Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

第2回目 医療体制と医者の実態を鋭く切り取った「こっちが聞きたい他」 [ブログ村記事めぐり]

 7c5f98a214d4021f4894e28c16e08d65_s.jpg

ブログ村記事めぐり」の第2回目は、医療と医者の実態を鋭く切り取った下記の記事です。

■□■□■□■□。

記事:こっちが聞きたい/もっと表現力を養おう

ブログ名:水揚げされたダイオウイカのような女の日記

日時:  2017.03.22/2017.3.25 

投稿者:ダイオウイカ さん




■□■□■□■□

今回は、2つの記事合わせて読んでいただきたいと思います。

これ、医者と医療体制の実態を鋭く突いていますね。


我々、脳卒中で片麻痺となると、医者との付き合いは長くなります。私もこの病気になるまで医者という人種との付き合いはほとんどなく、病気になってぶったまげた。なんじゃいこの人達は!?、私も仕事上、プライドの高い公務員とのお付き合いも多少ありましたが、そんなものは、かわいい物でした。


この2つの記事はそんな医者と医療体制の実態をよく表しています。医者は、夜間できるだけ緊急搬送の受け入れを辞退したい気持ちなんだろうと思います。これには、医者不足、夜間急患増加によるたらいまわしの実態も推測されます。


急に具合が悪くなり、助けを求める患者を、冷静にするりとかわしてしまう。この責任回避の話術のたくみさ。自分が、逃げているくせに、それを患者が選んだことにしてしまう、頭の良い人たち。しかし、この記事はそんな実態を的確に見事に切り取っています。あっぱれです。


医療体制のひっ迫した状況で、相手の言う事聞く素直さが、あだになるのです。逃げ切られないためにはホンマ「表現力」や強引さも必要です。


ブログのデザインも、真っ黒な下地に、白い泡のような文字の色、まさに深海から浮かび上がってくる言葉のようです。


このブログで初めて「高安病」なるものを知りました。それにしてもダイオウイカさん大丈夫なのか!?毎回記事がアップされる度ドキドキします。



■□■□■□■□

私の評価は次の通りです(生意気ですみません)。


◇テーマ・・ ◇知識・・・

◇経験・・・ ◇表現力・・


■□■□■□■□



称号: ゾウやキリンにあだ名はつけません。逆に「ゾウのような~。キリンのような~」はありますが。従いまして「ダイオウイカ」さんの称号はやっぱり「ダイオウイカ」さんです。



あぁ~ブログって本当にいいですねぇ~。


それじゃ~また

この記事が役立ちました


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

障害を生きた作家 杉本章子 [お勧め本]

 sugimotoキャプチャ.PNG

杉本章子さんは、障害を生きた作家です。1歳3ヵ月で小児麻痺に罹り、それから両足が不自由になり松葉杖で歩いておられたそうです。


私が初めて杉本さんを知ったのは、雑誌の対談です。山本周五郎の好きな作品を3点あげられたのですが、その内の2つが私と全く一緒でした。山本周五郎と言えば「樅木は残った」など長編作品が有名ですが、目立たない短編(私も好きな)を上げられ驚きました。人間の無意識の残酷さや邪悪さが描かれた作品です。若い時に何か悲惨な体験でもされたのかなあ~と思っていました。ちなみに「なんの花か薫る」と「榎物語」です。


その後、別の雑誌で杉本さんの写真を見ると、理知的な美人で驚きました。こんな方がなぜあのような短編が好きなのか理由が分かりませんでした(その時は障害のことは全く知りませんでした)


それから彼女の作品(時代小説)を読み始めたのですが、軽い失望感を覚えました。よく言えば「上品な」作品ですが、悪く言えば「少女の妄想」に近い。この人あまり世間に出たことないな、というのが私の正直な感想でした。


その杉本さんが2015年暮れに62歳の若さで亡くなったのを新聞で知りました。その時初めて障害のことも知りました。乳がんだったと言う事なのですが、杉本さんの場合、乳がんの手術すれば、松葉杖がつけなくなる可能性があり、治療をあきらめられたそうなのです。治療より日常の生活(書くこと)を優先されたのです。


それで慌てて遺作「起き姫 口入れ屋のおんな」を読んでみました。この作品をお書きになっている途中で、がん宣告を受けられたそうです。

驚きました、この作品には、かって感じた「甘さ」はみじんも感じられませんでした。こんな一文があります。

 

■悪い癖ですよお嬢ちゃま。すぐむきになって窮屈に考えすぎる。あたしが申しあげたかったのは、女所帯には用心も知恵もいっるてこと。だからといって殻に閉じこもってばかりいちゃ、世渡りなんかできゃしません。

 

■面倒から逃げるといっそう面倒になる。最初にはっきり言ってやるべきでした。


起き姫 口入れ屋のおんな

起き姫 口入れ屋のおんな

  • 作者: 杉本 章子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/01/10
  • メディア: 単行本


この作品が出発点ならとも思いましたが、一方、この作品が杉本作品の最高の到達点だという気もします。いずれにしても素晴らしい作品です。杉本さんは障害をお持ちでしたが、一方で、周りの方の深い愛情に支えられていたはずです。だから最後でこんな作品が書けたのだと思います。全ての集大成としての作品だったのです。障害を乗り越えた62年の見事な人生を完成させたのです。

 

私も片麻痺障害者となったことで、人生の完成形に少し近づいた気が、ふっとすることがあります。自己中心的で好き勝手に生きた私には、こんな不自由な形も必要だったのでしょう。

 

 

 

それじゃ~また。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

正しい休み方は(1)自主リハビリで休みは、いつ入れればいいの? [リハビリ]

 w8wvZUe_2HNynyA1491849798_1491850022.png

自主リハビリしていて「正しい休み方って、どうすればいいのだろう」といつも考えるのです。


これまで、リハビリでセラピストに、さんざん指導をうけ、又「リハビリ頑張れ!」「あきらめず継続しなさい」と言われ自分自身も強迫的に頑張ってきた感があった。

しかし「休み方」を教えられたことは今まで1度もない。


脳卒中片麻痺の慢性期には、「痙性」「拘縮」というリスクがある。

従って、本来ならリハビリ計画で、リハビリメニューを作り上げ、それに基づいて休む予定も組み込むべきなのだ。だが実際そんな指導を受けたことはない。


リハビリ中は、上田敏先生の、「少量頻回訓練」を参考にしているのですが。



私は退院後、張り切り過ぎてかえって歩きにくくなった経験がある。それから色々休み方を考え、試してきた。実際休むのにも勇気が必要だ。


毎週何らかの予定が入り一週間継続したリハビリ計画は立てられないのであるが、それでも何らの目安が欲しい。


同病の知人に聞いてみると、自主リハビリは、「2日1度、植物園を歩く」、「毎日自宅周辺を30分散歩する」と強度も頻度もまちまちです。それはそうです障害の程度が違うのですから。


理学療法士にも、実際自主リハビリを見てもらい意見を求めたこともありました。

しかし、姿勢などの欠点を指摘するばかりで、メニュー全体への意見など全く持ち合わせておらず、大きな失望感を味わいました。


現在の私は、室外歩行リハビリに関してはこのようなリハビリメニューで、週休2日(日曜日と、水曜か木曜どちらか1日休み)にすることを基本として、予定はできるだけ水曜か木曜日に優先して入れるようにしています。これで、ようやく落ち着いてきたように思います。ただしこれはあくまで室外歩行リハビリでありストレッチには休みはありません。


同病の皆さんはどのようにされておられますか?

「痙性」「拘縮」は「転倒」とともに慢性期リハビリ最大のリスクです。ですから自分にあった「休み方」を考えておく必要があります。


セラピストの皆さま、このテーマもぜひ研究お願いします。


それじゃ~つづきはまた。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「仕事が支える暮らし」から変化した「暮らしのイメージ」

以前「障害受容」についてお話させていただきましたが、この言葉、私にはぴったりきません。治療側から押し付けられた上から目線の言葉の様に感じるのです。そこで今回、病気前、病気後で、私の中での暮らしのイメージ、言い換えれば、価値観がどう変化していったのか、図形で表現したいと思います。


(1)病気前 図-1


01キャプチャ.PNG

「仕事」が暮らしのすべてを支えているイメージです。私は自営業でしたので、だれの命令を受けるわけではありませんので気楽な面はありましたが、倒れる前はこの仕事が、天職だと思っていました。苦しい面は多かったですが、のめり込んでいましたし、何より生きがい、やりがいを感じていました。 子供が学生でしたので、子供に対する教育義務が次いで最も大きなウエートを占めていました。妻とは2人で子供達を支えているといった感じで、夫婦の関係そのものは希薄だったと思います。「趣味」も「友人」も「地域」にも大して重きを置いていませんでした。あまり心豊かな生活ではなかったかもしれませんが、それなりの生涯設計プランを持っていました。


(2)脳卒中で倒れた直後 図-2


02キャプチャ.PNG

もう混乱の極みです。すべてがバラバラになったイメージです。壊れた脳で考えようとするのですが、悲観的な思いばかり強くでてきます。 感情障害も出て、やたらと泣けてきて冷静な判断などとてもできませんでした。


 


 


 


 (3)リハビリ開始後のイメージ 図-3
3-1キャプチャ.PNGようやく、多少思考力が働くようになってきました。とにかくリハビリに励み元の身体機能を取り戻し、元の生活に戻るのだと必死でした。


 


 


 


 


 


3.5キャプチャ.PNG

 


 


 


 


 


(4)現在の私 図-4

4.5キャプチャ.PNG結局、元の身体にも、元の生活にも戻れず、仕事も失くしてしまいました。そんな生活も6年を過ぎ、今の私の暮らしは、何かが何かを支えているというより、各要素が並列的に並んでいるイメージです。
そんな中で、子供たちが全員独立して家を出ていきウエートは軽くなり、反面介護してくれる妻との夫婦の関係が強くなっています。「趣味」「友人」などが暮らしに占めるウエートもかなり高まっています。


私が「障害受容」できているのかいないのか、未だよく分かりません。ただ脳卒中で片麻痺となり仕事を失くしたことで、従来のピラミッド型の価値観では生きられなくなり、図-4の様に並列型に変化した事だけは確かです。「これが障害受容できた状態や」などとしたり顔で言う治療側の輩がいれば、ぶん殴ってやりたいですね。


それじゃ~また。


 


 


 


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

第1回「社会に深く巣食う障害者差別」(脳卒中されど心は能天気さんのブログ) [ブログ村記事めぐり]

title.jpg 

「ブログ村記事めぐり」の第1回目は、本年度の衝撃度NO.1の下記の記事を選ばせていただきました。

■□■□■□■□

記事:「社会に深く巣食う障害者差別」

ブログ名:脳卒中されど心は能天気

日時:  2017.03.23 

投稿者:ニゼックさん


■□■□■□■□


これは、片麻痺障害者が社会の最前線で戦っている生々しいレポートです。

私は、激しい衝撃を受け、2~3日この余波が続きました。皆さんも同様に感じられのでしょう次々にコメントが入っています。


私も、サラリーマン時代の営業現場で、数々の理不尽さに耐えた屈辱感がよみがえってきました。そういえば、ガラス付きの額縁を投げつけられ大怪我をしそうになったこともありました。


しかし社会の最前線では今も障害者(片麻痺)というだけで、ここまでの屈辱に耐えねばならないのです。


所で、作者のニゼックさんと思しきこの登場人物の冷静沈着な受け答えはどうでしょうか。この点も驚嘆いたしました(素晴らしい!)。


それだけではなく、記事自体も非常に冷静に記述されており、この表現力が、我々に「障害者差別の生々しさを」見事に伝えてくれていると思います。


この片麻痺ブログ村では、テーマが片麻痺リハビリやその日常生活が選ばれていることが圧倒的に多いのですが、今回は、非常に珍しい「社会派」的なテーマとなっています。この点も非常に良かったです。


さらに個人的な体験から「障害者を厄介者として認識するこのような見方が昨年夏に起きた障害者施設の殺人事件につながっている」等にまで言及されており、テーマとしての広がりも感じます。


■□■□■□■□


私の評価は次の通りです(生意気ですみません)。


◇テーマ・・ ◇知識・・・(この記事には知識は必要ないとも言えますが、いちおう)

◇経験・・・ ◇表現力・・


■□■□■□■□

 


 

称号 スタートレック ニゼック船長

 


この人並み外れた冷静沈着さと裏に隠された熱い心、私はスタートレック(宇宙大作戦)のカーク船長を思い出しました。冷静沈着さと熱い心の二面性は、ニゼック船長が、普段は東京人として暮らしていながら、怒ると大阪人の地がでるような所にも感じるのです。これが何とも魅力的です。


 

ちなみにスタートレックは差別のない世界、未来の宇宙船が舞台です。その船内は白人、黒人、黄色人種(日本人)、宇宙人の混成部隊です。

 


あぁ~ブログって本当にいいですねぇ~。
 

 

              

それじゃ~また。 

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康