Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

坂口泰 2020年東京五輪男子マラソン強化コーチ(3)実績を上げる [スポーツ]

坂口7.png


 

1993年中国電力陸上部はついにニューイヤー駅伝の初出場を果たす。この410.3 km 走ったのが原晋青山学院大学陸上部監督である。この時チームは初出場ながら13位と大健闘であった。

坂口8.png

坂口監督は駅伝で2004年ニューイヤー駅伝で初優勝を飾るだけでなく、マラソンでも世界的なランナーを3人も育てました。油谷繁、尾方 剛,、佐藤敦之の三選手です。エドモントン、パリ、ヘルシンキと世界陸上に代表選手を送り込みパリ大会ではこの三選手で団体優勝を勝ち取っています。

 

さらにヘルシンキ世界陸上で尾方が銅メダル、アテネオリンピックでは油谷が5位入賞を果たしています。さらに北京オリンピックは尾方と佐藤が日本代表となりました。

坂口-2.png

◆私はいつも「自分の価値は何か、それを高めるにはどこで勝負をするのかを考えろ」とアドバイスしている。目的意識さえしっかり持てば、今の選手はよく頑張る 。 

◆最近は世界大会等に同行することが多くなってチームを見れない時期がありました。そういう時はチームをうまくいきません。もっと伸びていい選手が伸びていない。やはり愛情をもって見守って言葉をかける「よく頑張ってるな」とか。でも間違っていると思った時は「違う」とはっきりいいます。

◆岩本監督、原監督そして私。世羅高校出身の指導者がどうして揃って結果を残したのかというと、この3人に関してはすごい選手じゃなかったということもあげられると思います。岩本監督と原監督は残念ながら選手としては大成しなかった。

 私も故中村清監督(瀬古利彦を指導した名将)の下では早稲田大学、エスビー食品とずっと劣等生でした。だからできない選手の気持ちがわかるんです。ずっと怒られてばかりだったから人前で怒られることの辛さもわかるし、自分はそういうことをしないようにと思うんです。

 

 


それじゃ~また



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

我がベストソングス 女性歌手/女性グループ編 [映画・音楽・美術]

C8Zjak4U0AEZ7oK.jpg


今回の記事は、脳出血を乗り越えて ひろのアクティブリハビリ」さんの記事「女性歌手/女性グループ編」に触発されたものです。


記事はこちらです。https://goo.gl/WN3wks


ということで今回もひろさんに感謝しつつ、私も「女性歌手/女性グループ編」を披露させてください。今の気分のベスト10です。


【我がベストソング10】

赤いハイヒール / 太田裕美


黄昏のビギン / ちあきなおみ


竹田の子守歌 / 赤い鳥


こんな風に過ぎて行くのなら / 浅川マキ


八月の濡れた砂 / 石川セリ


私は泣いています / リリイ 


春なのに / 柏原芳恵


たそがれマイ・ラブ / 大橋純子


別れの朝 / 前野曜子


サン・トワ・マミー / 越路吹雪


juke_photo01.jpg

京都の祇園のはずれに、古びたジュークボックスが置いてある小さなスナック「ゲリラ」がありました。私と友人たちはその店に入りびたり、そのジュークボックスで古いレコードを何度もかけていました。私の曲の大半はその時聞いていた歌です。


それじゃ~また。 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康