Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の5件 | -

奥野有紀子(資生堂)頑張れ! [スポーツ]

63d78942ab2832c49f102d2735d77e35 (1).jpg


今日は「都道府県対抗女子駅伝」の日ですが、私はある一人の選手をを思い出しています。


 

京都代表として2年連続でアンカーを務めた奥野有紀子(資生堂)選手です。奥野選手は2年連続1位でたすきを受けたにも関わらず2度とも逆転されてしまった。第33回15年は2位、第34回16年では1分以上のリードをもらいながら愛知の鈴木亜由子選手に追いつかれ結局4位にまで落ちた。


img_news.jpg images (1).jpg


こう聞けば思い出される方も多いのではないか。レース後涙にくれる奥野選が、私は強く印象に残りました。


 

京都は優勝回数10回以上を誇る圧倒的ナンバーワンの存在です。京都の代表でしかも最長区間の10区を任される奥野選手が弱い選手であるわけがない。事実京都産業大学時代にはユニバシアードハーフマラソン銅メダル獲得、2014年大阪国際女子マラソンは学生でトップの8位入賞と素晴らしい実績を残しています。


 

ただ奥野選手は典型的な持久型のマラソンタイプの選手です。10キロ というと駅伝では長距離区間ですが、マラソン型の選手が勝負するには短すぎるのです。これが一番得意なのは、トラックの1万mを専門とする選手です。奥野選手が敗れ去った相手はリオ1万m代表の鈴木亜選手(愛知)、世界選手権1万m代表松田選手といった1万mトップ選手です。


(写真真ん中が松田選手、左が鈴木選手です)


img_1_m.jpg


 


結局、奥野選手の最終区間は適材適所デなかったのです。強力な京都チームにそんな選手がいなかったということであり、これでは所詮優勝には届かないでしょう。


 

でもこんな派手な逆転劇の当事者に2年連続なってしまった奥野選手、精神的なダメージは相当なものだろうし、陸上が嫌にならなければいいがと、非常に心配になったのです。


駅伝全盛の昨今、こんなマラソン型の選手は苦しいのです。


 

幸い資生堂でそれからも競技を続けられ、2016年東京マラソンでなんと日本人1位となられています(下の写真右)。2017年の名古屋ウイメンズマラソンは残念ながら2:45:56で34位でした。しかし私はこれからも奥野選手のマラソンを応援します。


そういえば、資生堂には加納由理という素晴らしい選手がいました。須磨学園から立命館大学を経て資生堂に入りました。



imgc5af17b2z7fd57.jpeg   ダウンロード (3).jpg
加納選手は1万mも31分台の記録を持っていますが、やはり適性はマラソンにありました。東京国際女子マラソン第2位( 2時間24分27秒 )名古屋国際女子マラソン 優勝(2時間27分11秒 )、ベルリン世界陸上女子マラソン 第7位(2時間26分57秒) など活躍されました。   2016年東京マラソン奥野選手のフィニシュ。日本人1位の輝かしい成績です。ちなみにこの時日本人6位が市民ランナーとして参加された加納選手でした。


奥野選手も加納選手のように是非マラソンで増々輝いてほしいと願っています。


 


頑張れ奥野有紀子選手!


 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東京五輪100mファイナリスト目指せ!1964年東京オリンピック80mハードル決勝では・・ [スポーツ]

img_45cb2ffcfdbf6e8f15955aadd48a398f237352.jpg196

【画像はNuberwebよりお借りしました】

ついにやりました。桐生選手の9.98秒、日本人初の9秒台です。土江コーチも涙ぐんでいました。


私は桐生選手と土江コーチが、対等に近い関係であったことが嬉しかったです。桐生選手はコーチに過度に依存する男ではなかったのです。ハンマー投げの室伏さんのコーチも受けたことにもそれは現れています。10秒を切ってもはしゃいだのはレース直後だけでした。


一方、けがで苦しんで世界選手権代表を逃した山縣選手もやってくれました。10.00秒です。これまでにはないレース後半の伸びに、私は目を見張りました。


これに伸び盛りのサニブラウン、関西のホープ多田選手。短距離王国ジャマイカの血を引く男前ケンブリッジ飛鳥。役者が揃い陸上ファンの私にはたまらない布陣です。この5人の全盛期の間に9.9秒台の前半の記録を!もうそれも夢ではありません。さらに有望な選手も現れるかもしれません。記録以上に期待するのが2020年の東京オリンピックで、このうちの誰かが100mのファイナリストになることです。




1964年の東京オリンピックで陸上競技のファンになった私。この時、依田郁子選手が、80mハードル決勝で見事5位入賞を果たしました。太ももに白い大きなサポータ。レース前にサルのように飛び跳ねる不思議な選手。それがレースになると強烈なスタートダッシュ。最後まで互角以上に戦える選手。そんな選手は、その後日本女子陸上短距離界に誰も現れていません。


2020年100m決勝のスタートラインに、日本人選手の誰かが立つ。できればファンの桐生選手か山縣選手、はたまたサニブラウンの顔も好きだし、多田は関西の星やし、ケンブリッジはイケメンや。私はもうそんな姿を想像して幸せな気分に浸っています。


それが、依田さんへのレクイエム(鎮魂曲)になると思うのです


依田郁子さんは東京オリンピックから19年後の1983年、自宅にて自ら命を絶たれました45歳でした。道を究めるトップアスリートの悲哀も私は感じてきました。


もし、そんな夢が実現すれば、もう二度と陸上競技をみれなくても私はかまいません。



それじゃ~また

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

走るソクラテス 山縣亮太(陸上100m) [スポーツ]

 
f716ba23.jpg

(右端、山縣選手、左から2人目 桐生選手)

 

日経トレンディ2017年3月号に次の記事が記載されていました

 ---------------------------------


日経トレンディ2017年3月号

日経トレンディ2017年3月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: 雑誌



177cmとそれほど、体格に恵まれなかった山縣が日本を代表する選手に上り詰めたのは、中学・高校から指導者に教えられるのではなく、自分の身体を実験台に知恵と知識を得てきたからだ 。


身体とともに脳にもたっぷりと汗をかき1000分の1秒を縮めるための薄皮を一枚一枚剝がすようにタイムを削ってきた。


日本記録保持者の伊東浩司さんは「山縣は短距離界で最も考えている選手。記録が破られるのは時間の問題」と太鼓判を押す。

-------------------------------------------

 

私は桐生祥秀選手が滋賀県の彦根の中学生だったころから秘かに注目しており(中学生の全国大会で、確か6番に入った)、国体で、10秒21で高校記録を塗り替えた時は、本当にうれしかったです。


彼も日本の一流の選手になりました。彼は、洛南高校、東洋大学とすぐれた指導者に教えを受けています。


いがぐり頭の桐生選手、山縣選手の様にスマートではありません。スマートでない私は、これまで桐生選手に肩入れしてきました。


しかし、この記事を読んで「自分の身体を実験台に知恵と知識を得てきた」山縣選手に、片麻痺障害者の自主トレ姿がダブり始めました。


これからは両方応援します。前回の『瀬古利彦と為末大。「管理型」か「選手主導型」か』の興味も引き続きありますし・・・。

 

ただ本音は、桐生選手には「選手主導型へ」ぜひ脱皮してほしいのです。それで9.9秒台の前半まで行ってほしい、私は桐生選手に期待しています。

最後は結局、桐生選手へのエールになってしまいました(苦笑)

 

それじゃ~また 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

テレビのスポーツ番組、お気持ちは? [スポーツ]

28277bd310e26a1dc7a5175fabd63333_s.jpg

ここ何年テレビのスポーツ番組を最後まで見ることはありません。

選手へのインタビューのせいです。


「あの時どんなお気持ちでした?」「今のお気持ちは?」「お客さんに向けて一言」

いつもワンパターンで不愉快極まりないのです。


小学生の大会でも、プロの試合でも結局インタビュワーは同じことを聞いているのです

それも毎試合毎試合判で押したように同じことを聞いています。


サッカーの元日本代表監督オシムさんが「そんなに私の気持ちが、重要なのか?」と返答したことがありましたが、本当にそうなのです。


スポーツの試合には展開も、技術も、戦術も、偶然もある。それを楽しみに見ているのに

結局、すべて「気持ち」に集約してしまう。中継スタッフの方々「思考停止」に至ってないですか?


どんちゃん騒ぎの応援、「気持ち」「気持ち」のインタビュー。実況アナウンサーも「世界選手権3連覇」などと誰もが知っている形容を何度も何度も繰り返す。解説者は単なる応援団。私はもう試合以外には耳を塞いでしまいたいのです。それで消音観戦が多くなります。


監督の力量を知るのも、試合前、試合後のインタビューです。サッカーはネットで詳しく紹介されます。こちらは面白い。


多弁な監督が優秀なわけではありません。サッカーなど他人事のようにペラペラ分析する監督がいますが、「あんたは未だ解説者かい、なぜ自分の分析が結果に結びつかないのか、そこんところの分析をお願いします」と毒づいている私です。


ところでわが愛する阪神タイガース。最近の監督のM監督、W監督への開幕前ロング・インタビュー。一発でこりゃアカンワ!と期待が一気にしぼみました。野球を知らない我が女房も呆れている。言葉は恐ろしい。

 

「今日のリハビリ中は、どんなお気持ちでしたか?」「今日のリハビリを終えられた今のお気持ちは?」
(吠え)それがどうした!「自分の気持ち」など、いくら考えていても回復などせんわい!
まあ誰もインタビューしてくれませんが(笑)患者同士でもこんなバカなこと聞かないですよね。
 
それじゃ~また。 

タグ:スポーツ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬古利彦と為末大 その3(最終章) 管理型より選手主導型に [スポーツ]

■管理型より選手主導型に
1294380529e1a62f80bfb7ae27dbafc6a1fd4364c1.jpg
◇ここ最近選手の自主性に任せる指導法で選手が好成績を出し始めた。卓球女子日本代表や箱根駅伝3連覇のの青山学院大学である

◇選手主導型の良い点は自分がやりたくてやっているという姿勢が貫かれることだ。同じ練習でもやらされるのではなく自分のためにやっていると感じる人間の練習の効果は格段に違う。

◇理論的に正しい練習を主体性なくやる場合と、たとえ練習内容に根拠がなくても主体性をもって行なった場合では後者の方が選手の成績が良かった。正しい戦術よりも個人が主体性をもって取り組む方が影響は大きかったのだ。 

◇管理がゆるめば確かに自分で自分をコントロールできない人間のパフォーマンスは落ちてしまうだろう。また自由になれば本人が自分で考え意思決定をし、その結果責任をある程度引き受けなければならないため、考えられない人間や主体性を持てない人間は取り残されてしまうだろう 。
 
◇管理型は問題が起きにくい、綺麗に整った世界を作るには向いているが、完璧が故に個人が何かを思いつき生み出し変化していく余地を奪ってしまう。

◇その根本にある人間観を変えていく必要があるのではないだろうか。 

-------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたか、どうやら軍配は「選手主導型」に上がりそうです。ただし青山学院陸上部の原監督ように指導者がうまく「選手主導型」に導くことで、より多くの選手において成果が上がるのでしょう。
 
しかし為末さんの聡明さには驚きます。これがある意味「選手主導型」の成果なのでしょう。コーチをやれば、瀬古さんより為末さんの方が確実に結果を残しそうな気が私はします。

ところで、脳卒中片麻痺の同病の方の中にも、きわめて熱心に自分で勉強し・研究し主体的に自主リハビリに取り組まれる方がおられます。渡辺一正さんなど体験記を書かれた方のみならず、現在のブログ村にもおられます。やはりこのような方が成果を上げるのでしょう。

回復期の病棟では一般的にセラピストの言うままリハビリに取り組みます。脳卒中で倒れる前に、脳卒中リハビリの知識を持っているはずないのですから当然です。

ただし殆どのセラピストは瀬古選手を指導した中村先生のような見識や情熱は持っておられません。
また、前に紹介した上田敏先生、大川弥生先生などの様に「障害者主導型」に導こうとするセラピストも殆どいません。

 このような困難な状況の中で、為末さんはの見解は、我々自主リハビリに取り組む片麻痺障害者に大変心強い提言です。
 
  おわり 

 
    

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - スポーツ ブログトップ