Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

脳出血から始まった40年ぶりの再会 その1 [障害者として生きる]

高三年の夏前まで部活でサッカーしていました。

s-78c450abbbe5b339536847df3f6f4259_s (2).jpg

 

入学時に確か同級生は10人以上いたと思いますが、最後まで残ったのは4人でした。

まあ毎年同じように、受験、下級生にレギュラー奪われたなどの理由で途中で退部していくわけです。残った四人も基本的にライバルでもあったわけですから、特に仲が良かった訳ではありません。


その証拠に同じ大学に進んだN君を除いて、後のY君、H君の2人とは、高校を卒業してから一度も会ったことがありませんし、電話で話したこともありません。もちろん住所なども知りません。


ただ四人とも劣等生でした。同級生が受験に力を入れる中、馬鹿みたいにグランドを走りまわっているのですから当然といえば当然です。


その頃4人共通の受験科目である日本史の模試の結果を部室で見せ合うと、誰一人50点にさえ届いておらず「お前はバカや!」「お前もバカや!」と言い合い大笑いした思い出があります。


それから40年近くたって、私は脳卒中で倒れました。唯一連絡を取り合っていたN君が、たまたま我が家に電話をくれて、それで京都から岡山の病院に夫婦で見舞いに来てくれました。


その後、リハビリ転院した病院に、またも偶然にもN君の父上も入院されており、それから時々見舞いに来てくれるようになったのです。


そのN君は多才で、学生時代から一コマ漫画を描き(全国紙のマンガ大賞に何度も入選した実力の持ち主です)、勤めを辞めた後は、故郷で農園を開き野菜を作っていました。


ある日、京都市での漫画のグループ展の会場に突然Y君が現れたというのです。


N君とY君は40年ぶりの再会でした。両親が死去した関係で故郷の家(旅館)はとっくに処分したとのことでした。何と彼は日本有数の大企業に勤めていて、同期入社で本社に残っているのはわずか3人で、超多忙ということでした。


それからしばらくしたある日、N君は故郷の農業フェステバルで、農園でとれた野菜を販売していました。


すると今度はH君が、そこに現れたというのです。


聞くとH君は札幌の総合病院の院長になっており、これまた超多忙らしいのですが、母親の病気見舞いに帰ってきたということでした。N君とH君も40年ぶりの再会でした。


多才で友人も多いN君以外の3人は同窓会に一度も参加したことがありません。それがN君を中心にして40年ぶりに糸がつながったのです。

 

それにしても、N君。何とも不思議な能力を持っています。私にはこんな能力を持つ友人がもう一人います。


しかし、結局、真の劣等生は私だけだったのです(大泣)。


  それじゃ~また。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬の山桜を見に行く [メガネサルの息抜き話]

 2b714c886671b1db1da30d60db9bb23c_s.jpg


花の季節以外にも桜を見に行くようになった。
                 宮嶋康彦(写真家)


□■□■□■□


これは一つの反省があってのことだ。
「いままでは花にうかれて桜の木を見ていなかった。」
と思い至ったのだ。


人の明るい一面をみてその人を朗(ほがらか) な人物だと思い込むようなものだった。
人格の多面性を理解せず付き合っていて、意外な一面に驚くという経験にも似ていた。
桜の四季を撮影するようになって、はじめて桜を理解したような気持になっている。


冬の姿を知ってはじめて、繚乱(りょうらん)として咲く花の美しさを認識したのだ。


 サライ(山桜)




この桜、見に行かん

この桜、見に行かん

  • 作者: 宮嶋 康彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/03/10
  • メディア: 単行本




 それじゃ~また。


 


 


 


 


 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

(2)ストレスとの付き合い方 【法則一~法則四】  [片麻痺生活 ストレスとの付き合い方]

引き続き、脳卒中片麻痺の暮らしにおけるストレスとの付き合い方、片麻痺生活のストレス対応技術(コーピング・スキルズ)を考えてみたいと思います。

 

ストレスに強くなることが片麻痺生活では不可欠です。

64a752f685d942c6db8d8ce40e5e2d67_s.jpg

サッカーのオシム日本代表元監督の言う様に、ストレスをコントロールするのは同時に感情をコントロールすることであります。


感情のコントロールは、感情失禁という後遺障害を抱える身には少々高いハードルですが、その対応を考えてみたいと思います。


そこで、まずは精神科医 和田秀樹先生のべストセラー『感情的」にならない技術』からいくつかヒントを探しだし、私なりの法則を作り上げたいと思います。


◇穏やかに過ごすためには感情的にならない技術が必要になってきます。

例えばブログにメッセージが来ても題名を見ておそらく不愉快なメッセージだとわかったら大体開けません。

つまり私の最大の感情的にならない技術は感情的になりそうなシチュエーションを予知して避けるということです 


 

法則一 「君主危うきに近寄らず」、「無視する」ことが最大の対策である。

 

「感情的」にならない技術

  • 作者: 和「感情的」にならない技術田秀樹
  • 出版社/メーカー: 新講社
  • 発売日: 2011/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 


◇感情的になるシチュエーションがそう簡単に避けられないこともあるでしょう。でも例えばそういう際に、どう対処すればいいのか、あるいはどんなパターンでより悪いシチュエーションになっていくのかを知っておくだけで、

対処の 仕様はあるのです。


◇「感情は放っておけばだんだん治ってくる」という法則があります(森田療法「感情の法則」)

不愉快なことを気にせず・・と思えば思うほど、余計に不愉快な気分になります。

が、感情というのは放っておけばそのうちの治ってくるのです。それどころかチョットいいことがあるとコロリといい気分になる。


腹が立つ・・・放っておく


悔しい・・・放っておく


憎い・・・放っておく


そのうち些細なことで感情はコロッと変わる。



法則二 感情は放っておけばだんだん治ってくるも。



放っておけば(時間がたてば)激情も当然治まります。そのうちコロリと良い気分になることもあります。なくても時間が解決します。このことを知っていれば慌てなくて済むということでしょう。「一呼吸置く」とかよく言われますが、5呼吸くらいは置きたいですねえ。 


法則三 普段の豊かな人間関係が、感情をコロリと入れ変える。

 

感情をコロリと入れ替える機会を多く持つ人は、普段から家族や友人たちと良い関係を築いている人といえます。

つまり立ち直りが早いということが言えると思います。だから普段の人間関係こそ感情的を治める、感情を引きずらないためのに大切と思えます。

 

法則四 「白黒はっきりさせない。灰色のままの状態を保つ」ことに慣れる。

 

とにかく、直ぐに何でもかんでもに白黒つけようとしない。灰色・曖昧なままで OK、曖昧さに慣れるようにすることなのでしょう。曖昧なまま過ごすと、ふと気づく、ひらめきが降りてくるうれしい瞬間がやってきます。直ぐに結論づけないことに慣れましょう。「熟成させるとうれしい気づきが舞い降りてくる」と楽しみに待ちましょう。そう考えておけば曖昧さにも耐えられるはずです。

 

 

                       それじゃ~また。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

高次脳機能障害、研究対象だった脳卒中を自ら発病。(神戸大学客員教授 関啓子さん) [リハビリ]

s-G_wVbRPgRZqCQ0G1486262307_1486262603.jpg
脳の血管が詰まったり破れたりする脳卒中の後遺症は手足の麻痺がよく知られているが、失語症や注意障害などの高次脳機能障害にも多くの人が苦しんでいる。
 
この障害のリハビリを専門とする言語聴覚士で神戸大学大学院保健学研究科客員教授の関啓子さん(61才)は4年前に脳卒中を発病、30年近く研究してきた疾患を自ら体験した。
 
回復を果たした今は「内側」から見た病気の実像と、脳が持つ回復力の大きさを講演で語っている。
【神戸新聞 2013年12月16日記事より】
まさか、この私が: 脳卒中からの生還

まさか、この私が: 脳卒中からの生還

  • 作者: 関 啓子
  • 出版社/メーカー: 教文館
  • 発売日: 2014/02/12
  • メディア: 単行本
関啓子先生が提言するリハビリのコツ

・自分の状態を発病前とは比較しない
・焦らない悔しがらない諦めない
・不便を受け入れ工夫を楽しむ
・失敗した理由を考え次に活かす
・動作を具体的にイメージし実際の動きを鏡などで客観的にチェックする
・育児のようにおおらかな気持ちで臨む
 
 ◇◆三鷹高次脳機能障害研究所 

所長・関啓子先生による失語症・高次脳機能障害者のリハビリ

 
 ◇◆失語症記念館

 
 
それじゃ~また。 

タグ:片麻痺治療
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

賢い家族になるための介護者の心得 (その1) [障害者として生きる]

20170316-002.jpg

今回は主に家族・介護者について考えます。「賢い家族になるための介護者の心得」と称し引き続き「脳卒中後の生活」から、私流に解釈を加えながら抜粋していきます。

 

■□■□■□■□

脳卒中後の生活 元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

脳卒中後の生活 元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


発病を機に、当然これまでの夫婦や嫁姑、兄弟姉妹、家族の関係が浮き彫りになってきます。それはある意味「社会の縮図、人生の縮図」です。


誰が引き取って介護するか等修羅場になることもありますし、兄弟の援助など思いがけない「絆」を確認することもあります。夫が発病すれば、ほとんどの妻は夫を介護し支えようとしますが、逆はそうではありません。仕事と遊ぶこと以外したことのない夫。妻は自分の日常をサポートする存在としか考えていない夫の場合は大変厄介です。


家族の誰かが倒れた時、今後共により良い人生を生きていくために、家族も生き方を考えるチャンスとも考えられます。


□初めはしっかり支える。そしてその後自立を促す


「患者を甘やかしてはいけない。自分でできることはできるだけ自分でやってもらう」のがリハビリになるとよく言われますが、先輩家族がこれだけは伝えたいというのは「落ち込んだりうつ状態になっている辛い時期にはしっかり支えてあげてほしい」ということです。


そして少し自分のことができるようになったら突き放すことも大切というアドバイスをくれました。発病後、半年や1年は優しく接することも必要ですが、ある程度の時間が経ったら自立に向けて自分のことは自分でやることが大切家族も本人の自立を促すような支援の方法を考える 。


つまりこれ子育てと一緒ですね。最初は思いきり愛情を注ぎ、甘えさせて上げる。そして時が来れば、突き放す。人間も動物も同じです。ただ動物は子育ての失敗は死を招きますので容赦、躊躇(ちゅうちょ)がありません。

 
■□■□■□■□
 
今回の先輩達の活動「片マヒ自立研究会」と、会の中心だった森山志郎さんの記念館(「脳卒中片マヒ者 体験と思索」の「戦うリハビリテーション」の記録)の詳しい情報は次からどうぞ。上部のメニューの「家族館」には、介護する家族のお話があります。
  
 
それじゃ~また。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康