Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日は、びしょ濡れになって歩きました [障害者として生きる]

20170506キャプチャ.PNG

私の室外歩行には、装具と杖が手放せません。実際、装具と杖がなければ50m歩くのがやっとです。


■雨の日ずぶぬれになると、障害が憎い

ですから雨の日は、ずい分濡れました。濡れるとひどく惨めな気持ちになるのです。病院等の建物の中に入ると、周りの人はほとんど濡れていないのに自分だけが全身ずぶぬれになっている。周りのも皆さんにじろじろみられ「ああ~障害者になったんやなあ~」と一番実感させられる時です。私の全身から怒りのオーラが出ているのか、さすがにだれも声をかけては来ません。カッパ着用も考えました、しかし車中ではうまく着れないのです。


私は長く民間人、自営業でしたので、得意先との約束に遅れることなど、できるはずありません。直前に飛び込み自殺があって電車が動かなくなった時が、40年間でたった一度の遅刻した時でした。ですからいまだに、馬鹿みたいに時間を守ろうとするのです。それで結果ずぶ濡れです。


■ついに杖なしで歩ける横歩きを見つけた

もちろん装具をつけて傘をさしての歩行練習しましたが、とても実用になるレベルではありませんでした。でも様々な歩き方を試す中で、横歩きなら杖なしで歩けること発見したのです。病後3年も経った頃だったでしょうか。この時は本当にうれしかった。同病の皆さんならお解りいただけると思いますが、「急に世界が広がった」感覚です。


それから実際に傘をさして歩く練習ずい分やりました。これは風に備える練習でもあります。晴れの日は、やはり出会う人は、不思議そうな顔されますが、そんなこと気にしていられません。もうあの惨めな気持ちだけはたくさんです。


私は健常者風歩行はできないが、雨には濡れ続けたくはない


同じブログ村のある方が「思うに健常者風歩行ができるというのが傘さしには有効では」と述べられていました。さらに健常者風でないと悪い癖がつくとのことです。


この方のブログに時々登場するようになった「健常者風歩き」との分かりずらい表現ですが、例えば「横歩き」に対して「健常者風歩き」と対比して考えると分かりやすいですし、本音も透けて見えます。変則歩行に対して自分は当然健常者風歩行であると、要は自分の方が優れていると言いたいわけです。


でも、健常者風歩行できないから障害者なんですよ。私の傘さし横歩きは苦肉の策です。でもたとえ好奇な目にさらされたとしても、これから何十年も濡れて歩くよりはるかにましです。いくら障害の程度が軽いとはいえ同病者のこの辛い気持ちがわからんなんて!?この想像力の欠乏こそが障害なのか!?


■自分にあった安定し安全な歩行が一番大事

悪い癖って言いますが、一体横歩きは一か月で何度するというのでしょうか?悪い癖は圧倒的に普段の前歩きで付くのです。


それに安定して歩ける歩き方が、悪い歩き方のはずありません。一度でもスポーツをやったことがあれば簡単にわかることです。イチローや野茂のフォームは変則ですが、悪い癖がついて故障してますか?二人とも故障知らずで大リーグでも素晴らしい成績を上げました。


皆さん、障害の程度に応じて自分なりの最適な歩行を見つけましょう。「雨の日用」だけでなく「坂道下り用」、「砂利道用」など様々見つけられると思います。「健常者風」でなくても安定して安全に歩ければいいのです。多少笑われったていいじゃないですか!


 それじゃ~また

【関連記事】


タグ:片麻痺生活
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康