Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

走るソクラテス 山縣亮太(陸上100m) [スポーツ]

 
f716ba23.jpg

(右端、山縣選手、左から2人目 桐生選手)

 

日経トレンディ2017年3月号に次の記事が記載されていました

 ---------------------------------


日経トレンディ2017年3月号

日経トレンディ2017年3月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: 雑誌



177cmとそれほど、体格に恵まれなかった山縣が日本を代表する選手に上り詰めたのは、中学・高校から指導者に教えられるのではなく、自分の身体を実験台に知恵と知識を得てきたからだ 。


身体とともに脳にもたっぷりと汗をかき1000分の1秒を縮めるための薄皮を一枚一枚剝がすようにタイムを削ってきた。


日本記録保持者の伊東浩司さんは「山縣は短距離界で最も考えている選手。記録が破られるのは時間の問題」と太鼓判を押す。

-------------------------------------------

 

私は桐生祥秀選手が滋賀県の彦根の中学生だったころから秘かに注目しており(中学生の全国大会で、確か6番に入った)、国体で、10秒21で高校記録を塗り替えた時は、本当にうれしかったです。


彼も日本の一流の選手になりました。彼は、洛南高校、東洋大学とすぐれた指導者に教えを受けています。


いがぐり頭の桐生選手、山縣選手の様にスマートではありません。スマートでない私は、これまで桐生選手に肩入れしてきました。


しかし、この記事を読んで「自分の身体を実験台に知恵と知識を得てきた」山縣選手に、片麻痺障害者の自主トレ姿がダブり始めました。


これからは両方応援します。前回の『瀬古利彦と為末大。「管理型」か「選手主導型」か』の興味も引き続きありますし・・・。

 

ただ本音は、桐生選手には「選手主導型へ」ぜひ脱皮してほしいのです。それで9.9秒台の前半まで行ってほしい、私は桐生選手に期待しています。

最後は結局、桐生選手へのエールになってしまいました(苦笑)

 

それじゃ~また 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康