。

そこがセラピストの指導に大いに違和感を感じる点なのです。とにかく何でもかんでも健常者と同じ姿で歩かせようとして、かえって無理して歪んで、不自然な歩き方になっていくような気がして仕方ありませんでした。
もちろん健常者の歩き方が、効率的で安全なことは、言うまでもないことですが、それは健常者に言えることで、障害者には能力の限界があります。急な坂道で足がすくんだ状態での健常者の歩きは片麻痺には厳しい面があります。雨の日、健常者の歩き方にこだわっていたら私は未だにずぶぬれで歩いていなければなりません。ですから私は横歩き等異形な歩行を今後も続けます。ただし、前方二動作歩行の改善(分回し等)、横歩きの改善などにも併せて取り組んでいきます。
金沢大学の生田教授の横歩きに疑問が解かれました
障害の程度や、歩く場所の状況により様々な歩き方があっていいのでは?とずーと思っていました。
その疑問に唯一答えてくれたのが、金沢大学の生田教授でした。先生は日本でセラピスト・作業療法士として初めて医学博士となられた方で、臨床家として、大学教授として実践と理論両方に精通されておられます。片麻痺障害者のADL(日常生活動作)研究の第一人者です。横歩きも積極的に勧められています。先生の指導はこちらから。
イチローも野茂もフォームは変則です
日本人野球選手のパイオニアとしてメジャーリーグで大成功したイチローも野茂もフォームは変則です。でも彼らが、日本のセオリー(確立されたファーム)にこだわってばかりいては、大リーグでの大成功はなかったでしょう。自分に合ったフォームを自分で考えて確立したから大成功できたのです。
それに特筆すべきは二人ともほとんど故障しない事です。いかに自分に合ったフォームが大切かをこのことは教えてくれます。

個性的でいい。安全な歩き方を目指すべき
脳の損傷によって元の歩き方が困難な人が圧倒的に多いと思います。我々は、それぞれ損傷の部位が同じではありません、その意味で全て個性的存在です。したがって自分にあった安全な歩き方を目指すべきで、他人と違っていても気にする必要はありません。


セラピストはそれを指導できなければならないと思います。健常者とフォームを比べるだけなら素人でもできることです。健常者の歩きかた(前歩き)をベースとしながら、それぞれの障害の程度に合わせた安全な歩き方を提案すべきなのです。セラピストが、まず価値基準を変更すべきなのです。安全な横歩きの指導もすべきです。つまり実生活に即した実践的な歩行の指導をすべきなのです。

それじゃ~また。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

片麻痺生活 風呂上がりスムーズに着衣するための動作分析 [生活動作の方法]

a02a3d945a47d69b596de088df979f72_s.jpg
片麻痺生活は当初、不便の連続です。片手でどうやって風呂に入り着替えるか等工夫を重ねる必要があります。介護の負担を減らして、いかにスムーズに安全に目的の行為を完結させるか悩みも多いです。

この解決ためには、工場で勤務された経験をお持ちの方はよくご存じの「製造工程における動作分析」が非常に強力な武器になります。
これは何も難しいことはありません。要するに動作をよく観察して、安全で効率的な方法を探し出すと言う事です。片麻痺生活で色々応用できますので、今回「着衣」を事例にして基本的な手順を紹介していきます。

1.安全でスムーズな経済的動作は「身体」と「道具」の使い方に尽きる。

疲労を最も少なくして、仕事を早く正確にこなす「動作経済の原則」を簡単にご紹介します。これには身体の原則と道具の原則があります。片麻痺障害者に有効と思われるものをいくつか抜き出します。介護者は是非この原則をご理解ください。例えば部屋の中でゴミ箱はどこに置いてあげるのがよいかこの原則を理解しておけば容易に判断できます。

(1)身体の使用に関する原則
・なるべく体を動かす範囲を小さくします。
・動作は連続曲線運動にします(左回り、右回りなど左麻痺・右麻痺それぞれ回りやすい方向に連続して行う様にします)。
・不自然な姿勢や制限された動作は避けます。(体のひねりはできるだけ少なくします)


(2)道具(材料や工具等)に関する原則
・作業エリアは、なるべく狭くし、材料(衣類)や工具(くし、ドライヤー)を作業順序に合わせて置きます。
・工具、材料は作業者に近接し、そして前に置きます。
・作業台、椅子は作業者に合わせます。疲れの少ない高さ、形にします。
・道具類の操作は、なるべく体の位置や姿勢を変えずに操作ができるようにします。


2.「風呂上がりの着衣」の事例
(1)サイクルを回す
基本の手順は4つ。観察、計画、実施、修正です。このサイクルを回します。実際、皆さん無意識にやられています。これは片麻痺生活のあらゆる動作に応用できます。
①観察
まず、初めに着替えているところを介護者にじっくり観察してもらいます。
②計画
どうすれば安全(椅子に座ったままで)に着衣するか、一連の動作をスムーズに行うために、パンツ、くつした、シャツ、ズボンを何所に、どのように置くかを介護者と検討し考えていきます。
③実際に試してみる
「走りながら考える」のが基本です。議論ばかりしていては前に進みません。まずやってみます。
④修正
 結果を踏まえ修正します。
 
①~④のサイクルを回します。このサイクルを少し意識してください。

datuizto-2キャプチャ.png
(2)事例 私(左片麻痺)の場合をご紹介します(図-1)
<1>まずパンツとくつしたはイスの前に置きます。私は裸足で歩行は困難ですので、くつしたは常にはいておく必要があります。片手でくつしたはくためくつした入り口を折り返してはきやすい状態にして置きます。①ーー>②で動作が進みます。立ち上がりは前の洗面台、もしくは右手の浴槽入り口の手すりをもって立ち上がります。


<2>シャツとズボンはスペースの関係で後ろに置きます。最初はシャツの位置にズボンも一緒に置いていたのですが、夏場など上半身の汗が引きにくい時はズボンを先にはきたいので、別にしました。ズボンの位置が体をひねって右手でとらなければいけないのでこの動作が一番不安定ですが、これは1回きりです。シャツ(上着)は何枚か重ね着しますので、取りやすい③の位置です。


 
 通常は①ーー>③と時計回りで進みますが、夏場などはズボンの後にシャツになります。
ズボンの位置を前方の右端に置ければ理想的なのですが、残念ながらスペースがありませんでした。それから今の私は風呂上がり整髪しません。髪は天然乾燥で、くしも整髪料も使いません。従いまして道具の使用無し(苦笑)ですのでこれでお終い。
この様に自分の体に合わせトイレ、食事等様々な動作分析を行うと片麻痺生活も非常にスムーズになってきます。
  それじゃ~また。

アンケートのお願い

「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)




タグ:片麻痺生活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

入浴、手すり等の浴室の配置 [生活動作の方法]

08キャプチャ.PNG
今回から何回かに分けて、入浴について、私のケースをご紹介します。まず浴槽の配置ですが、右の図の通りです。私は左麻痺で、腕と手は全く動きません。


浴槽はシステム・バスで、図のように手すりをつけています。特にL字型の手すりは立ち上がるのに欠かせません。横一直線の手すりは立ち上がるのに不安定でコツを要します。L字型の縦方向の手すりが立ち上がりには便利です。(注)左のドア上の縦長の直線は手すりでなく壁です。短い方が手すりです。

「移乗ボード」には、大変重宝しています。この前はイスを置いていましたが、イスに比べ安定感があり浴槽への出入りが非常に楽になりました。さらに移乗だけでなく、ここに座って体も洗っています。


「移乗ボード」は介護保険の「特定福祉用具購入サービス」を利用して購入しました。都道府県の指定を受けた事業者から購入する必要がありますが、その場合は1割の自己負担で済みます。
ただ購入価格はAmazonに比べると高く設定されていますし、当然納入まで期間を要します。私は業者が忘れていたのか、1か月近く待たされ、市役所に苦情を申し入れました。

パナソニックエイジフリーライフテック 移乗台 N-500 VAL13001

パナソニックエイジフリーライフテック 移乗台 N-500 VAL13001

  • 出版社/メーカー: パナソニックエイジフリーライフテック
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
参考に、Amazonのカタログを記載しておきます。先ほど言いましたように介護保険を利用する場合は、Amazonから直接買ってはいけません。多少高くてもケア・マネージャーを通して都道府県の指定業者から購入するようにしてください。特定福祉用具は、1年間総額10万円までですが、1割負担で購入できます。2万円の移乗ボードなら2千円の自己負担です。ただし一旦全額を業者に支払い、後に市町村の役所より9割払い戻しを受ける方式です。何年かたって、汚れてくれば、何度も購入できます。


次回は、服の着用の手順についてお話します。

それじゃ~また。

アンケートのお願い 


「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)



タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
生活動作の方法 ブログトップ