Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
メガネサルの吠え吠え記 ブログトップ
前の5件 | -

【地域編】も~お役所仕事ってイヤ! [メガネサルの吠え吠え記]

 3jIziUey7O4xFR31489023418_1489023528.png


今回は障害基礎年金手続きの話です。


■もう少し早く申請書類送れんか!


3月1日はリハビリ医(アメリカンジョーク先生)による3か月に一度の定期診察でした。彼、4月から大学病院に戻るということで非常に残念です。


それから2日後の3月3日、障害基礎年金の現況届が届きました。私の誕生月の3月中に診察を受けて3月中に診断書を提出するようにとの通知です。


なんでやねん!


どうして、2月にこの通知くれへんのや、そしたら3月1日の診察日で手続きすべて済ませられたやん。3月に通知受け取って、3月に診察受け、診断書提出。忙しいのは我々だけ。これがお役所仕事や!


直ぐに病院に連絡したところ、アメリカンジョーク先生は、メガネさん診察したばっかりやし再度診察受けていただかなくても結構ですと言ってくれ、診断書と、前回の申請時こちらでとっていたコピーを慌てて持っていきました。


それで思い出したのです。


最初の「障害年金請求手続き」で起きた恐ろしいこと。


 


afr1507100049-p1.jpg

 

 


それは地元の市役所が、私あてに差し戻されてきた年金機構からの書類の転送を忘れてしまっていたのでした。


私は、障害基礎年金の申請を、疾患が固定化したとみなされる1年6か月で直ちに申請したのですが、3か月以上経過しても何の決定通知も来ない。


私は、さすがにじれて年金機構に直接電話を入れました。仕事をなくした私にはこの障害年金が命綱なのです。


(年金機構))あなたの申請書で、お子さんの高校の在学証明書が抜けてましたので、すぐに管轄の市町村役場に差し戻しています。


(地元市役所)確かに差し戻されてきましたが、すぐにメガネさんに郵送しました。


(私メガネサル)私、一切受け取っていません。郵送したというのなら発信簿で日付確認してください。郵便局に問い合わせます。


(地元市役所)そういった記録はつけていません。でも確かに郵送したはずです。


(私メガネサル)こちらは受け取っていません。誰が、いつぐらいに出したか、もう少し調べてください。ひょっとして郵送事故かもしれないので・・・。


その日の午後です。市役所の女性が2人が玄関に立っています。


「すいません。わたしどもの認識違いでした」。手元のバインダーには私に送ったはずの書類がしっかり挟み込まれています。さらに「本来、課長がお詫びにうかがうべきところなのですが、あいにく会議で・・すみません」と見え透いたことまで言い出す。


後はこちらが何を聞いても「すいません」、「すいません」で話にならない。


すぐに息子の県立高校で証明書をとって、年金機構まで持っていき事情を説明することを約束していただきました。


これで、まず間違いなく支給決定されるはずです(そうでないと、問題が浮き彫りになり役所の責任問題が発生しますから)。


案の定、すぐに決定通知書が届きました。


人の生活が懸かっている切実さを、毎月定期に給与が入る人(私もかってそうでしたが)には解らないのでしょう。そして自分たちの失態が明らかになると急に弱腰になる。さらに嘘も重ねる。いじめ問題での学校の記者会見で、おなじみのシーンです。


皆さん、お気をつけあそばせ。あれ?「これ吠え」の記事のはずですが、振り返ると「吠え」を通り越して本当に恐怖の体験でした。


 それじゃ~また。


 


「若いから大丈夫や」なのか!? [メガネサルの吠え吠え記]

s-041f28013b0ef186d375a9b97785a223_s.jpg
病棟の土・日曜日は見舞客が訪れます。
同室の人に遠慮もあり談話室で話する人も多くあります。

日曜日のたびに見舞客が来るのが私と同年生まれ、54歳ので心原性脳塞栓(注1)による右片麻痺のA男さん。
私は談話室で本を読んだりすることが多いので、その会話がよく聞こえてきます。

ご近所の方なのでしょう、ほぼA男さんより20歳くらいは年上の方、そんな方たちが決まっていうのが、「若いから大丈夫や!すぐに良くなる」という言葉。

もちろん励ましの言葉なのですが、何とも残酷な言葉。A男さんは感情障害もあるのですが、もう大概泣いている。これを、またほとんどの方が、私の励ましに感動してると勘違いしているようで、満足げな顔をしている。

脳卒中片麻痺で若いということは、これから苦しむ期間も長いということで、若いから単純に早く治るなどということではない。54歳で同年生まれのA男さんも私も車いす生活。若いといわれるとドキリとする。当然、仕事の現役中に倒れ、将来を思うと暗澹(あんたん)たる思いがする。

お年寄りの見舞客達の、すべて年齢(若さ)だけで判断しようとする鈍感さ。見舞客に吠えるわけにもいかず、だだ気力なくうつむくAをさんと私メガネサルでした。
 
(注1)心臓にできた血栓(血の塊)がはがれて飛んで動脈を詰めておこる脳梗塞を心原性脳塞栓と言います。
 
   
 それじゃ~また



 


タグ:入院記

患者は待つのが当然なんか!? [メガネサルの吠え吠え記]

s-s-ad3767e0be20d946802bde8754ac2de4_s.jpg
私は初の大病により医療・介護関係の方々と接するようになりました。多くの違和感を感じたのですが、その一つが「時間感覚」です。
 
これは、退院後紹介を受け、訪問での鍼灸治療を頼んでいた時の話です。鍼灸師はそっぷ氏(元相撲部で筋肉質・痩せ型の力士)でした。
 
この人時間にルーズ。最初は遅れると連絡が入るのですが、そのうち連絡もなく30分程度毎回遅れてくる。午後一番の往診なのに。昼ドラでも見てから来るのか???

私は機敏に動くことができないので、往診に備え5分前にはベッドに寝ころび天井見ている。
 
が・・・そのまま30分天井にらんだまま。これが週2日、女房もそのあとの予定がづれ込み困っている。

「時間励行でお願いします」私は何か月か後に申し入れました。
それからしばらくは定時に来た。が、また遅れると連絡が入った。
 
次は連絡もなく30分遅れてやってきた。そして私の顔色をうかがうべく覗き込んできた。
私は、とっさに何事も感じていない様な顔をしました。相手に簡単には本心を悟られない。多くの人と同じように長い間の民間企業での経験から身に付けたものです。
ほっとした顔をした彼は、次から当然のごとく連絡もなく30分は遅れてくるようになりました。

(吠え)お前どんだけ人の時間食ったら気が済むんじゃい!人の顔色うかがいやがって、小賢しいんじゃ。病院と同じで治療受けるためには患者は待つのが当然なんか!?もうこれから来なくってよいわ。
 
訪問看護も時間通り来る人はまれ、こちらは15分程度で許容範囲ですが、やはり4人に3人は遅れてやってくる。たとえ本人は寝たきりでも、家族は予定、やらなければならないことが詰まっているはずです。これって医療・介護時間ですか? 「約束5分前について2分前にチャイムを鳴らす」我が家に来られる民間企業の方はこうです。私も40年間そうしてきました。こっちが変なのか?
 
 


もしよろしければ下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下さい。当ブログを見つけて読んで下さる方が増えると思います。私も励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

◇◆第三駐車場番外編 最初で、最後の警告 [メガネサルの吠え吠え記]

 ◇◆第三駐車場番外編
s-DSC03968 (2).jpg
1月の最後の日です。第三駐車場のすぐ近くにある図書館の駐車場、ここ日当たりが良く雪溶けが早いところです。

ここで半金屋にばったり出くわしました。それも彼が、彼女の車に乗り込む直前です。


「昨年は工事お世話になって有難う」

「ハァ~?どちらさんでした?」

「工務店で屋根防水工事お世話になりました。その節はお世話になりました」

「アア~」

「今まで気づかんかったんか、ワシはあんたの車見てすぐわかったで~」

私の、最初で、最後の警告です。

--------------------------------------
 
ご興味を持たれた方は過去の記事を、ご覧ください
 
第三駐車場シリーズ
 
 
 
 
 
 
 
--------------------------------------------------- 

退院されました


タグ:第三駐車場

吠え 突然やってくる。玄関でハンコだけもらって、はいさようなら. [メガネサルの吠え吠え記]

347915639985667e01c2cc6dd2b061f4_s (3).jpg
私は、脳卒中片麻痺になって、介護、医療・福祉関連の仕事の方々と接するようになって驚いたことは多くあります。これはその一つです。 
 
役所で紹介を受けた初めてのケア・マネジャーがN女子です。この人いつも突然やってくるのです。
 
一応電話はあります。ただ「今から5分したら行きます」(一体、どこにおるんや?)。女房は大慌て印鑑を出したころで玄関で「ピンポン!」。
そして女房と一言二言世間話して、ハンコもらって大あわってで帰っていく。これが毎月恒例の儀式。
 
私は玄関上がって直ぐの部屋を自室にしているのですが、上がってきたためしはない。
こちらの用がなければ、1年近く顔も見たことないケア・マネジャー。ケア・プランは最初から全ての項目が、何んも変わっていない。

さすがにおかしいと思い始めた私は、女房に「今度来たら、私の部屋に上がってくるよう言ってくれ」と言いました。

翌月、恐る恐る顔を出したケア・マネジャーに私は言いました。

(吠え)あんた、普通の企業で働いたことないんか?自分の都合だけで今からすぐ行きますでは、得意先なら激怒しよるで!少なくとも前の日には連絡して相手の都合聞かんとあかんやろ。それと担当している人の顔はなんぼ何でも毎月見ないとあかんやろ。これで報酬得とるんやろ。

彼女は驚いていましたが、それでも翌月からすぐに改善してくれました。それからはコミュニケーションが取れるようになり、顔を見れば些細なことでも相談でき、役に立ってくれていると徐々に感じられるようになってきました。しかし、もしこちらがアクション起こさなければどうなっていたか・・。
 
毎月接していると、彼女は、熱心で、穏やかな性格の人だとわかってきたのですが、当初なぜこんな粗い仕事ぶりだったのか?他の人に対しては今どう接しているのか?全ての人が寝たきりではないはずです。やはりそこに、ケアマネジャーの業界事情があるのでしょうか。一度ゆっくり聞いて見たい気がします。
 
 
 


もしよろしければ下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下さい。当ブログを見つけて読んで下さる方が増えると思います。私も励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
タグ:介護職
前の5件 | - メガネサルの吠え吠え記 ブログトップ