Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ
前の5件 | -

イビキ対策は入院必須科目 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

イビキ対策は入院必須科目


 入院グッズからP_20170609_070252.jpg 


 大部屋に入院するのにイビキ対策は必須です。イビキを聞く方も眠れず大変つらいのですが、イビキをかく方も同部屋でつらい立場に追い込まれます。


 


私の対策は、古典的な耳栓と、防音プロテクター(ヘッドバンド式)です。


耳栓していてもイビキの音は聞こえます。50%減少する程度でしょうか。それでも幾夜か過ごすうちに此方も徐々になれてきて、一週間くらいであまり気にならなくなります。ただ日によって大爆発する時がありますので、その時は防音プロテクターヘッドバンド式)を使います。ただこれ締め付けがきついのと、寝返りがうてないのです。ちなみに入院するとき私は数個耳栓を用意して準備していない同室の方にプレゼントするようにしています。これ大変喜ばれコミュニケーションの道具にもなるのです。一個50円弱と高いものではありません。


 


MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

  • 出版社/メーカー: MOLDEX
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



一方、かく方の対策ですが、横向きで寝るとかがよく言われる対策です。


大変感心したのが同部屋となったkさんです。kさんは私と同じ脳卒中片マヒ障害で、何度もリハビリで入院されています。イビキがすごく病院で診てもらわれると無呼吸症候群だったそうです。それで眠られるとき酸素吸入器をつけられます。これでイビキをかかないだけでなく、他人のイビキも気にならず熟睡できるそうなのです。ベテランならではの工夫対策です。


 


イビキは大部屋の入院患者同士の関係を悪化させます。「イビキをかくな!」と抗議されても本人は当惑することになります。自分がどの程度イビキをかくのか?家人に確認しておくことも大事ですし、大部屋にはいるときはイビキの対策も必須です。何もしないで入院することは避けなければなりません。


それじゃ~また。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中後遺症患者の思考の罠 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

d657f7542149fbe85e92e79373bce306_s (2).jpg

以前トンネルビジョンの話をしました。今回もう少し「トンネルビジョンの罠」について詳しくお話したいと思います。これは脳卒中の後遺症患者として陥りやすい罠だからです。実際にこんな人をリハビリ室でもブログ村でも見かけます。



トンネルビジョンとは、出口のかすかな明かりが見えているだけで、周りが全然見えてない状態をさします。良い意味では、一点だけに集中できている効果を指しますが、要は視野が極度に狭い状態を指すわけです。それがどんな弊害をもたらすのか、今回述べてみたいと思います。



1.帰納法の罠


これは少ない特殊な例から一般的な結論を導き出してしまうことです。



「私は、こんなリハビリしたからこんなにも回復したんや」と自画自賛する人、皆さんもどこかで見かけられているはずです。実際は脳の損傷が軽かっただけなのですが、もうリハビリの権威みたいに胸を張っている。



こうなるともういけません。「脳卒中の後遺症は脳の損傷の部位と程度によって人それぞれ」という大原則を踏み外している。比較的後遺症の軽かった人が、陥る(おちいる)罠です。


例えば、来る日も来る日も「関節可動域」とだけしか言わない人もそうです。もし言っている事が正しければ「奇跡の治療法」として全国のリハビリ病院に広まっているはずですし、その素晴らしい効果が次々報告されているはずです。しかし、全くそうはなっていない。普遍的(誰にでも、どんな場合でも著しい効果がある)リハビリ方法でないからです。


自分のリハビリ方法は果たして誰にでも当てはまることなのか?この疑問を持たないのは「トンネルビジョンの罠」に陥ってしまった人です。


2.後知恵バイアスの罠


これは、物事が起こったあとで、それが予想可能だったと考えたり、原因は元からわかっていたと考えたり、さらに進んで、自分は予想していたと、過去を自分の都合のいいように書き換えてしまう思考の罠です。いつの間にか「聡明な自分」になっている。



皆さんもお馴染みのいわゆる「結果論」です。こんな人、大地震の後にはあっちこっちで急に湧き出してきました。いろいろな所でしゃべれば喋るほど、あたかも自分が予想していたかのようになってくる。



脳卒中の後遺症が軽く回復が早かった人にもこれ典型的に見られるのです。例えば、「私は脳卒中の急性期から自分でリハビリ方法を考えていて、それを実行したから急速に(奇跡的に)回復した」とまで言い出す人をみかけました。


脳卒中に倒れた脳やリハビリの研究者や医師たちでさえも、直後は非常に混乱している。それは手記を読むと明らかです。何度も同じ話を繰り返すうちに過去を「聡明な自分」に書き換えてしまうのです。


つまり、回復が早かったのは、早く気づいた自分の「頭の良さ」のせいで、回復が遅いのは皆さんの「頭の悪い」せいだと威張っているのです。こんなアピールする人いますよね、リハビリ室にもブログ村にも。


3.罠にはまった人


こんな人は、そもそも「身体のフニャフニャと関節可動域」だけでなく、「脳の柔軟性と可動域」も保つ必要があります(笑)。他のブログから明らかに着想を得ていながら、一方で、「書く分野を絞っている」など、見苦しい言い訳は通用しませんよ(笑)。


書く分野を絞っているのではなく同じ話しか書けないのです。脳の可動域が制限されているのです。ですから、他の人の記事からテーマを借用せざるを得ない。


トンネルビジョンの罠は他にも色々ありますが、我々片麻痺障害者が主に考慮しておく点は上記の2つです。

皆さん、回復自慢、リハビリ自慢の人の話をまともに聞いて、落ち込む必要は全くありません。トンネルビジョンに陥った人は常に多弁です。それに惑わされないで、(言葉ではなく)全て実績で判断する姿勢を持ちましょう。思えば、これまでも、磁気治療をはじめ奇跡の療法と評判になった治療法が様々ありました。しかし、最近はあまり聞かない。我々は前評判ではなく、常に「実績で判断」する事が大事です。




それじゃ~また。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

オォ~ミラクル! 私も「奇跡の人」なのか? [メガネサルのお気をつけあそばせ]

51KbWjVeHUL.jpg

実は私も「奇跡の人」ミラクルの疑いがあるんです(笑)
周りの誰も奇跡とは言いませんし、本人自体がすっかり忘れていたことなのですが・・・。何度か奇跡をテーマに記事を書いていて突然思い出したのです。そうだ、誰かの論法に乗っかれば私も奇跡の人では?と思い至ったのです。


私は、脳出血で倒れ病院に緊急搬送され、その後意識不明になりました。最初の1週間は記憶があいまいです。妻に言わせるとボーとして何も喋らなかったそうです。それに加え排尿できない。排便できない。できないことだらけでした。


1週間くらいしてリハビリが始まりました。机のふちをもって歩く訓練と言語訓練が主でした。言語訓練では、「あ」「い」とかの発音練習から始まりました。それから3週間、カード使った訓練から言語聴覚士(ST)の質問に答える訓練までしました。それでお終いです。3週間後には、多少つっかえながらも会話することが出来ていました。


その後、リハビリ病院に転院、回復期のリハビリが始まりました。ここでは言語訓練は一切無し。その後も一切言語のリハビリはやっていません。それですっかり忘れていたのです。


でも、だれかの論法に従えば倒れた直後意識をなくし、一切喋れなくなっていたのが、普通にしゃべれるようになった。これ奇跡の回復では・・・?
そんなわけありません(笑)ただ言葉の障害が軽かっただけです。いいえ、私は左麻痺ですから言語脳の損傷そのものがあったかどうかさえ疑わしい。


こんな人たくさんいると思います。発病直後の急性期1週間の状態では、脳画像を見ている専門家でさえ判断できない事があるのです。私の緊急病院は政令指定都市の国立病院系の大病院でしたが、それでもこんなものだったのです。
e1574bf1767d4b0a03d950d083422aa3_s.jpg


ですから気安く奇跡などと呼びたがる人は同病者にもたくさんいますが、そんな声に惑わされてはいけません。「奇跡」に見えても、それはイチローのいう様に地道な努力の積み重ねの結果です。たいしてリハビリもせず奇跡が起きるはずありません。それは最初から脳の損傷が軽かっただけです。


皆さんも、もし自分の周りで「奇跡が起きた」「奇跡が起きる」などと簡単に言う輩がいれば、「新興宗教の勧誘」か、「詐欺師」か、と疑うと思うのです。「脳卒中片麻痺に効く奇跡の食品!」などの広告、皆さん誰も 引っかかりませんよね!?
それじゃ~また。

タグ:片麻痺治療
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

慢性期の5つのリスクを考える (その1) [メガネサルのお気をつけあそばせ]

20170424-002キャプチャ.PNG

今回、脳卒中片麻痺障害者の慢性期のリスクについて、あらためてまとめてみたいと思います。


まず慢性期で自主リハビリを開始する前にしっかりリスクを認識しておくことが重要なのですが、病院では、この指導がなされていないのです。そこで今回、私見を述べてみたいと思います。今回は主に身体に関してのリスク


1.再発リスク


最大のリスクはやはり再発です。

脳卒中は再発しやすい病気です。その年間再発率は約5%、つまり、1年間で、20人に1人の患者さんが脳卒中を再発するといわれています。10年間で約半数の患者さんが再発したというデータもあります(国立循環器病研究センター情報サービス)


「生活習慣病」と言われるわけですから、生活習慣(肥満、運動不足、喫煙、多量飲酒(1日1合以上)、過労・ストレスの蓄積)や病気(高血圧、糖尿病等)に対する対策が最大の予防策です。

これに加え本ブログでは、「性格習慣病」(鈴木大介)という考えをご紹介しました。



2.「痙性」と「拘縮」


これは自主リハビリや経年により発生するリスクなのですが、「痙性」と「拘縮」は厄介なことに、リハビリ不足によっても起こるだけでなく、自主リハビリのやりすぎ(過剰)によっても起きてしまうのです。


この点についてリハビリ室でセラピストから指導を受けられた方は幸運です。何も聞かされていない人が大半では。私はこの病気に関する座学での指導が全く不足していると思います。糖尿病の様に座学指導を取り入れるべきです。


「痙性」とは筋緊張の状態、「拘縮」とは関節の状態をあらわす言葉です。


「痙性」とは誰かに動かされた時の筋肉に抵抗感がある状態です。

たとえば、肘を誰かに曲げ伸ばしされた時に、私たちは抵抗感なく肘が曲がったり伸びたりしますが脳卒中後遺症をもつ人は、肘がスムーズには伸びにくいことが多いのです。

また筋硬直(つっぱり)や震え(クローヌス)も痙性です。


これに対し関節の動く範囲が制限され固まってしまう状態が「拘縮」です。脳卒中片麻痺で「痙性」のある筋を動かさずにいると筋肉の収縮弛緩の範囲が狭くなってしまってその結果、関節の動く範囲が限られてしまい「拘縮」してしまうのです。


その予防のために関節の動く範囲をしっかりと動かす(関節可動域訓練)や筋肉を伸ばすストレッチをすることが重要になります




3.「転倒」リスク


これも非常に多いです。転倒し骨折して2~3か月の入院するケースです。わたしも最初のころ1年に1度程度、わずかの段差でしりもちをついていました。これは自主リハビリのやりすぎによる突っ張りが原因でした。これがわかってからは、歩数制限し歩き過ぎに注意するようになりました。


セラピストなどは、えてして健常者の歩きを理想としてそれにできるだけ近づけようとしますが、我々にとり最も大事なのは「安全性」です。特に室外は我々片麻痺障害者には障害だらけです。病状が軽い方は「健常者歩き」を追求すればいいのですが、装具や杖でかろうじて歩行しているものは「安全に歩く」ことが最も重要です。


私は室内の狭い場所や室外を安全に歩くためには多様な歩き方を身に着けることが大切であると思っています。

以前のブログで「複数の歩行方法身に付けよう」で詳しく書いています。そんなに難しくありません。多様な歩き方を試して自分にとって一番安全な歩き方を見つけてください。坂道や砂利道など短い距離でもこの歩き方なら遅いけれど安全だというのが見つけられるはずです。そうなれば外に出ることに自信が付きます。


まっすぐ歩かないと変な癖がつくと的外れな批判する人がいましたが、横歩き等はどんなに一生懸命歩いても一日の歩行数の数パーセントです。悪い癖は圧倒的に前歩きで生じるのです。多様な歩き方には、遅いけれど正しい歩き方もあります。是非身につけて世界を広げてください。


それじゃ~また。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トンネル内は出口しか見えていない!視野の狭いトンネルビジョン [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 s-DSC03750 (3).jpg

ある日、散歩していると、突然声をかけられました「頑張ってますねえ」 珍しい声かけだったので立ち止まってみると 杖を手に持った70代と思しき男性が立っていました。


「私も以前脳梗塞で倒れましてね、まあ1ヶ月ほど入院しました」とのことでした。

このsさんは、自動車関連の大手企業に勤め、中国の工場へ現地指導にいった帰りの空港で倒れたとのことでした。


それから度々話をするようになったのですが、このsさん、退院後3年で趣味の単車に乗ったというのです。今なら奇跡の回復と言われそうな話です。


このsさんの私へのアドバイスはこうです。

「毎日克明なリハビリ日誌をつけなさい。わたしは診察の度にそれを医者に見せていた」、つまりそれをやれば自分と同じように回復すると言いたいようなのです。


sさんは大手企業で工場のファクトリーオートメーション(工場における生産工程の自動化を図るシステムのこと「FA」と呼ばれる)の専門家らしく工学系の知的な方です。


そのsさんでさえこんな認識なのです。後遺症が軽く、この病気を深く知る必要がなかったからだと言ってしまえばそれまでですが、これは典型的なトンネルビジョンだと思います。出口のかすかな明かりが見えているだけで、周りが全然見えてない状態をトンネルビジョンといいます。要は自分の周り5mしか見えていないのです。

 

良い意味では、一点だけに集中できている効果を指しますが。いずれにしても視野が極度に狭いわけです。またトンネルビジョンに陥っている人の特徴は「後付けする(後知恵バイアス)」ことです。現在から過去を振り返って、過去の自分の判断が、いかに正しかったかを後付けで主張します。ようするに年寄りの自慢話ですね。あたかも当初から地震を予測していたかのように言い始める学者もこれにあたります。


トンネルビジョンの状態に至らないために、わざわざ反対意見も探しだしてきて、並べて検討するわけです。盲目的なひとは失敗する人の典型だからです。「後付け」に陥らないために、判断の記録もきっちり残し、後日その判断が適正だったかどうかを検討します。判断力が向上しなければ、後々大けがすることになるからです。

 


「運動機能の回復が早い」だから「私のリハビリは正しい」、さらに「自分は正しかった。頭がいい」とまで鼻高々になっている御仁がブログ村にもおられますが、自分がトンネルビジョンの状態だと気がついていないのです。ひょっとしてこれも後遺症なのでしょうか。

 

まあ考えの視野が狭くなっている、発想が貧弱になっていることは、私も退院してすぐに気が付きました。日常は問題なく過ごせるレベルかもしれませんが、プロとして仕事するには厳しいだろうなあと自覚しました。私は、今も自分の「脳」に自信がありません。それで、ブログを書いて毎日、自分の脳を点検しているようなところがあります。


御同病の皆さんトンネルビジョンに「お気をつけあそばせ」です。



それじゃ~また。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ