Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
メガネサルの吠え吠え記 ブログトップ
前の5件 | -

「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」で奇跡的に復帰?? [メガネサルの吠え吠え記]

【神戸新聞 2017年4月12日 】

 kiseki001 (2).jpg

マスコミが脳卒中片麻痺から回復した著名人に着ける形容、修飾がこれです。本当に安易で罪作りな形容です。


『「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」で奇跡的復帰を遂げた○○さん』。しかしどこを読んでも「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」の具体的な内容や方法は記されていません。


急性期や回復期の人や家族が読めば、「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」で元の体に戻れるんだ、仕事に復帰できるんだと錯覚します。それからは「頑張れ!頑張れ!」と叱咤激励される日々です。


慢性期で、回復が遅い(私のような)人間は、「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」をさぼっとるから回復しないのだと、周りから決めつけられてしまう。何を言っても言い訳にされてしまうのです。


脳の損傷が軽い人を取り上げ話題性があると大騒ぎするマスコミ。それだけでなくリハビリ室でもブログ村でも自分のことを「懸命のリハビリ」と「独自のトレーニング」で奇跡的回復をしたと言うひとがいます。リハビリ室では、すぐに来なくなるのでいいのですが、ブログ村ではいつまでも居座ります。優越感を感じられる場所だからです。それだけに、悪影響が大きい。


(吠え マスコミ)いい加減に自分たちの罪作りな表現に気づかんかい!

 

(吠え ブログ村の「奇跡」の方)損傷の程度が軽いだけだから何の参考にもなりません!

 

我々には、「奇跡の回復 」か「重度の障害にも負けず」しかないのでしょうか、そんなワンパターンの視点では我々の生活は捉えきれません。

 

 

 

アンケートのお願い



「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)



 

それじゃ~また

 

リハビリ室では違いは明確です


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

吠えの成果(その2)修理するより切り倒してしまえ! [メガネサルの吠え吠え記]

 

01620684d6f75108cb4c386c9c1e5d99_s.jpg

「トイレ注進」以降、私は「公園の口うるさいおやじ」に認定されているのでしょうか、時々出会う市役所の施設担当らしい人とも挨拶交わしたり、時に立ち話までするようになりました。


そんな立ち話の中で、一つ成果らしきことがありました。それは大時計です。鉄柱の先に大時計が公園の方向いて取り付けてあるのですが、これが何年も動いていない。これは修理しようと道具を使っている人ときどき見かけました。しかし結局は動きません。


「もう修理あきらめて目障りな鉄柱切り倒したらどうや!時計なんか、きょうび安いものいくらでもあるやん。それを体育館の外壁に貼り付けといたらええやん!」と半ば冗談めかして言ったのです。


それから1週間後、何とその通り鉄柱が切り倒されています。これには私の方が驚きました。まさかホンマにやってしまうなんて!わしゃ知らんで~。

さらに体育館の外壁には、ホンマに安っぽそうな時計までがかけられています。


でもこれで公園から時間を確認するという機能は立派に果たせています。まあこれも「吠え」の数少ない成果でしょうか。そう自己満足しておきます。


所で、何か問題があるとすぐ議員さんに訴える人います。これは国、地方問いません。すぐ、議員さん!議員さんと!とうろうろする。


私は、これが大嫌いです。議員さんも好きではありません。「政治が庶民の味方することはあり得ない。それは歴史が証明している」とずーと思ってきました。だからこれからも自力で「吠え」ます。


じゃ~また

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あれれ~??筋肉がなくなっている! [メガネサルの吠え吠え記]

 

1cc63c35c28dc444ef9c4eb864913f70_s.jpg

脳卒中で倒れた当時の私は固太りのデブでした。身長172cm、体重は確か78kgでした。ウエストは86cmビール腹です。


ただ、小学3年から高校3年まで10年、勉強もせず、ただひたすらスポーツに呆けた結果、下半身にはほれぼれする程の筋肉がついていました(自惚れ)


回復期病棟での食事は当初1日1400カロリーだったのです。入院2か月も過ぎると、リハビリも、午前中2時間、午後3時間くらいこなせるようになりました。ホンマにお腹空きました。体重は63kgまで急激に落ちてきた。お腹が空いて眠られず、ついにライ麦パンを女房に買ってきてもらい、こっそりを食べていました。


ある日病棟で、糖尿病教室のポスターを見つけました。私はこれだと思い参加してみることにしました。

そこで先生に質問しました。「私の場合、今1日どの程度の摂取カロリーが適切なんでしょうか?」医者の答えは「2000カロリーまでは全然OK」でした。


私は自分の病棟に戻ってすぐにナースステーションでこの話をしました。それで、結局翌日から1800カロリーまで増量されました。


そんな中、初めて外泊許可が出ました。私は、家で風呂の鏡見て仰天しました。麻痺側のお尻、太もも、ふくらはぎにかけて筋肉がごっそりそげ落ちているのです。私は、こんな自分の醜い姿生まれて初めて目にしました(顔は時々目にしていましたが)。

 

糖尿病の医者が2000カロリーまでOKと言っているのに、体重も大きく落ちているのに、なぜ筋肉がこそげ落ちるまで低カロリーの食事を続けなければならなかったのか?筋力付けるようなリハビリを毎日5時間しているのに・・。筋肉が落ちるのは片麻痺障害では仕方ないのか、それにしても醜い。


私が抗議しなければ、このまま改善されず、さらに多くの筋肉を失っていたのではないか?筋肉だけは簡単には付きません。私も10年かけているのです。

私は激しい怒りを感じました。「責任者出てこい!俺の筋肉返しあがれ!」しかし看護師はきょとんとしているばかり。


病院は患者の食事の管理を本当にしているのでしょうか、体重の定期測定のほか、風呂にも入れているのだから私の体の変化はわかっているはずです。


しかし病院いうところは何ちゅうとこですか!食い物と筋肉の恨みは、私一生忘れません。

 

それじゃ~また 。


タグ:入院記
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

(地域編)歩けるのなら自治会山林の管理をしなさい [メガネサルの吠え吠え記]

 

0f5ef493b19ecb576481f449007166e6_s.jpg

私の町は、大阪、神戸、京都の大都市へはそれぞれ車で1時間半程度で、わりと便利な場所にあると思うのですが、子供の数は減り続け、高齢化がどんどん進んでいます。


我が自治会では自治会所有の山林があります。木材価格の低迷で、もうお荷物になりつつあるのですが、管理はしておく必要があります。



私は脳卒中で片麻痺となって、故郷であるこの村に戻ってきました。そして自主リハビリで家の周りを杖をついてよろよろ歩いていました。


そんな私の姿を目ざとく見つけた近所のおばさんが、さっそく女房に申し入れてきました。


「歩けるんやったら、自治会の役員をしてください。山林の役くらいやったらできるでしょう」山林の役員は山林を管理するため「山に登る」必要があります。ハイキングするような山道などありません。一歩間違えば大けがにつながるような険しい道なき道です。その方は自分がその役をできるだけ早く辞めたいと、私に白羽の矢を立てたのです。


私は次の日その家まで行きました。幸い旦那が家の前にいました。

ズボンのすそをまくって「この足見てくれるか!装具をして、杖ついて今何とか歩いとるんや!どうやってこれで山に登れるんや。奥さんによく言っといてくれ!」と多少吠えておきました。この人の奥さん、近所で有名な「損したくない。少しでも得したい」人なのです。逆に「得している人」が許せないのです。私は病気をいいことに自治会の役員もしていない「得している人」なのです。


漫画家の西原理恵子さんは「この世で一番大切なお金の話」の中の「なにが人を人でなしにするか」の章で次のように述べておられます。

-------------------

■「損をしたくない」ってことばかり考えていると人ってずるくなるんだ。ささいなきっかけでどんどん卑しい行為に結びつく。


■人より少しでも得しようと思うから「だったらズルしちゃえ」ていう気持ちが出てしまう。

 



この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/06/23
  • メディア: 文庫




 

-------------------


要するに「貧すれば鈍する」なんですが、子供たちも家を出て行ってしまい、自分たちは高齢化して体力的にきつくなって来ている。兼業農家で金銭的な余裕もない。この様な人たちが我が地域で増えてきたのです。


男達は、まだのほほんとしていますが、女房達は必死です。ですがその顔に「ひたむきさ」でなく「卑しさ」が出ているのです。要は「損をしたくない」必死さなのでしょう。こんな山間部ののどかな町にもこんな人が多くなってきたのです。まことに残念!

 

それにしても、田舎暮らしも身体障害者が生きていくにはつらい面があります。草刈り等体を使った協働作業が多くあり、老女達は「男は力仕事ができて当然や!それもできん者は役立たずや!」との思いがあり、今だに、頭脳労働に価値など大して見出さない、体使って働いてなんぼの世界です。私は、親の介護が済めば、阪神タイガースの地元に戻りたい、と思うことがあります。

 

  それじゃ~また 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

吠えの成果 [メガネサルの吠え吠え記]

 
MBCeWgWdev5mUr91491188228_1491188606 (1).png
私は「吠え吠え」ですから基本うっとうしい人なんやろなあと思います。 

しかし、黙っていれば、飼いならされた従順な人にしか見えないのです(体は多少ゴツク見えますが)。
 
よく「おとなしい人」と勘違いされてます。基本めんどくさいので、ただ黙っているだけなのですが・・。

仕事では、日々問題解決にとりくんでいましたので、いったん「改革の火(笑)」が灯ると止まりません。女房には「後ろから殴られんように注意した方がええで」と脅かされます。

それでも「吠え吠え」で成果が上がることがたまにはあります。そんな例をお聞きください。多少自慢めくかもしれません、お許しを。

わたし吠えますけど、例えば現場で一生懸命作業や掃除する人などに吠えることはまずありません。私公園でも病院でもお掃除するおばちゃんとすぐ仲良くなるのです。
私が吠えるのは、あくまで「責任と権限」をもって管理する(給与の高い)人に吠えるだけです。

私はよく公園で、リハビリ散歩するのですが、そこの障害者用のトイレがもう何年も故障したままなのです。ある日たまたま公園に市役所の若い職員が来ていました。私は「○○町のメガネと言います。あなたの上司と話がしたい。役所の何処に行けば会えるのか教えてほしい」と尋ねました。そして面談を申し込みました。約束の日、彼と上司が公園にやってきました。

「あなたは自宅のトイレが故障した場合も何年も放置しておくのか?この公園は市外からも多くの人がやってくる。障害者用トイレの故障を何年も放置しておくなんて、私は市民として本当に恥ずかしい」と訴え、「予算?何年にもわたって予算をつけられないこと事体が怠けている証拠や!」と多少吠えました。

それから何か月かして、公園と周辺施設の故障していた全てのトイレが修繕されました。
元々計画中だったのかもしれませんが、私の「吠え」も多少は後押ししたかも?
 
 それじゃ~また。 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - メガネサルの吠え吠え記 ブログトップ