Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
お勧め本 ブログトップ
前の5件 | -

言語聴覚士が語る言葉と脳の不思議 [お勧め本]

私も脳卒中の急性期には言語聴覚士(ST)による言語指導をうけていましたが、言語障害についてはほとんど何も知りません。今回以前ご紹介した関啓子さん(言語聴覚士で脳卒中発病)の著書「失語症を解く」によって学んでみたいと思います。言語障害、特に失語症を理解するには非常に良い教科書だと思います。早速内容をピックアップします。

taipu006 (3).jpg


■言語野の場所

左の図-1は、大脳に見立てたクルミの絵です(本著より)。

言語は人間だけに与えられた高度な精神活動ですからその中枢もはっきりしており左半球の前方と後方にあることが分かっています。発見した人の名をとって前方の言語中枢を、ブローカー言語野>、後方の言語中枢を<ウェルニッケ言語野>と呼んでいますウェルニッケ言語の後方には伝統的に読み書きの中枢と言われてきた<角回>があります 。


■「ウエルニッケ失語」と「ブローカ失語」


この損傷の部位によりの2つの種類の失語症があるそうです。


ウェルニッケ失語の最大の特徴は聞いた内容を理解しにくい、ということです 。文章のかたちで言われると例え単純な文でも理解できないことが多いようです。例えば「机を指指して下さい」と言われてもきょとんとしていることがよくあります。話すことはできますが宇宙語で全く意味不明の言葉です。


一方ブローカ失語ですが、まず特徴的なのが話し方です。一つの単語を話すにも大変な苦労が必要なのです。とつとつと話すとか口が重いとかという表現ではとても足りないのです。話し出すにも時間がかかり、途切れ途切れにやっとの思いで言っている感じです。おまけに日本語らしくないおかしな調子の話し方なのです。


「えーと・・・え・・・あさ・・・あさ・・・あの」(えーと、朝)という感じです。単語が思い出せない、言葉を言い間違える症状です。また単語を区切ったような話し方になります。電報に似ていることから「電文体」と呼ばれるそうです。


■全失語患者への接し方で注意する点。


全失語患者(広い範囲で言語脳に損傷が見られる人)への接し方で注意する点次の3点です。

1.話すとき文字で書いてもらおうとしない。

(失語症では話し言葉と同様に読み書きも困難となる)

2.話が分からないからといって大きな声で話しかけない。

(失語症の理解障害は聴覚障害とは異なる)

3.子供扱いしない

(失語症では一般に言語以外の側面は保たれている)


■言語と思考は独立した存在


言語と思考は、密接に関係してはいるものの、両者は独立した存在であり、必ずしも言語がなければ思考ができないわけではないのです。

それでは失語症の患者さんが思考をはじめとする高度な知的作業ができることがどうしたら分かるのでしょうか


一つは患者さんの日常的な行動を観察することによってわかります。言語的なコミュニケーションは不完全でも人の気持ちを理解したり、状況を判断して適切な行動をとることに支障はないことは注意深く見守っているだけでよくわかります。

また指さし、身振り、表情など非言語的なコミュニケーション手段を有効に用いることができます。

一方、記憶や思考判断などの複数の知的機能の障害である痴呆ではこれらのことは困難です。

全失語の方が言語機能がほとんど廃絶状態であるにも関わらず周囲の人達とうまくやっていけたのは知的に保たれていたからでした 。


■コミュニケーションを支えるものは話し手と聞き手の間の気持ち


二人の間の「伝えたい」「理解したい」という気持ちが強ければ、話し方などのような言語の形式面の問題は二次的な問題になるのではないでしょうか 。

もし聞き手が話し手の話の内容に関心を持って会話すれば、会話すること自体が楽しくなり話しにくさへのこだわりは少なくなるはずです。


■非言語的コミュニケーション


非言語的コミュニケーション手段はミツバチのダンスや鳴き声などのように動物にも見られます。

人間が使う非言語的コミュニケーション手段としては、表情、身体的接触、ジェスチャー、サイン、シンボル、指さし、発声など様々なものがあります。

人間は言語障害があってもなくてもこの手段を日常的に使っています。「目は口ほどにものを言う」というよう表現があるほど表情が豊かに人の気持ちを伝えます。抱きしめるだけで言葉に言い尽くせないほどの愛情や共感を伝えることもできます。


失語症
失語症を解く―言語聴覚士が語ることばと脳の不思議

失語症を解く―言語聴覚士が語ることばと脳の不思議

  • 作者: 関 啓子
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本
-----------------------------


私も、まだまだ知らないことばかりですが、脳と言語のこの不思議。ますます興味がわいてきます。


それじゃ~また。

タグ:言語障害
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

勢古 浩爾著「定年後のリアル」/「高齢者」に優しい社会などないと覚悟する。 [お勧め本]

3f747e79bd4516e6fca8857b990b11d9_s.jpg

取り上げるのは勢古 浩爾著「定年後のリアル」です。


私は「まれにみるバカ」(2002年)以降、著者の勢古さんのファンです。

勢古さんは「教授」「作家」といった権威を認めないし、常に本音で語るリアリストでもあります。自分を客観視して常にユーモアがある。

定年後のリアル

定年後のリアル

  • 作者: 勢古 浩爾
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今回も、肩の力を抜いて、あるがままの自分を語られています。

勢古さんは中小企業に属する洋書輸入会社に34年間勤務された後、定年退職されています。定年後のリアルな日常や、定年後の「お金、趣味、生きがい、健康」などに関する思いが書かれてあるのが本著です。以下印象に残った点を抽出します。

■□■□■□■□


国のみならず、家族、家庭、夫婦、人脈などに「頼る気持ち」を捨てる。「高齢者」に優しい社会などないと覚悟する。健康など幻想だ。善意は報われないと諦める。良きことは報われない。愛も報われない、人の思いは通じない。

それで「小さくても素朴な善意」に接することが出来たら踊り上がって喜ぶべきである。


 生きることの大変さと儚(はかな)さを胸に、この1日を感謝して生きていくしかない。諦めながら諦めていないのだ 。


自我を少しでも縮小したい。余計なことはもう考えない。論を争わない。

それで出来るだけ外の静かな空気を吸う。

老後を生きる人間は、今日一日良ければそれでいい。


■□■□■□■□


「高齢者」の所は、「障害者」に置き換えてもいいと思います。さらに普遍的に「俺」「私」でもいいと思います。「障害者」「俺」「私」に優しい社会などないと覚悟して生きる。そして小さな親切、援助を受けたなら、躍り上がって喜び感謝する。


以前の記事で幸せを感じる力を、私は「幸感力」と呼ばせていただきましたが、まさにこれです。それは「感謝する力」と言ってもいいかもしれません。

私も健常時の己を振り返ってみれば、人に裏切られる等により窮地に陥った時期はその前に「感謝する力」が弱くなっていた様に思います。「感謝する力」が弱くなる。やがて窮地に追い込まれる。そんなパターンだった気がします。


我々片麻痺障害者は家族や他の人々に介護され、援助されることが多くあります。それを当たり前と思わず、本来そんなものは無いのだと思って生きると、感謝の気持ちが出てきます。それが介護する人、援助してくれる人の気持ちをよくし、人間関係が良くなる。そんな循環になっていくと思います。

まず出発点として自分が「障害者に優しい社会はない」と自覚し、覚悟することです。つまり甘えを捨てると言う事です。ただし、もし我々が「障害がある」ことを理由に不当な扱いを受ければ堂々と「吠え」ればいいのです。


私にとって勢古さんのこの本は、無理しなくっていい、ありのままの自分でいいのだとエールを送ってくれる本です。



それじゃ~また。

タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

”治療側の暴言”  「壊れかけた記憶、持続する自我」(2) [お勧め本]

5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s (2).jpg山田 規畝子さんの著書「壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害」の第2回目です。今回は治療側の暴言や見下されることなどの状況に関してご紹介します。


■□■□■□


■治療側の暴言 その1

スキー場の事故により20歳の高次脳機能障害者の男性の母親が医師から「お母さんお子さん何人いるの?」「3人です」「じゃあ一人くらいいいじゃない」と言われた。


この若い男性の高次脳機能障害が家で暴れ、リハビリテーション科の医師に相談すると「あなたがやる気がないのから駄目なのだ」と言われる。


お母さんが必死になればなるほど医師たちは「本当なら助からないのを助けたのに、これ以上何を望むのか」という許しがたい暴言をぶつけてくる 。



■治療側の暴言 その2

人間には浦島太郎の亀をいじめた子供のような嗜虐性(しぎゃくせい)があるからだろうか。最初は障害をいたわるような顔をしていて、突然ある時から、判断力の欠如から実行にもたついたり行動が鈍かったりする時、私たちに拳を振り上げるように暴言をぶつけてくる人たちが結構いる。

人間として信じられないことではあるが看護・介護や医者の関係者からも「ずっとこのまま治りはしない」とか希望を失わせる言葉を吐く人間が多数存在するのも事実である。多くの高次脳機能障害者から聞いているが、彼らが浴びせられた言葉の暴力は数えあげればきりがない。悲しいことである。 



■健常者の意味のない優越感

脳損傷患者に接する多くの人に見られがちな態度として、健常者である自分は、この患者よりも絶対的に正しい判断力を持っていて教えてやらないといけないのだというものがある。

今風に言えば「上から目線」とでもいおうか。患者が独自に持っている生活のリズムや価値観を、自分の判断力より劣っていて間違ったものと決めつけた態度で接する人の方が、圧倒的に多い。こうしたことも高次脳機能障害者のいらだちや怒りっぽさを助長する。 



■脳の回復

誰が決めたのか脳の障害では2年が症状固定時期と慣例的に決まってしまっている感があるが、2年で本当に回復が止まったという人に筆者(山田さん)は出会ったことがない。

ただ家族もすぐにでも元の本人に戻ってほしいという勝手な幻想は持たず、回復に数年というスパンで腹を据えて待つ体制でいてほしい。すぐに治らなければもうダメという思い込みは捨てていただきたい 。

壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

  • 作者: 山田 規畝子
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本


■□■□■□


我々片麻痺障害者や家族は、何度もこんな目にあっているのではないですか?

私も、まず脳卒中で倒れた時に、医師から失敗者のように家族が言われたそうです。回復期病棟では看護師から直接私も言われました。セラピストや介護職から見下げられることなんか度々ありますよね。



それでも「脳は回復」します。治療側は長期で一人の脳卒中片麻痺障害者を追いかけたことがないのです。10年単位の詳細なデータが取られていれば、また見方は変わってくるのではと私は感じています。そういった意味でも、山田先生にはこれからもどんどん情報発信していただきたいと思いますし、私は先生の言葉をこれからも追っかけます。


 それじゃ~また。






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中で高次脳機能障害者となった医師 その1 [お勧め本]

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s.jpg
山田 規畝子さんは整形外科医ですが、「もやもや病」という脳血管の原因不明の難病により三度の脳出血を経験されています。その著書

「壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害」

を今回ご紹介します。
二度目の脳出血の後は、この高次脳機能障害を理解しようとしない夫の元から子供を連れて飛び出して、新しい生活を始めるという壮絶な経験もされています。

私の印象に残ったところを抽出します。山田さんは、医師らしく分析が実に的確で専門知識も豊富です。脳卒中という病気と、それを取り巻く状況を再確認する意味でも詳しくお伝えしたいと思います。2回に分けてお伝えします。

■□■□■□
■低酸素脳症
脳に損傷を受けた患者は外傷でも脳卒中でも同様だが低酸素脳症と言って脳に酸素を上手に取り組んだりするのができなくなることが多く、いつも脳がうすらぼんやりした状態にある。その結果起こることは、簡単に言えば頭の回転が悪くなるということだが、それは知能が低下してしまう知的障害とはまた異なる 。

■平衡機能の異常
障害の中でも特に気づかれにくい障害に平衡機能の異常がある。平衡感覚を司る中枢は三半規管で、脳の損傷により異常が出る。

■視床痛
傷のある右脳の支配する体の左側には不思議な痛みがある。痛みのある部分の器官・組織には外見上何の異常もない。ただ比較的強い圧力をかけると左半身はとても痛い。家族などの介護者から見ると「触っただけで痛がる」と見えるらしい。こういった現象は大脳の中でも視床という部分を損傷した患者に特異的に見られる現象なので「視床痛」という名前がついている。
 
■認知運動療法
思うように動かない「運動麻痺」と、思うように感じない「知覚麻痺」の二つが大まかな麻痺の症状であるが、自宅で一人でやれる訓練はたくさんある。いずれの麻痺にしても大切なのはどのように動かしたいのか、どんな感じの感覚を感じたいのかはっきりしたイメージを持つことである。体のある部分を動かしたい風呂に入って暖かいという感覚に浸ってリラックスしたいというレベルで良いので最初にはっきりしたイメージを持つことが訓練として有効である。

感覚器が刺激を受け取る場所と、刺激を感じ取る脳との間の信号の経路が断たれた状態にあるのだから、最終的に信号を受け取る脳の方から「刺激よこい、こい」と要求しているうちに、寸断された神経は感覚器の刺激を受け取る場所にまで再び連絡網を伸ばして行くことができるだろうという考え方で、多くの学者がその考えに賛同して新しいリハビリテーションの形として普及しつつある。

■高次脳機能障害者への接し方
高次脳機能障害者の精神的安定のために一番必要なのは「今障害を背負っているあなたは何も悪くないので堂々としていましょう」という気持ちを基盤に持って接するということだ。  そういう接し方をして、何か勘違いしたような失敗をしても、それは患者本人でなく病気がさせていることだといつも考えて欲しいと、介護者の方にはお願いしたい。当自者に対する最大の理解とはそういうことではないかと思う。

■□■□■□
私(メガネ)の話ですが、退院して、杖をついて何とか歩ける。言葉も普通にしゃべれる。「後は頑張って体を元の様に回復するだけや」などの励ましを周囲から受けていたのですが、脳のこのぼんやり感とともに、頭の回転の鈍さに茫然としていました。やはりどうも元の頭じゃない。
この不安は3~4年続きました。今病後7年目経ってようやく、少しづつ回復して元に近づきつつあると感じられてます。回復は止まってはいないと感じるのです。
壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

壊れかけた記憶、持続する自我―「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

  • 作者: 山田 規畝子
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本
  それじゃ~また

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

点滴ポール 生き抜くという旗印 [お勧め本]

236788202adb2620a0f78412f26e036d_s.jpg
著者は、岩崎航さんという方です。3歳で筋ジストロフィーを発病して37歳の今は常に人工呼吸器を使い生活の全てに介護を受けておられます。
点滴ポール 生き抜くという旗印

点滴ポール 生き抜くという旗印

  • 作者: 岩崎 航
  • 出版社/メーカー: ナナロク社
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: 単行本
岩崎さんの五行詩です。
■ □ ■ □
点滴ポールに
経管食
生き抜くと
いう
旗印
「点滴ポール 生き抜くという旗印」(岩崎 航著)
■ □ ■ □ 
病気の象徴とも言うべき点滴ポールや経管食(胃や腸に通した管から直接栄養を入れる)を生き抜く旗印と歌う岩崎さんの心の強さ。我々が障害者になったことは、もう仕方ないことです。でも心の弱さは克服せねばなりません。岩崎さんを見習って。
それじゃ~また。

タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - お勧め本 ブログトップ