Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

【地域編】 シルバー人材センター教官との攻防 その1 [メガネサルの吠え吠え記]

20150814091026.jpg

いつものように体育館の障害者用の駐車場に車を入れようとした時です。

多少は顔を知っているシルバー人材センターの人(元自動車教習所の教官)が血相変えて飛んできた。

シルバー人材センターはこの施設管理を市から委託されているのです。


「今日はここ止めてもらったら困るんや(怒り)もっとず~と向こうに止めとくれ。今日は中学校のバスケットの練習試合がある。父兄が送り迎えするから止めてもらったら困る!」

そういえば今日は多少車が多い。ふと見ると障害者駐車場の横に一台分空きがある。

「ここは我々管理人が止めるところ。間もなく交代の人が来るから空けとるんや」


「わかった。じゃワシ今日は帰るわ」と言うと、「いやいや。じゃそこ(駐車禁止のところ)に止めて」「余計に迷惑になるわい!」私だんだん腹が立ってきた。「じゃ~仕方ないここでいいわ」。


次の日は障害者枠の前に駐車禁止三角コーンがおいてある。私が別の場所に止めるのを教官は満足そうに確認し事務所に引っ込んだ。


私はすぐに市の施設担当者に電話した。「私が体育館の周りを使うのには許可が必要ですか?私はリハビリのためにこれからも体育館の階段や軒下、スロープを利用したい。車イスではありませんが、ドアを全開にしないと車に乗り込めないので、障害者用駐車場も使いたいのです。必要なら料金も払います。課で検討して返事して欲しい」と言って電話を切りました。


以前、雨の日に車イス用のスロープをリハビリで度々利用していたところ突然、進入禁止コーンを立てられたことがありました。

その時はたまたま市の施設担当者が来ていたので理由を尋ねたところ、すぐに管理人に確認し取っ払ってくれました。


あっ!それ教官の仕業だったのか。どうやら教官は、好き勝手、我が物顔で体育館の階段など使う私が目障りだったようです。


       じゃ~つづきはまた

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康