Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
メガネサルの息抜き話 ブログトップ
前の5件 | -

転んでもただでは起きたくない・・。(その4)最終章 [メガネサルの息抜き話]

s-4d6a24783ac98548af93f022e9d69e12_s.jpg
今回がシリーズ最終です。
 
転んでもただでは起きたくないない私の最近の大きな気付の一つは「障害との付き合い方を学ぶ」ことは「老いとの付き合い方を学ぶ」ことに通じるのでは」ということです。
 
逆もまた真なり「老いとの付き合い方を学ぶ」ことは「障害との付き合い方を学ぶ」ことに通じるのではというのが、もう一つの気付きです。 この成果は、これから他のところで詳しく述べていきます。
 
今回は私が、脳卒中で片麻痺障害になった今、ささやかながら考え、自らにも言い聞かせていることを最後に述べさせてください。
 
基本的に、障害が軽く仕事の現役復帰が視野に入れられる人は「元に戻る」ことを目指せるし、全力で目指すべきであろうと思います。
 
ただしこれら「元に戻る」ことが可能な人も、これほどつらい体験をしたわけですから病気を糧に、今までの自分に何らかのプラスアルファを積み上げて欲しいと思います。
 
それは来るべき老いのためにも役立つと思えるからです。病を糧として、まず身近な人との関係を見直すことは、豊かな人生を送るための良い機会です。

障害の程度が重く「元に戻る」のが困難な人は「変容」、これまでとは別の暮らしを別の価値観で生きるべきではないでしょうか。私はこちら側です。もう競争して人に勝とうとする必要はありません。ただ、多少とも人の助けを必要とする体です。これまで以上に他人の気持ちを推しはかることが必要になります。
 
どれほど障害が重くても生きていて、そこにいるだけでいいのです。要介護で迷惑をかけるかもしれませんが、感謝の気持ちの愛語(「ありがとう」)と笑顔で、介護してくれる人に接し、相手の気持ちを和ませることに貢献するのです。これがあれば、良い人間関係が構築できると思います。
 
ただし、リハビリは続けなければいけません。例えば腕が拘縮し曲がったまま固まってしまうと、服を着せてもらうとき介護者に重い負担を与えます。

これが今私自身に言い聞かせていることです。さらに本音を言えば、片麻痺障害者はもっとしたたかに生きる術を身に付けなければ、と考えています。ブログでどこまで表現できるのかはわかりませんが、この視点だけは忘れたくありません。
 
同病のサイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)の方々に、役に立たないブログ(村)との烙印を押されないためにも、小さなブログ村で、脳の損傷部位や程度が違うのにそれを無視しての「機能回復競争」や、「頭かしこい(自分は頭がいいんだと誇る)」競争をしている場合ではないのです。

以上です。同病の皆さん、時に「あー」とか「うー」とか「コンチキショウ!」とか「バカヤロー」とか叫びながら(同病の仲間に対してではないですよ)、お互いにコミニケーションに努め一緒にがんばっていきましょう。
 
      それじゃ~また 

タグ:介護 老い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

赤ひげ先生、自主リハビリやったって全然よくなりません!? [メガネサルの息抜き話]

 

BSプレミアム 3月31日(金)午前0:45〜3:51「赤ひげ」が放映されます

 

赤ひげ[東宝DVD名作セレクション]

赤ひげ[東宝DVD名作セレクション]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD

「見た目に効果があらわれことよりも、徒労とみられることを重ねてゆくところに
人間の希望が実るのでないか、おれは徒労と見えることに自分を賭ける。」

※徒労・・むだな骨折り。無益な苦労。

     赤ひげ診療譚(山本周五郎)


回復期の後は、維持期。懸命にリハビリしても現状維持が精一杯の様なな気がしてくる。維持期は現状維持が目標と口にするセラピストもいます。
しかし、はたして「現状維持」だけを目的に、単調で孤独な自主リハビリは続けられるものなのでしょうか?身体機能面に関しては「今より多少障害を改善したい」と思うから頑張れると思います。

自分なりの努力、工夫を重ねても徒労感を感じる時、山本周五郎のこの言葉に私は励まされます。周五郎もこの時期をくぐりぬけ見事作家になりました。
イチローの言葉も前に紹介しましたが、訳知り顔で単に知識を披露するだけの専門家もどきより、イチローや周五郎のように実際にその言葉を生きた人の言葉の方が何倍も支えになってくれます。


※山本周五郎は、丁稚奉公から作家になった人です。豊かな家庭に育った純文学系の多くの作家とは明らかに一線を画します。

赤ひげ映画観ました


転んでもただでは起きたくない・・・(その3) 関西人夫婦の場合 [メガネサルの息抜き話]

s-bpO7fryGR7ExcGF1483921680_1483921763-w (2).jpg我妻キツネサルも生粋の関西人です。若いころは宝塚歌劇の「追っかけ」の一方、寸暇を惜しんで吉本新喜劇にも通ったそうです。


私は脳出血の翌年心筋梗塞を発病し血管を広げるステントを埋め込む手術をしました。心臓外科医に「3度発作を起こして生きていた人を私は見たことありません」と言われました。すると後1度ないし2度です。
 
その時に、障害者枠で就職するかどうか経済的な面から夫婦二人で検討した時の会話です。

(キツネ妻)「まあ(就職しなくっても)大丈夫や!あと隠し子2人くらいやったらなんとかなるやろ」
       「せやからもう仕事はせんといて。お父さん死んでしまうわ」
 
(メガネ夫)「わかった。仕事はやめる」
      「せやけどわし、そんな気持ちの良いことした覚えないんやけど」
 
(キツネ妻)「そうか、そら残念やったなあ~。」

これで大体(金額まで)通じているのです。さらに会話は続きます。

(メガネ夫)なんでそれを病気の前に教えてくれへんかったんや。そしたらもう一花咲かせたたのに
(キツ妻)今からじゃもう無理やなあ。ワッハッハ~~
 
皆さんは、「何というアホな夫婦や」と驚き呆れられるでしょうが、私達夫婦にとっては、普通の会話なんです。何しろ夫婦とも小学生のころから土曜日午後、熱中したテレビは吉本新喜劇だったのです。
我々の子供時代(昭和30~40年代)、関西の多くの子供が熱中したのは「阪神」、「歌劇」、「喜劇(吉本新喜劇)」の中のどれかだったように思います。
 
深刻なことも笑いに変えってしまうのが関西人の特性でもあります。
 
■またまた脱線してすみません。今日の本題はこちらでした。
 
実は私、60歳になったら仕事を引退するつもりでいました。そのため年金がもらえるまでの期間若干の収入を得るためネット販売すべく様々な実験・準備をしていました。ほぼ全て女房がやっていたのですが、これを3年で月数万~10万円程度の純益が出るまで女房が育てました。
 
これが私達を助けてくれました。おかず代程度のお金でも、毎日、別収入があると気持ちに落ち着きが得られます。パートで時間を切り売りするのではなく、自力で小さな芽を育てようとした「がめつさ」が生きました。これなら一日2~3時間で、なおかつ夜中、明け方等都合のいい時にできますので、介護との両立も容易でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

転んでもただでは起きたくないない・・。その2 気が付けば杖をつかんで起き上がっていた [メガネサルの息抜き話]

s-27d771e32fd2439e9273bc168fdeb72f_s.jpg
今回は、「気が付けば杖をつかんで起きていた」という話です。

私、小さい時からこける(転ぶ)と、反射的に何かつかむ(拾う)ものないかと思って、周りを見回してしまうのです(笑)。
 
アイタ~!と感じながらきょりょきょろする。ホンマ我ながら根っからの(お上品な)関西のガキですわ。「あんた、何してんねん?」周りの大人によく言われました。
 
そんな私は脳卒中で倒れ、気が付けばに杖をつかんで立ち上がっていました。
  
退院が近づいたある日、私は病室をじっくりと観察しました。特に目についたのがベッドと入り口の引き戸です。
私は株式投資を再開することも検討し始めました。

病気になっても自営業で何の公的補償、会社の休業補償も受けられない私の自衛(ここシャレです)手段です。

仕事から引退した後、約2年間、株式投資を一から勉強し直しました(脳の障害でこれがつらかった)。また、病院でヒントをつかんだ介護関連等のメーカーの情報を集め、財務、戦略、株価などじっくり分析しました。そして上位にランクしたベッドメーカー、ドアメーカーなどの株を、最低単位ですが購入していきました。

リハビリと同じように出来れば長期(5年程度を)を目安にしたいという思惑です。
それで株主優待で、前に紹介した「光る杖」を貰ったというのがオチです。

ただ投資がすべて上手くいったわけでは当然ありません。自分で設定した損切ラインで売却した株も何社かあります。

脳卒中で自分が働けなくなって、それでは代わりに「お金」に働いてもらおうとお考えになった方もおられると思います。これも車の運転と同じく自己責任。リスクに対するしっかりした考え、方針を持っていないと大けがします。これも「お気をつけあそばせ」です。
 
しかし、脳卒中後遺症で仕事をなくした場合、ほんまイバラの道です。アフィリエイトなども簡単ではないでしょうし、デイトレード(注-1)・FX等の短期決戦では、脳をやられた私にはとても稼ぐ自信はありませんでした。すみません、これらのことに関して皆さんにご提供できるノウハウを私は持っていません。
 
一つで生活費すべてを賄うのは困難で、障害年金にプラス、少額でも色々やってみることでしょうか。
 
 
( 注-1)主に個人投資家による主に株式・債券取引や外国為替証拠金取引 (FX)、商品先物取引など、市場流動性の高い取引において行われる事が多い。一回のトレードが数十分から数時間の間に行われるもので、1日10回程度のトレードを行います。また、日をまたぐことで予期せぬリスクに遭遇することを避けるため、基本的に、ポジションを翌日に持ち越さない。
 
参考 光る杖 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

転んでもただでは起きたくないない・・関西の脳卒中片麻痺患者の心意気。その1 [メガネサルの息抜き話]

s-538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s.jpg
 今回から「転んでもただでは起きたくないない・・関西の脳卒中片麻痺患者の心意気」と称してシリーズで何回かお届けします。息抜き記として肩の力抜いたもので行きたいと思います。

私は、関西で、ずーと暮らしてきました。関西人の端くれです。小学生のころから甲子園球場に通った阪神ファンです。
 
ただ、球場で、お酒飲んで、大声でやじり倒すおっちゃんではありません。ネクタイ頭に巻いて踊ったりもしません。実は私、静かに観戦するのが好きなのです(むっつり助平か!?)。
 
 掛布の矢のような送球。田淵の優雅な放物線ホームラン。目を輝かせて見入りました。
 
ちなみに阪神2軍鳴尾浜球場には、朝の一仕事(多分卸売り市場の関係者でしょう。野菜のにおいがします)を終えた一杯機嫌のヤジ将軍がいます。私個人的にはこんな人大好きなのですですが、野球観戦のスタイルは違います。「えらい熱心に見てるけど(昼間っから)、どっかの高校の監督か?」と私はうれしい勘違いを時々されます。
  
皆さん、こんな(古い観戦スタイルの)阪神ファンもいます。だから私、甲子園球場で阪神ファンのど真ん中で観戦するのが嫌いなのです。静かに試合そのものを味わいたいのです。現場ではあんまり吠えません。
 
ついでに「あと一球コール」も嫌いです(そんなもの一瞬先は闇やないか!)。かって「選手・男川藤」の大ファンでしたが、今テレビで「解説者・川藤」だと消音観戦です(苦笑)。
 
しかし最近、野球にしてもサッカーにしてもテレビでは消音観戦が増えました。「それ解説じゃなくて、単なる応援やん!願望やん!」と感じることが多くあります。
 
陸上競技も大好きなのですが、世界陸上など、なぜ余計な司会(俳優、元女子アナ)が入るのか、目ざわりで仕方ありません。これは「NHKスポーツ中継」支持派です 

・・と、最初から少々脱線気味ですが、そんなちょっと変わった関西人である私の脳卒中という病に倒れてからの思い・雑感、多少のエピソードをこれから、何回かに分けてお話しします。お金の話も少しします。
 
感覚的に「関西人が嫌い・ダメ!」な方も多いと思いますが、私の片麻痺の障害に免じ何卒しばらくお付き合いください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - メガネサルの息抜き話 ブログトップ