Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

お掃除おばちゃんと大衆演劇 [メガネサルの息抜き話]

お掃除おばちゃんと大衆演劇

 

私は今回の入院でもお掃除のおばちゃんと仲良くなりました。

この人典型的な大阪のおばちゃんです。
10キャプチャ.PNG

「私、大阪の人間やからガラ悪いねん」と堂々と公言しています。

私が、タブレットでブログ記事を書いていると、

「また、そんなお金にならんことしとるんか!たまにはお金になることしいや!」もう私のこと良く知っているのです。

 

たまたま趣味の話しになりました。


「私の趣味は大衆演劇や!20年になる。今は、30歳の男の役者のおっかけや」

 

「お捻り(今は「お華」と呼ぶそうです)は当然や!それに年1回着物を作るのがたのしみで、ワクワクするんや」「そんなん当然その役者の着物や!値段?40万くらいやないか」

「もしかして掃除の給与、全部そっちに流れとるんやないか?」

 

「そうかもしれんなあ~」

「それやったらおれとやっとることかわらんで~」

「ほんまやなあ~。ワツハツハー」

 

「それでも年一回は一緒に食事できるんや!」

「おばちゃんが、カネだしてやろ」

もう話が止まりません。

 

「たまには俺にも着物買うてくれや」

「着物買うたら踊るんか!?」

「当たり前や、そん時は杖を刀に持ち替えて踊ったるがな~」

「ワツハツハー」

私はこんな大阪のおばちゃんが大好きです。入院時の楽しい時間です。

 

★8月からはロボットリハビリで入院していた時の記事を順次アップしていきます。ロボットリハビリの実態や感想、様々な人物像等色々書いています。よろしければ、お読みください。

 

それじゃ~また。


タグ:入院記
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

第6回 「風のたより」 [ブログ村記事めぐり]

8333772f87f7c8bf0b21e4f9efe0d889_s.jpg
ブログ村記事めぐり」の第6回目は、風のたよりです。
■□■□■□■□
記事:風のたより
ブログ名:休耕田
日時:  2017.04.18 
投稿者:土田げんごろう
アドレス:http://blog.livedoor.jp/tuchi321/archives/51096957.html
■□■□■□■□

私は以前から、たびたび訪問させていただいているのですが、「休耕田」ブログは何とも不思議な魅力のあるブロクです。その一つは、土田げんごろうさんの独特の言葉です。

げんごろうさんの言葉に、はったりや建前なんかはありません。やや口ごもりながら時に正直な心情が露呈されます。オリジナリティーあふれるブログです。


そこには多少孤独感もありますが、体の障害さえ遠く、何かふわふわとした自由さが感じられるのです。こんな風に、自然を感じながら、まったりとした日々を過ごしたいと憧れます。風の音を聞いて、「たより」を感じる暮らし・・いいですねえ。


私はこの詩から、藤沢周平の長編小説でテレビドラマにもなった「風の果て」を思い出しました。藤沢周平の出身地であり多くの時代小説の舞台にもなっている山形県の庄内地方というのは、強い風が吹くのだろうか?そんなことを思ったりします。げんごろうさんもこんな東北の一地方で暮らされているのでしょうか?藤沢さんとも共通した気質を感じるのですが。


第二の人生、強迫的に何かをやらなければと、趣味やそのサークルに加入し忙しく暮らされている方おられますが、私はもう勘弁です。しばらく自然を感じながらまったりとした日常を過ごしたい。そんな思いにさせる「風のたより」の記事でした。


■□■□■□■□
私の評価は次の通りです(生意気ですみません)。
◇テーマ・・◎ ◇知識・・・〇
◇経験・・・◎ ◇表現力・・◎
■□■□■□■□
12064-1.jpg

称号 北のオールフリー詩人。

この場合のフリーは文字通り「自由」の意味です。すべての形式から自由な北の詩人と言った意味です。


休耕田さんの文書が詩かそうでないかは、文学的な見識の乏しい私には正直わかりません。ただ、これからも形式にとらわれず自由に書き続けていただきたいと言うのが一ファンの願いです。


実は私、このノンアルコール・ビールの方もファンなんです。毎晩、女房にコップ1杯分だけ分けてもらって飲んでいます。


あぁ~ブログって本当にいいですねぇ~。



    それじゃ~また。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

体を洗うタオル [片手で使う道具]

furo-taoruキャプチャ.PNG

s-DSC04066 (3).jpg風呂で、体を洗うタオルです。私もこれまで色々試して来ました。今行きついたのがこれ。輪っかに縫ったタオルです。長さは約50cmです。私は身長172cm、体重67kg、ウエスト80cm程度です。


これを頭からかぶり、背中、脇など洗って下にずらせていく、ウエスト、お尻、太ももと下がっていき最後は足まで洗ってタオルを抜く。


柔らかく泡立ちの良いタオルでも伸びるのはダメです。片手で引っ張って洗うわけですから、伸びるタオルは洗いずらい。多少窮屈に感じますが、足から抜けば大丈夫です。頭から抜くのは窮屈ですのでご注意を。


それじゃ~また。



アンケートのお願い


「ブログ生活はどんな変化をもたらすのでしょうか?」脳卒中片麻痺となった方やそのご家族の方に、データを提供できればと思いアンケートを実施しています。お手数ですがご協力いただけませんでしょうか!?(質問は1つだけ、簡単なアンケート調査です)





タグ:生活動作
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

勢古 浩爾著「定年後のリアル」/「高齢者」に優しい社会などないと覚悟する。 [お勧め本]

3f747e79bd4516e6fca8857b990b11d9_s.jpg

取り上げるのは勢古 浩爾著「定年後のリアル」です。


私は「まれにみるバカ」(2002年)以降、著者の勢古さんのファンです。

勢古さんは「教授」「作家」といった権威を認めないし、常に本音で語るリアリストでもあります。自分を客観視して常にユーモアがある。

定年後のリアル

定年後のリアル

  • 作者: 勢古 浩爾
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今回も、肩の力を抜いて、あるがままの自分を語られています。

勢古さんは中小企業に属する洋書輸入会社に34年間勤務された後、定年退職されています。定年後のリアルな日常や、定年後の「お金、趣味、生きがい、健康」などに関する思いが書かれてあるのが本著です。以下印象に残った点を抽出します。

■□■□■□■□


国のみならず、家族、家庭、夫婦、人脈などに「頼る気持ち」を捨てる。「高齢者」に優しい社会などないと覚悟する。健康など幻想だ。善意は報われないと諦める。良きことは報われない。愛も報われない、人の思いは通じない。

それで「小さくても素朴な善意」に接することが出来たら踊り上がって喜ぶべきである。


 生きることの大変さと儚(はかな)さを胸に、この1日を感謝して生きていくしかない。諦めながら諦めていないのだ 。


自我を少しでも縮小したい。余計なことはもう考えない。論を争わない。

それで出来るだけ外の静かな空気を吸う。

老後を生きる人間は、今日一日良ければそれでいい。


■□■□■□■□


「高齢者」の所は、「障害者」に置き換えてもいいと思います。さらに普遍的に「俺」「私」でもいいと思います。「障害者」「俺」「私」に優しい社会などないと覚悟して生きる。そして小さな親切、援助を受けたなら、躍り上がって喜び感謝する。


以前の記事で幸せを感じる力を、私は「幸感力」と呼ばせていただきましたが、まさにこれです。それは「感謝する力」と言ってもいいかもしれません。

私も健常時の己を振り返ってみれば、人に裏切られる等により窮地に陥った時期はその前に「感謝する力」が弱くなっていた様に思います。「感謝する力」が弱くなる。やがて窮地に追い込まれる。そんなパターンだった気がします。


我々片麻痺障害者は家族や他の人々に介護され、援助されることが多くあります。それを当たり前と思わず、本来そんなものは無いのだと思って生きると、感謝の気持ちが出てきます。それが介護する人、援助してくれる人の気持ちをよくし、人間関係が良くなる。そんな循環になっていくと思います。

まず出発点として自分が「障害者に優しい社会はない」と自覚し、覚悟することです。つまり甘えを捨てると言う事です。ただし、もし我々が「障害がある」ことを理由に不当な扱いを受ければ堂々と「吠え」ればいいのです。


私にとって勢古さんのこの本は、無理しなくっていい、ありのままの自分でいいのだとエールを送ってくれる本です。



それじゃ~また。

タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

出来ないこと、苦手なことの一覧表をつくる [生活動作の方法]

772cff786acac11114bf1ea61d385464_s.jpg


我々片麻痺障害者には、生活するなかで、苦手なこと、できないことが数多くあります。生活動作の中には、紐を結ぶなど両手を使わなければできないことが多くありますのでそれは当然です。


訪問介護を受けておられる方もおられると思うのですが、意思疎通がうまくいかないでイライラすることも多いと思います。


そこで出来ないこと、苦手なことの一覧表をつくってみてはいかがでしょうか。


 


e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_s.jpgこれは義父が70歳で脳梗塞で倒れ、85歳になった今も訪問介護を受けながら一人暮らし続けているのですが(娘である我が妻が日常をサポートしています)、そこで見聞きしたことに触発され考え出したものです。何も仕事の様に厳密に考える必要はありません、チラシの裏などにまず気楽に書いてみましょう。自分の生活動作の見直しにも役立ちます。


 


 


---------------


■生活動作表(出来ないこと苦手なこと )


(評価)


×・・出来ないこと ▲(できにくい)苦手 △(何とかできるが)苦手  


(項目)出来ない、苦手なことの内容


解決策)・・どのような解決策を考え実施しているか。うまくいっているか


(備考)・・その他


 


事例(わたしの義父)


(評価)(項目)              (解決策)(備考)


× 買い物           週一回は介護保険で買い物依頼。他娘に依頼


× 紐を結ぶ          靴ひもは「片手で結べる紐」をAmazonで購入予定


× 紐をほどく         スーパーの袋は結ばれるとほどけない。


× ゴミ出し          娘に依頼


× 床に置かれたものをまたいで通る 床に物を置かない


× 封筒に書類を入れ郵送    役所への提出書類の場合は注意!娘に依頼      


× 銀行でのATM出金      娘に依頼


▲ ハンガーに洋服をかける   洗濯物は片手で干せるハンガー購入。


▲ 電気コードを差し込む    キャリアカーの充電等差し込み口には挿入できない。


▲ ふたを開ける        ペットボトル、かんずめ


▲ ふたをとる。        汁物、カップめん


▲ 置いた場所を記憶する    物を動かさない


▲ 電話に出る         固定電話は直ぐに出れない。


                連絡は携帯(通話、ショートメール利用) 


△ 薬の袋をやぶる       抑える道具を自作も苦戦


△ 郵便物(封筒)の開封    抑える道具を自作も苦戦


△ゴミ箱にゴミ捨てる      ゴミ箱の位置を身近に


 -------------


介護職でも想像力に乏しい方もおられます。新しい介護職の方が来られると、まずこれを渡すのです。そうするとこちらの状況もイメージしてもらいやすいのです。


買い物に関しては、特定の銘柄が欲しい場合、商品の包装袋を保存しておいて見せるようにしています。


 


これ自分用にも作ると、出来ること、出来ないことの生活動作の確認とともに、脳にインプットされ、解決の思わぬ気づきを得られることがあります。次回からはこの一覧に基づいて個々の動作の改善を検討していきます。補助具を使った改善も「片手で使う道具」シリーズでご紹介いたします。


 


それじゃ~また。


タグ:片麻痺生活
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康