Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
丹下右膳の運転記 ブログトップ
前の5件 | -

片麻痺の運転免許更新 [丹下右膳の運転記]

1cc6150b5cb4f3bbd97285304370bad5_s (2).jpg


運転免許の更新なのですが、私は、病後2回更新しました。
しかし以前からの更新とほぼ同じ。思いっ切り心配した割には取り立てて何の苦労はありませんでした。私の場合、全くの拍子抜けです。

この丹下右膳の運転記は私の体験記ですので、実体験をお伝えします。ただ免許更新に関しては、簡単であっただけにノウハウの蓄積がありません。それで下記に参考となるブログ記載します。


私の体験は、自分で車を運転して警察署に行き、窓口で書類申請、視力検査。
「講習会の会場二階ですけど 、階段一人で上がれますか?」
「大丈夫です」
「混雑しますので、当日少し早めに来てこの受付に声かけてください」
「わかりました」


これで終了です。2回ともほぼ同じ。


私の親友は西日本のとある県の県警交通課一筋。最後はかなり責任ある立場に就いていました 。
その彼が定年を機に私の家に遊びに来ました。私が片手運転でいろいろな所を連れまわしたのですが、


「お前の県やったら、俺の運転は許可されるか?」ふと聞いてみました。
「問題あ~りましぇん」ということでした。 




片麻痺運転免許に関して、参考にしていただけるブログです。

■障害者自動車運転研究会
http://www.reha-drive.jp/

20170303キャプチャ.PNG


右側のスライド集をご覧ください。「脳卒中患者の自動車運転再開に必要な能力」スライドがわかりやすいです。



他にも障害者個人の体験記も参考になります。長豚剛様、プーコ様有難うございました。

■「豚剛の片麻痺ブログ」

http://ameblo.jp/tsuyoshi-nagabuta/entry-11923005263.html


■「プーコのブログ・、脳梗塞からの歩み」

http://ameblo.jp/phooo-ko/entry-11451123664.html


それじゃ~また。 


タグ:運転記

丹下左膳の運転記 路上編6 バックが難しい [丹下右膳の運転記]

s-5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s.jpg
脳卒中片麻痺になってから、駐車場でのバックの感覚が中々戻りません。

私は、運転を再開し7年になりましたが、以前は、難なく操作していたのに、上手く操作できなくなったことが幾つかあります。

その一つがバックでの駐車。これ今だに感覚が戻らない。 
 
以前は、女房のバックの下手さに「信じられへんわ~」と何度もあきれ返りました。
が、今は自分で自分を「信じられへんわ~」とあきれ返っています(泣き)

左右に車が駐車していると、これが目印になって比較的バックしやすいのですが、左右何も目印がないとダメ。2~4度切り返し何とか駐車しています。

空間認識が障害されているのか・・・。自分でもうんざりします。このバックだけは未だに時間を見つけ練習します。
 
◇札幌のペーパードライバー講習

 
 
◇明石ドライビング・スクール

 
ホンマ、脳卒中での中枢神経の障害って厄介ですわ。何処に障害が出るのか未だ戦々恐々です。トイレも近いし、我慢も利かない等々他にも色々あります。
 
私は未だ、「脳卒中後遺症」という疾患の全体像がつかめていないのでしょう。だからもどかしさや怖さを感じるのでしょう(特に運転において)。その意味で「高次脳機能障害」のこと等ももう少し知っておいたほうがよさそうです。
 
 
それじゃ~また。 
 
 
 
 

タグ:片麻痺生活

(路上編)その5 ETCカードは必須、何かをしながら別のことをしない [丹下右膳の運転記]

s-97ed5e9ac14f77139697bbb09b0e29fe_s.jpg
私は、運転を再開し7年になりましたが、以前は、難なく操作していたのに、上手く操作できなくなったことが幾つかあります。

その一つに「パーキング・ブレーキを解除し、素早くブレーキべダルを踏む」という操作です。どうしても足でペタルの位置を探してしまい操作が遅れるのです。
 
それで、信号などで停止した時はブレーキぺタルを踏んだままの状態で止まるようになりました。
 
この状態で困るのは、高速道の出口などで料金の支払いを現金でする場合です。財布から現金を出そうとすると、そちらに意識が集中し、足元のブレーキが甘くなります。ですから私には、高速料金はETCカードによる支払いが必須となりました。

私は片麻痺になって、1つのことにしか意識がいかくなっています。運転中に会話することなど以前は何でもなかったのに、病後はこれが難しい。
 
横でキツネ(女房)が、何か言っても適当に生返事のことも増えました。「片麻痺運転、運転中は運転に集中!」です。何かをしながら別のことをしない(ブレーキ踏みながら現金で支払い)のも重要な点だと思います。
 
それじゃ~つづきはまた 

タグ:車運転

運転記 (路上編4) 高速道路出入のランプウェイはお気をつけあそばせ! [丹下右膳の運転記]

s-kousoku.jpg

ランプウェイというのは、高速道路や自動車専用道路の本線車道への流入や流出のための取付道路なのですが、写真のように一見ゆるやかに見えますが、実際これは大きくカーブしています。なかなか一般道にはない大きさのカーブです。

左カーブの時、私は、麻痺側に体が倒れそうになるのです。最初、健常の時と同じような感覚で曲がり始めたのですが、大きく体が傾いてしまい驚きました。これは電車に乗った時も感じたのですが、私の場合、バランスをとるのが非常に難しくなっているのです。おまけに麻痺側の足でつ踏ん張れない。当初はかなりこれが恐怖で、後ろの車が詰まるくらい本当にゆっくり曲がってました。運転席左のひじ掛けが本当に役に立ってくれました。

これは2~3年くらいで、ゆっくり改善されてきましたが、バランス感覚と麻痺側の足の踏ん張りがきかずカーブに弱いのが、我々の特徴なのでしょう。本当に「お気をつけあそばせ」なのです。

   それじゃ~つづきはまた 


タグ:車運転

路上編その3 安全・安心な車 [丹下右膳の運転記]

697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s (2).jpg
結局、私は、もう一台、自動ブレーキの「ぶつからない軽自動車」を購入することにしました。
 
これならライトも自動点灯ですし、片麻痺運転手には何かと楽で安心です。
私と妻とで2台の車を状況に合わせ交換しながら運転することにしました。
 
私は、慣れない市外へは、この車で出かけることにしました。確かに痛い出費ですが、安全には変えられません。

これから10~20年後「自動運転の車」がどれだけ実用になるのか本当に楽しみです。老いて70代に入れば、私は、ぜひ購入したいと考えています。
 
それまで庶民にも手が届くほどの価格になっていることを切に望んでいます。がめついあんたは、関連の株を今のうちに仕込んでおいて、それを購入資金にあてるのだろう?(笑)との声も聞こえてきそうですが、私、この分野はさっぱりわかりません。もう遅すぎる気もします。
 
TOYOTA、ベンツなどの既存の自動車メーカ単独か、GOOGLE&ホンダ、apple&自動車メーカーなどの企業連合か、新たな新興企業が覇権を制するのか?市場が巨大だけに世界規模で他分野からの多数の企業も参入もしてくるでしょう。ファンド(投資信託)を買うのがせいぜいですが、それでも何とか10年後に備えたいと思っています。

タグ:車運転
前の5件 | - 丹下右膳の運転記 ブログトップ