Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ
前の5件 | -

脳卒中発症者 全国で29万人と推計 滋賀医大

脳卒中発症、全国29万人と推計 滋賀医大

毎日新聞2017年7月14日 地方版(滋賀県)及び8月14日神戸新聞

キ20170815ャプチャ.PNG

毎日新聞地方版(滋賀県)および神戸新聞より記事をまとめます。

■□■□■□■□

国内の脳卒中発症者が推計で年間29万人であることが滋賀医科大の野崎和彦教授(脳神経外科)らの調査で分かった。脳卒中に関しては大規模調査に基づく全国推計データはなかったとされ、野崎教授は「死因のうち脳卒中が占める割合は減少しているが、多数の患者が発症していることを知って予防に努めてほしい」と呼び掛けている。

 滋賀医大は脳卒中患者の診断、治療を実施する県内全41病院と連携。2011年以降の脳卒中発症者を全数把握しており、同年1年間のデータを分析した。その結果、発症者は2956人で、うち2176人が初発だった。初発の64%が脳梗塞(こうそく)、脳出血が25%、くも膜下出血が9%などだった。

 人口10万人当たりの脳卒中の新規発症は166人で、病型別では脳梗塞107人、脳内出血42人、くも膜下出血15人となった。この発症率から全国では年間約22万人が新規に脳卒中を発症し、再発を含めると29万人に上ると推計した。厚生労働省の人口動態統計によると、同年の脳卒中による死者は12万3867人だったので、死者の2倍強が発症している計算となった。

ennキャプチャ.PNG

また脳卒中の発病者のうち退院時点で17%の患者が死亡、46%が介護が必要になり、日本の脳卒中発病者の半分以上が死亡又は介護が必要な状態になっていることがわかった 。

■□■□■□■□

死亡と介護が必要な人が約3分2、残り3 分の1が介護不要(軽度)であったと言う事でしょう。

生きている者で言うと介護が必要が46%、必要なし(軽度)が37%となります。

 

リハビリ室で重い片麻痺障害者を多く見てきたせいなのか、私は意外と介護必要なし(軽度)が多い気がしました。脳卒中ブログ村でも軽度な人が割合少ないと思われるのですが・・・。軽度な人は、もう病気は忘れ日常に戻っており、特に暇な人以外は、脳卒中ブログ村で記事書いたりしないと言う事でしょう。

 

それにしても、軽度が37%とは、自称「奇跡の人」に多く出会うはずです(笑)

 

それじゃ~また。

 

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

患者同士の痛い会話 七年もたってその程度かい!

KRrrVGoQq7vSw1u1497734415_1497734774.png

おたく7年もたってまだ杖ついて歩いているんですか!?

 

私がロボット入院しているときある男性と言葉を交わすようになりました。退院後、車の運転を始めたいということで、誰に聞き及んだのか車の運転をしている私に話を聞きたいと私のリハビリが終わるのを待って話しかけられてきました。

 

その方は回復期での入院らしいのですが、わりとスムーズに杖歩行されますし、何と麻痺側の指の曲げ延ばしが自由にできるのです。

 

それから時々話をするようになったのですが、「同じ市のよしみで‥」などと時々言われます。私はあまりこの言葉が好きではないのです。

それで程々に会話していたのですが、ある日もうこれ以上聞くべきものはないと判断されたのか、私の言葉のどこかでカチンとこられたかわかりませんが、突然口調を変えられ冒頭の言葉を投げかけてこられました。

 

「おたくは回復期でそう思われるのでしょうが、この病気は時間がたてば順調に回復する病気ではありません。とくに脳の損傷部分は生き返りません。それで動きを無くし、拘縮など悪くなられる方も多いのです」と説明しました。たしかに回復期で順調な方から見れば、「7年も何やっとたんや!」と思われるのでしょう。

 

しかしそれをストレートに言葉に出すか!?というのが直後の私の思いでした。私も回復期に病後7年と3年の慢性期の先輩と同室でしたが、お二人とも多少歩行が不自由には感じましたが、この病気の大変さや最新の治療方法など色々教えていただきました。何より真摯にリハビリに取り組まれる姿勢に接し、お二人と同室であったことが本当に幸運だったと今でも思っています。

 

それじゃーまた。

★アンケートのお願い


タグ:入院記
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

困った入院患者(3)地理の先生 [男(片麻痺障害者)のための老い方講座]

hige.jpg

それはある日のリハビリ室でのことです。私がストレッチしていると、隣で20代のセラピスト(理学療法士=PT)の先生に手足を触ってもらっている髭づらのむさ苦しい60代とおぼしき男性がいました。


聞くとはなしにその話が耳に入ってきます。この人、周りの人にも聞かせたいのかやたら大きな声で喋るのです。「国道1号線から20号線はなこんな風に覚えていくんや」とか「あの神社はこんな神がまつられているんや」などとやっています。まるで地理の授業です。PTは仕方なく相槌を打っています。国道10号線にはこんなおもしろい場所があるといった、だれもが興味持つ内容では全然ありません。


また一方的に話し続けるだけで、PTに対しては何も聞きません。

年輩の男性にも関わらずコミュニケーション能力を欠いているのです。

30分近く側にいましたが、私はこのPTの方が気の毒で仕方ありませんでした。何十年も教師として一方的に話し続けた結果、コミュニケーション能力を失ってしまったのです。


私の友人の中に、職業の弊害を理解し、定年後は見事に変身している人がいます。誰に対しても腰が低く、気さくに話しかけます。皆さん誰も前職など想像もつかないことでしょう(私は知っていますが)。こいつ詐欺師か!?(笑い)と時々思うこともありますが、ぜひ見習いたいといつも感心して見ています。


それじゃ~また。

★アンケートのお願い


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病院食(朝食) [リハビリ入院記]

P_20170609_074104.jpg

朝食は、家と同じようにパン。しかしパン2個で家より量が多い(満腹)

高血圧食で2000カロリーです。

P_20170610_062547 (13).jpg
パンは卵不使用のパンです・
P_20170610_062547 (12).jpg


それじゃ~また。

本日我が家の朝食


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ロボットリハビリを終えて [歩行練習ロボット]

ロボットリハビリを終えて

l_sp_170413toyota_02.jpg 

結局4週間、実質20日でリハビリは終了しました。タイムオーバーとのことでした。正直、せっかく調子が出てきたところなのに、もう2週間程度は続けたいと思いましたが、病院(リハビリ室)の都合があり、仕方ありません。病院側は回復期の患者優先で行きたいようなのです。回復が見込めない慢性期の人間は付け足しなのでしょう。


 

しかし私に関しては、新任のリハビリ医(若い先生でわたしは「はるか彼方」先生と早速あだ名を付けました)と、これまた初めての担当してくれたPTの先生も驚異的な改善だと驚いていました。

治療側には、私が多様な歩行をする事を事前に伝えていたにも関わらず、私の二点動作前歩きを見て、その後、今回のリハビリ入院で取り組んでいる三点動作前歩き歩行の改良型歩行(三点動作の歩行を二点動作で行う)を見て目を白黒させて驚いているのです。

「これほど短期間に歩容改善した例はない!」などと喜んでいるのですが、私にすれば、坂道歩行で使う三点動作歩行をベースに、これを平地で二点動作に変える改良に取り組んでいただけなのです。

 

しかし今回のロボットリハビリで貴重な気づきが多数えられたのも事実です。

歩行容姿は、モニターで前と横から、下面には足の位置(理想的な位置と現在の位置)が示されます。さらに体重移動が線で一歩一歩モニターで出てくるのです。歩いた後では、この録画をPTと一緒に眺めあれこれ検討するのです。

○麻痺足の足の残し方(逆に言えば麻痺足を前に出すタイミング)

○体重移動のタイミング(麻痺足を前に踏み出し着地させた後、どのタイミングで体重を乗せ始めるか)

○姿勢(前屈みや反り返り、麻痺側の肩やお尻が引けてしまう状態)の確認。

○PTからは、弱い筋肉や、使えていない筋肉等の指摘がありました。

歩行速度、歩幅に関しては、時速1.7kmの設定で歩幅が84cmになりました。

 

ロボットの最大の欠点

 

一番は分回しに対するものです。麻痺足の振り出しをアシストするロープが前方から引っ張る形で動作するのですが、これがまっすぐ前から引っ張るのではなく、外側斜め前から引っ張るのです。したがってこれでは麻痺足を斜め前に踏み出す動作になります。これでは分回しの改善につながらないのです。

PTが一度このロープをセットするのをわすれたことがありましたが、この方が分回しがおさえられていて二人で苦笑いしました。

なぜ、ロボットは、まっすぐ前に引っ張らないのか?ロープを固定できる位置が左右二カ所に限定されているのが原因ですが、分回し歩行は片マヒ障害者の特徴的な大きな欠点です。この歩行改善に対する対策がとられていないのはロボットの大きな欠点です。ただこれはPTがロボット操作に習熟していないだけかもしれませんが‥(注ー1)。

 

(注ー1)

後日、定期点検に来ていたメーカーの方に直接聞きました。ロープは、やはり左右どちらかにしか固定できないようです。「設計者に伝えておきます」とのことでした。たぶん私だけでなく多くの人がこの点に不満を感じているはずですから、この欠点は、改良される可能性は大いにあると思います。

 

ロボットリハビリの話は、まだまだ続きますが、長くなったので、一旦ここらで。

                 

それじゃ~また。

関節可動域について


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -
2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ