Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

正しい休み方は(2)ベッドでの適切な姿勢を作るポジションテクニック [痙性]

 今回は正しい休み方の2回目として、ベッドでの適切な姿勢を作るポジションテクニックです。

 以前取り上げた「拘縮ケア」から抜粋します(p77)

------------------------------------------------ 

 



オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2016/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




 ☆画像をクリックして拡大してご覧ください。

EPSON007.jpg

麻痺側を安定させ非麻痺側は自由にしておく。

自由を奪わないことが最良のケア


片麻痺の場合、非麻痺側は何もしないのが原則です。問題は非麻痺側の手足が麻痺側を補おうと頑張りすぎること。非麻痺側に力を入れると、麻痺側の筋肉が硬くなります(連合反応)麻痺側だけをクッションなどで支えるようにし、過度の緊張を防ぎます。

 

それじゃ~また。 

 

 

 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康