Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ
前の5件 | -

男の老いは危険だらけ。老人世界は女の天下。 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

s-5SRvyx433OMDTGr1485726424_1485726659.jpg

私と同じ様に脳卒中後遺症による重度障害により仕事の早期引退を余儀なくされた方も多いのではないかと思います。

 
また、私も還暦に達して、同級生で定年退職した人も増えてきました。
 
定年退職して「濡れ落ち葉」と言って女房に引っ付いて回った挙句、忌み嫌われるということがよく言われます。
 
逆にそうならないために強迫的に熱中できる趣味やその仲間を探し回っている。そんなあっせてしまっている同級生さえ見かけます。
 
 
では老後とは、どのような世界なのでしょうか。テレビの「人生の楽園」のコンセプトは「趣味に生きがいを見出し、生き生きとした第二の人生」と思われますが、それは、あくまでTVの世界の中のことで、万人に共通する様には思われません。
 
まして「そばや」や「田舎カフェ」がそんなに簡単に成功するとはとても思えませんし、実際にそんな大胆な人は少数派でしょうが・・・。
 
私の住んでいる地域は京阪神から車で1時間半程度で、この番組で「地元客と京阪神からの観光客でにぎわっている」紹介された店(経営者)が幾つかありましたが、番組放映のあと、数年も繁盛している店の話など聞いたことありません
 
 
それで、もう少し現実的に男の老後、老いた男が置かれるのはどのような世界なのか、
探ってみたいと思います。
 
 
まずいきなりですが、老人介護施設を、覗いてみたいと思います。そこに典型的な男の老後の世界が垣間見ることができると思うからです。「男と女の老いかた講座」(三好春樹著)を参考にしたいと思います。

------------------------------------
老人介護施設の入所者のみ男女比率を見てみると女性が断然多い。
 
特に長期の入所施設である特養ホームでのその傾向が強い。
 
女性が7割から8割を占めている
 
のが当たり前でである。
 
おまけに老人施設で働く職員も女性の割合が多い。こちらの比率も8対2か7対3で女性が多い。
 
しかもこの世界
「やり手の女とお人好しの男」と言われるくらいで
 
これまた女性の天下なのだ。
 
老人施設は入所者もスタッフも女に圧倒されている世界だと思っていい。
  
「男中心社会」と批判される官僚や大企業に勤めている人達よ。
 
男が中心になってるのは、ほんの限定された世界に過ぎず
 
その世界を離れると
 
「男女平等」どころか、女が中心の世の中なんですよ。
 
 
そしてそれは仕事を辞めた男たちを待ち受けている世界なのである。
 
「おー怖い」と思われるだろうか。
 
そう、これは本当に怖い世界なのだ。今のうちに男社会を楽しんでおかれんことを。
 
 

男と女の老いかた講座―老いに上手につき合える人、つき合えない人

男と女の老いかた講座―老いに上手につき合える人、つき合えない人

  • 作者: 三好 春樹
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本

----------------------------------------
 
 
いかがですか、そこは「仕事の世界」のように男中心の世界じゃないということです。
ですから障害を負う、老人になることは「変容」を求められるということなのです。

リハビリ室やブログの中で、年配の男性で相変わらず男中心の世界を持ち続けている人をよく見かけます。
 
相変わらず、仕事で部下に命令あるいは説得する口調が改まらない。
 
 
これ本当に「お気をつけあそばせ」なのです。趣味に生きる第二の人生大いに結構なのですが、おかれている世界が変わっていることを自覚しておかねばなりません。
 
特に、多くの男性の部下に囲まれていた人は要注意です。
かって所属した組織の大きさや、そこでの役職といったものが全く役に立たない。
 
 
「一個の人間性」のみで勝負するしかない世界
 
 
がもうそこに待っているのです。
 
かっての「社会的地位」「名誉」、財産」などな~んにも役に立たない。
 
得意なのは「管理すること」、「批評すること」 そんなのも、な~んにも役に立たない。

 
命令口調、上から目線の人間などそっぽ向かれるだけです。
 
目の前の人と仲良くできる能力が必要になるんです。
 
女性たちをはじめとし、人を楽しませ愉快な気持ちにさせる能力が必要なんです。
 
男性社会の成功者達は、逆にこれが苦手な気がします。
 
私も「人間性」には さっぱり自信がありません。
 
だから、もう変容するしかないです。
 
病気のおかげで人より多少早くそのことに気づけた気がします。
 
 
 
 

タグ:老い

脳卒中は「性格習慣病」でもある。この性格を改善しない限り、再発する可能性がある。(鈴木大介) [メガネサルのお気をつけあそばせ]

鈴木大介さんは、「貧困」、「家庭崩壊」により「家出」「詐欺」「援助交際」など社会からドロップ・アウトした若者を精力的に取材するフリーランスのルポライターです。
 
b8bntPrYNXrNHr21482914533_1482915196.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その鈴木さんは、41歳の時、脳梗塞で倒れます。彼は著書「脳が壊れた」でこう述べています。以下私のメモです。
 

脳梗塞になった原因のすべては、僕自身の中にあった。
 
僕の脳梗塞は「生活習慣病」だけでなく「性格習慣病」で、この性格を改善しない限り、いずれまた同じ生活に戻り、そして再発する。
 

僕の性格を列挙するとこうなる。「背負いこみ体質」、「妥協下手」、「マイルール狂」、「ワーカーホリック」そして「けち」そして最後に「善意の押しつけ」これぞ俺様。
 
つまり様々なものを背負いこむ、俺様ルール固守してしまう等の性格ゆえに脳梗塞を起こしたと自らを分析されています。
 
脳卒中は生活習慣からくる「体」の問題だけでなく、「性格」の問題でもあるとは、正に慧眼(けいがん=すぐれた眼力)です。
 
 
私も、思い当たることが多々あります。その多くは鈴木さんと共通するものです。

再発の防止のためにも、後半生を生きやすくするためにも自らの「体」と「性格」が、共に「変容」することが必要ということです。

そのためにどうするかが課題として突きつけられているわけですが、当ブログでは今後この解決策を重点的に探って行きたいと考えています。
 

脳が壊れた (新潮新書)

脳が壊れた (新潮新書)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 新書

なお、鈴木さんの著書「脳が壊れた」は、後日、場を変え「おすすめ図書コーナー」で詳しくご紹介したいと思います。
 
 
課題解決のためには、「夫婦という関係」を考え直すことも重大な要素です。
 
他にも男社会、競争、自立(依存下手)、上下関係など特に男性は変容を求められると私は考えています。
 
 

教えて!「体重も重い、性格も悪い」 どうすりゃいいのさ三好先生 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

12822447ffbacd58abf19e4e3c35febe_s.jpg

性格変容などこれまで「お気をつけシリーズ」でいろいろ書いてきました。
じゃどうすればいいのか!?
 
敬愛する三好春樹先生の著書からヒントを探ります。

◇年をっとって手足が不自由になって、誰かの介護が必要になったとしよう。ヘルパーさんとなどとうまくやっていける度合いは体の重さに反比例し、人格に比例する。体重が少なくて人柄がよければ一番。体重は重いわ人柄もよくない(まさに私)となると・・・。
 
しかしそう心配はない。人柄といっても高潔な人格を要求されているいるわけではない。ただ一言「ありがとう」とさえ言えればいいのである。どんな頑固爺さんだろうが、ひねくればあさんであろうが、一言「ありがとう」とさえ言われれば、嬉しくなるのが介護職である。
さんざんわがままいって困らせて、一言「ありがとう、また来てくれるかい?」これでいいのである。

私これを読んで本当に安心しました。
私、根っからの関西人ですので、コスト(お金)のかからない「ありがとう」は日常連発して暮らしてきました。
そうかこれを、多少気持ちを込めて言えばいいんだ。「ありがとう、三好先生」(笑)


タグ:介護職

お気をつけあそばせ 性格変容(左麻痺) [メガネサルのお気をつけあそばせ]

3a0557d74a509b62df5b4b9a932274c7_s.jpg
三好春樹先生の「身体障害学」よりご紹介します。

◆左麻痺特有の障害の一つが「性格変容」です。
みんなではありませんが、右麻痺に一部の人が失語症にになるように、左麻痺の人の一部に現れます。

・自己中心的
・わがまま
・自分勝手
・感情的
・おっせかい
・説得無効

女房に言わせると、私の場合は元々そんな性格だったらしいです(笑)。
ですから変容でなく、一層助長されたということですか。

◆ただし、マイナス面をプラスに転換して考えましょうというのが三好先生のお考えです。

・自己中心的  -->主体性がある
・わがまま   -->自己主張がある
・自分勝手   -->マイペース
・感情的    -->明るい
・おっせかい  -->世話好き
・説得無効   -->おだてが有効
周りの人は、このように考えると、多少は腹立も押さえられる。いい所を生かす場面(場を明るくする等)を考えていこうとも述べておられます。

いずれにしても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。頭の隅において行動したいと思います。


タグ:左片麻痺

お気をつけあそばせ その3 老いると衰えるものと増強されるもの [メガネサルのお気をつけあそばせ]

9b946db3ff8aeff0354b5e310af89187_s.jpg
再び医者であり作家でもある久坂部洋さんの言葉。

久坂部さんの著書からの私のメモです。

老いると衰えるもの

●我慢力

●善意に解釈する力

老いると増強されるもの

●我がまま

●嫉妬心

●心配力

●甘え力

●頑固力

●執着心


その他のメモ

〇老人の知恵を身に付けることを楽しみに生きる。

〇ただ単純にじっとつらさに耐える。

〇死ぬ前は反応が鈍くなり”死の恐怖”さえ軽減される。
 
〇 莫妄想・・・妄想することなかれ。ものごとをよくしようとか、うまくしようと考えるのは雑念である。
 
 
疑り深く、頑固でひがみっぽくわがままな老人。そら周りの人からしたら、かないませんわ!そのくせ心配性で甘えん坊、どんどん人が離れ孤独に陥った上に、お金だけがある。オレオレ詐欺などの老人詐欺の典型的な餌食となる人のような気がしないでもない・・。
 
親族、他人に関係なく冷静に人を見る眼力も必要なのでしょう。 



恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
タグ:老い
前の5件 | - メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ