Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ
前の5件 | -

トンネル内は出口しか見えていない!視野の狭いトンネルビジョン [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 s-DSC03750 (3).jpg

ある日、散歩していると、突然声をかけられました「頑張ってますねえ」 珍しい声かけだったので立ち止まってみると 杖を手に持った70代と思しき男性が立っていました。


「私も以前脳梗塞で倒れましてね、まあ1ヶ月ほど入院しました」とのことでした。

このsさんは、自動車関連の大手企業に勤め、中国の工場へ現地指導にいった帰りの空港で倒れたとのことでした。


それから度々話をするようになったのですが、このsさん、退院後3年で趣味の単車に乗ったというのです。今なら奇跡の回復と言われそうな話です。


このsさんの私へのアドバイスはこうです。

「毎日克明なリハビリ日誌をつけなさい。わたしは診察の度にそれを医者に見せていた」、つまりそれをやれば自分と同じように回復すると言いたいようなのです。


sさんは大手企業で工場のファクトリーオートメーション(工場における生産工程の自動化を図るシステムのこと「FA」と呼ばれる)の専門家らしく工学系の知的な方です。


そのsさんでさえこんな認識なのです。後遺症が軽く、この病気を深く知る必要がなかったからだと言ってしまえばそれまでですが、これは典型的なトンネルビジョンだと思います。出口のかすかな明かりが見えているだけで、周りが全然見えてない状態をトンネルビジョンといいます。要は自分の周り5mしか見えていないのです。

 

良い意味では、一点だけに集中できている効果を指しますが。いずれにしても視野が極度に狭いわけです。またトンネルビジョンに陥っている人の特徴は「後付けする(後知恵バイアス)」ことです。現在から過去を振り返って、過去の自分の判断が、いかに正しかったかを後付けで主張します。ようするに年寄りの自慢話ですね。あたかも当初から地震を予測していたかのように言い始める学者もこれにあたります。


トンネルビジョンの状態に至らないために、わざわざ反対意見も探しだしてきて、並べて検討するわけです。盲目的なひとは失敗する人の典型だからです。「後付け」に陥らないために、判断の記録もきっちり残し、後日その判断が適正だったかどうかを検討します。判断力が向上しなければ、後々大けがすることになるからです。

 


「運動機能の回復が早い」だから「私のリハビリは正しい」、さらに「自分は正しかった。頭がいい」とまで鼻高々になっている御仁がブログ村にもおられますが、自分がトンネルビジョンの状態だと気がついていないのです。ひょっとしてこれも後遺症なのでしょうか。

 

まあ考えの視野が狭くなっている、発想が貧弱になっていることは、私も退院してすぐに気が付きました。日常は問題なく過ごせるレベルかもしれませんが、プロとして仕事するには厳しいだろうなあと自覚しました。私は、今も自分の「脳」に自信がありません。それで、ブログを書いて毎日、自分の脳を点検しているようなところがあります。


御同病の皆さんトンネルビジョンに「お気をつけあそばせ」です。



それじゃ~また。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

怪しい宗教へのお誘い その2 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 

V6WxFL0uAfPopmk1491271138_1491271419.png

私はいよいよ確信していました「完全に宗教の勧誘や!」

女房に私が、調べて推測した団体名を言うと、高校のクラスにその宗教団体に入っている女の子が1人いたといいます。図書館で怪しい手かざしを一度されたといいます。私に目を閉じさせたのは、そのためだったのです。


さてこれからどんな風に勧誘してくるのか!?もう警戒モード全開です。


ある日、勝手口のチャイムが鳴ります。

私は風呂上がりで着替え中、無視を決め込みました。

それでもしつこく何度も何度も鳴るのです。しまいに扉を開けて勝手に入ってきて「すみませ~ん」と叫び始めました。その声は、あの女性です。


私はあわてて勝手口に行き

「何の御用ですか?勝手に家の中まで入ってきて」、見ると彼女と、見知らぬ男が2人立っています。わたしのあまりの剣幕に驚いています。


「今日は東京からわざわざ来られましたのでお連れしました」


「わしは、頼んだ覚えも約束した覚えもない!」


「私の知り合いにもあなたと同じ病気の人がいます」


「この病気の人、日本中にたくさんいます。それは貴方の知り合いに、おられても不思議はない」


そんなやり取りしていると、キツネ(妻)が帰ってきました。私が事情を説明すると


「そら不法侵入やなあ~警察やなあ~」、続けて


「この人たち、多分「神会」の人や!!」


男たちはぎょとした顔で妻を見ると。大慌てて引き上げていきました。


それ以来2度と来ることはありません。女性にも、もう家に来ないでほしいと言いました。


ホンマ油断も隙もありません。皆さんもお気をつけあそばせ!

 

 それじゃ~また! 


タグ:精神・魂
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

怪しい宗教へのお誘い その1 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 
ZiX2ey186OOqJRG1491268798_1491268992.jpg
それは多少は警戒していました。病気してこんな体(脳卒中片麻痺)になったわけですから・・・。

それは「宗教からのお誘い」です。病気になると、今も昔も近所の親切そうなおばちゃんがやってくる。おばちゃんは心から宗教を信じているのですから、多分親切心なのでしょう。私も一応、先祖代々仏教徒(?多分)。ですが、団体というものは大嫌いです。

でも、その人は息子の一番仲の良い友達の母親なのです。PTAの行事などで一緒になると時々言葉を交わしていました。同じ塾の夏期講座に通ったりしている時は二人をまとめて交代で送り迎えもしていましたのでうちにも時々来られていました。そんな時は、女房とお茶会もしていたようです。

ある日、その人が来られ、私が勝手口に出たのです。わたしの体を見てその方の目が一瞬光りました。「アレ?」と思いました。

それからです。私が一人でいる時間に、これは「自然農法で作られたパスタ」とかいろいろ加工食品を持ってきてくれるようになったのです。

そんなことが何回も続いたある日今度は「自然農法グループの仲間が演奏した音楽のCD」を持ってこられたのです。私はさすがに怪しいと思いました。
「これ宗教じゃないですか?」
「いいえ、あくまで自然農法を行っているグループです。その中に音楽の好きな人がいるのです」

私はすぐに調べはじめました。そしてある怪しい宗教団体に行きつきました。

別のある日はこんなことありました。「すみません。しばらく目を閉じてください」というのです。それで言われるままに30秒程度目を閉じていたこともありました。後日「体調の変化ありましたか?」と聞くので「全然変わりません。ふだんとまったく一緒です」と答えると少し残念そうな顔していました。
 
それじゃ~つづきはまた! 

タグ:精神・魂
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

奥さんに殴られる脳卒中片麻痺障害者 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

s-s-7KRka0gWpjA2K2Y1487277039_1487277771.jpg

しかも顔面をグーで。



私が、回復期のリハビリ入院した病院は、土日はリハビリが休みです。


仕方なく一階の広いロビーに降りて行って、手すりにつかまり歩行訓練していました。


同病で普段は会話が不自由な人が、奥さんと合唱していて、その歌の見事さに驚き、聞きほれました。


そんな中で、60代と思しきご夫婦がおられました。ご主人が私と同病で、やはり手すりを使って歩行訓練しています。でも真面目でおとなしそうなこのご主人、元気がありません。それで奥さんに叱咤激励されているのですが、

 

ついに「顔面パンチ!」を浴びているのです。しかもグー。


確かに気の強そうな奥さんなのですが、話してみるとそんなに悪い人ではありません。


「どうして、あなたみたいなヤル気をうちの人は出さないのだろう」

「私はあなたがうらやましい」とよたよた歩く私に言うのです。


「奥さん、それこの病気のせいやないですか?」

「そうかなあ~この人元々あんまりヤル気がない人なんよ!」

「一度先生に相談されたらどうですか。ひょっとして病気のせいでやる気が出ないのかもしれませんよ」

 

私は、その後できるだけこのご夫婦に近づかないようにしました。また私の姿が奥さんの目について、ご主人が殴られたら大変です。


また、ある土曜日は「もう今日の外泊は中止!家帰ってもケンカになるだけや!」と奥さんが病棟の廊下で怒っています。ご主人の落胆した表情。私は気の毒で仕方ありません。奥さんが、いつも一方的に言い立てるだけで、ご主人は終始無言。「これって、ケンカになってないですよ!奥さん」。


私も入院後半になると激しい視床痛が出て、リハビリどころではなくなり、ヤル気など吹っ飛びました。


脳卒中片麻痺になると、やる気のなさは単なる「怠け心」でない可能性があります。そこを介護される方は十分に考えてあげてください。

 

それじゃ~また。

 

タグ:片麻痺治療
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中は「性格習慣病」でもある。この性格を改善しない限り、再発する可能性がある。(鈴木大介) [メガネサルのお気をつけあそばせ]

鈴木大介さんは、「貧困」、「家庭崩壊」により「家出」「詐欺」「援助交際」など社会からドロップ・アウトした若者を精力的に取材するフリーランスのルポライターです。
 
b8bntPrYNXrNHr21482914533_1482915196.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その鈴木さんは、41歳の時、脳梗塞で倒れます。彼は著書「脳が壊れた」でこう述べています。以下私のメモです。
 

脳梗塞になった原因のすべては、僕自身の中にあった。
 
僕の脳梗塞は「生活習慣病」だけでなく「性格習慣病」で、この性格を改善しない限り、いずれまた同じ生活に戻り、そして再発する。
 

僕の性格を列挙するとこうなる。「背負いこみ体質」、「妥協下手」、「マイルール狂」、「ワーカーホリック」そして「けち」そして最後に「善意の押しつけ」これぞ俺様。
 
つまり様々なものを背負いこむ、俺様ルール固守してしまう等の性格ゆえに脳梗塞を起こしたと自らを分析されています。
 
脳卒中は生活習慣からくる「体」の問題だけでなく、「性格」の問題でもあるとは、正に慧眼(けいがん=すぐれた眼力)です。
 
 
私も、思い当たることが多々あります。その多くは鈴木さんと共通するものです。

再発の防止のためにも、後半生を生きやすくするためにも自らの「体」と「性格」が、共に「変容」することが必要ということです。

そのためにどうするかが課題として突きつけられているわけですが、当ブログでは今後この解決策を重点的に探って行きたいと考えています。
 

脳が壊れた (新潮新書)

脳が壊れた (新潮新書)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 新書

なお、鈴木さんの著書「脳が壊れた」は、後日、場を変え「おすすめ図書コーナー」で詳しくご紹介したいと思います。
 
 
課題解決のためには、「夫婦という関係」を考え直すことも重大な要素です。
 
他にも男社会、競争、自立(依存下手)、上下関係など特に男性は変容を求められると私は考えています。
 
 

前の5件 | - メガネサルのお気をつけあそばせ ブログトップ