Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

関西商人は似ても焼いても食えない その4 銀行融資担当 [関西]

1c30e1aaa34e87abf2212e1c46a32ea0_s.jpg

 

今日は楽しい(?)銀行の融資担当者との面談。

と言っても我々が面談できるのは都市銀行や地方銀行ではありません。「地域に密着した」信用金庫の融資担当者に決算書を持参するのです。


なに言う事は決まっています。しおらしく感心しておればよいのです。

いかにも学校のお勉強ができたであろう雰囲気の融資担当者。電卓2~3回たたいただけで、もっともらしいアドバイスの一つも言わなければならない。


従いまして、パターンは限られます。

「利益率が低いですねえ。え~と人件費の比率が高いのではないですか」まあこんな具合です。


こちらは、高~い、高~い法人税率がありますから、究極の節税に努めています。そんな利益を気前よく出せない。融資が受けられる金額(利益返済可能な金額=キャッシュフロー)も計算済みで計上している。


しかしそこは、驚いて感心して見せなくてはなりません。

「長く勤めている人間もおりますので・・・」とかなんとか口ごもる。


これを社内に持ち帰って、「銀行がこんなこと言っとるぞ!みんな安泰やないぞ!」と危機感をあおる材料に使う。まあ長く効果は続きませんが、みんな多少は驚く。


しかし銀行の融資担当者が、「売上を増やすために、販売戦略を云々・・」などとアドバイスしたのを、私は一度も聞いたことがない。こちらが毎日考えているのはこっちの方なのに。数字見て、電卓2~3回で何がわかるの。まあ期待はしてませんが。


でも借りる方も借りる方。この世界、結局資金があるものが勝ち、お上です。

それなら「つぶせんほど借りまくるのみ」昭和の時代にはこんな鼻っぱしの強い経営者数多くいました。


でも結局、会社はつぶれている。あ~あ労働者より貧しい中小零細企業経営者(泣)

 

それじゃ~また。