Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

正しい休み方は(2)ベッドでの適切な姿勢を作るポジションテクニック [痙性]

 今回は正しい休み方の2回目として、ベッドでの適切な姿勢を作るポジションテクニックです。

 以前取り上げた「拘縮ケア」から抜粋します(p77)

------------------------------------------------ 

 



オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2016/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




 ☆画像をクリックして拡大してご覧ください。

EPSON007.jpg

麻痺側を安定させ非麻痺側は自由にしておく。

自由を奪わないことが最良のケア


片麻痺の場合、非麻痺側は何もしないのが原則です。問題は非麻痺側の手足が麻痺側を補おうと頑張りすぎること。非麻痺側に力を入れると、麻痺側の筋肉が硬くなります(連合反応)麻痺側だけをクッションなどで支えるようにし、過度の緊張を防ぎます。

 

それじゃ~また。 

 

 

 

真向法は脳卒中片麻痺から生まれた [痙性]

 20170327キャプチャ.PNG

真向法という体操があることは、以前から知っていましたが、それが脳卒中片麻痺と関連があるとは神戸新聞の2017/3/17日の記事により初めて知りました。

 

真向法002 (3).jpg

それによると長井 津(ながい わたる。真向法の創始者。1889年10月 - 1963年)は42歳で脳卒中により左半身不随となるが、おじぎを繰り返したことで、体が動くようになった。この独自の体操法が真向法原型となったと言う事です。


私はほぼ毎日寝っ転がってストレッチするのですが、背を立てた姿勢は真向法によく似ているのです。

そうか、これで体を前に倒せば真向法になるのか!と気づきました。これからやってみようと思います。

 

 

 ■公式 真向法体操





それじゃーまた。


タグ:片麻痺治療

ふくらはぎ筋肉のストレッチ [痙性]

akiresufire-3.jpg

 私は麻痺により麻痺足関節の背屈(足先を上に持ち上げる)がだめ、膝を曲げることもできません。これを動かす筋肉も使ってなということです。

そのため拘縮を防ぐためには関節可動域訓練や筋肉へのストレッチは重要となります。足首、膝に大幅な改善が見られない限り一生続ける必要があると思っています。

 

ふくらはぎの筋肉は下腿三頭筋です。これは図の様に腓腹筋とヒラメ筋で構成されています浅い、深い(インナーマッスル)という位置の違いのみならず膝関節をまたぐか、またがないかがという違いもあります。

腓腹筋  ⇒ 二関節筋(膝関節をまたぐ)

ヒラメ筋 ⇒ 単関節筋(膝関節をまたがない)

 

話がややこしくなりそうなので、簡単にまとめます。

ふくらはぎの筋肉は「膝関節屈曲」させることと「足関節底屈(つま先を下げる)」することに関係するということです。

また「足関節底屈(つま先を下げる)」させる働きだけでなく足関節背屈(つま先を上にあげる)の動きに拮抗する働きとなります。

それでは、ストレッチを紹介します。

※ストレッチは十分安全に留意して無理せず行ってください。


腓腹筋のストレッチ

 

 https://www.youtube.com/watch?v=mYK2XyWLius 

 

 青竹踏みを使ってもできます。

 https://www.youtube.com/watch?v=kXHcsL-bLAo

 ※私は特に膝の後ろを意識してストレッチするようにしています。

ヒラメ筋のストレッチ

 

 https://www.youtube.com/watch?v=GYmb-hQyQ_g

 

 https://www.youtube.com/watch?v=auMQHjujTs4

 

 

 ※このようにアキレス腱やふくらはぎを伸ばすことは、夜間に足がつる予防にもなります。寝る前に行うとよいそうです。

 

毎度恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村


タグ:片麻痺治療

緊張を緩める杖の握り方 [痙性]

DSC03745-1-w (2).jpg
杖の握り方、当初教えられるのは、当然写真上の握り方です。

所が、維持期などで足の緊張が強くなってくると、セラピストの先生から「足の緊張が強まりますので、杖はあまり強く握りすぎないで!」といった指導を受けられた方がおられると思います。

◆私のリハビリ室での会話

(PT)もっと軽く!指でつまむ程度にしてください

(私)そんなん外じゃ怖いやんか。リハビリ室でしか通用せんわ

確かに杖を強く握りこむと足も連鎖して緊張します。しかし杖をつまむ程度で歩ける人はそもそも杖を必要としない人ではないでしょうか。

それで考えたわたしの握り方、平地では指を伸ばして4本の指側と親指側で軽く挟み込むように握る。少し怖ければ、親指と人差し指だけ軽く曲げる。これでも緊張は落ちます。
掌に体の重みがかかるので、安心感があります。最初慣れず怖ければ、手すりで何度も掌に体重をかけて歩行する練習すればよいと思います。
ただし路面の状態が悪いとこれでは怖い。その場合わたしは、三動作歩行に切り替えます。
 
※リハビリは安全に留意して自己責任でお願いします。

恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

対応策その2 低周波治療器 [痙性]

C03743 (3).jpg
今回は低周波治療器です。お使いになっておられる方も多いのでは?

ストッレッチは、一過性の効果しかないと言われますが、我々片麻痺障害者はやらないでほっておくと硬直が悪化するばかりです。一生やり続けることが大切なのでしょう。
低周波治療器も長く効果が継続するものではありませんが、治療直後は手足の軽さを感じます。私は、硬直する手足のケアとしてこれから先も続けようと思っています。

そんな私の低周波治療器の紹介です。
〇オムロン 低周波治療器 

オムロン 低周波治療器 ホットエレパルス プロ HV-F310

オムロン 低周波治療器 ホットエレパルス プロ HV-F310

  • 出版社/メーカー: オムロン(omron)
  • メディア: ホーム&キッチン

〇超音波検査用ゼリー(プロゼリー) ハードタイプ 300g /0-9639-02

〇ふくらはぎ用サポーター MIZUNO アウトドア ブレスサーモ 保温系  (2枚) [ユニセックス]
〇マジックベルト
私は、短下肢装具をつけて歩きますので、サポーターは夏にも付けています。また低周波治療のパットを抑えるのにも便利です。青いマジックベルトは100円ショップで買ったものです。片手では使いにくさも若干あります。




恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
タグ:片麻痺治療