Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月 | 2017年03月 |- ブログトップ
前の5件 | -

(1) 老後は「人柄だけ」で勝負する。金、地位、名誉は役に立たない [男(片麻痺障害者)のための老い方講座]

今回から、「男(片麻痺障害者)のための老い方講座」をシリーズで始めます。教科書は、男と女の老い方講座(三好春樹著)です。
 
「障害のある生活を学ぶことは老いの生活を学ぶことに通じる」逆に「老いの生活を学ぶことは障害のある生活を学ぶことに通じる」というのが私の持論です。
この点三好先生の著書は学ぶのに最適の教科書です。以下、抜粋していきます。
----------------------------------------
 
b564d86de (2).jpeg
■老いに適用しやすい条件を箇条書きしすると、次の三つである。
 
1.金、地位、名誉と縁がないこと
2.進歩主義を信奉していないこと
3.自立した個人にこだわらないこと
  
 
■三好先生は、就職した老人施設と、かって学生運動で留置所に23日間いた経験をもとにこんなことを述べられています 。

老人施設に入った老人たちに通用するのは人柄だけだ。

■ここも留置所と同じだった。老人施設と留置所が同じだと言うと関係者が誤解して 怒るかもしれないが、同じというのはここに入った老人たちに通用するのは人柄だけだという点である。純粋な人間同士の関係があるということである。地位も名誉も金持ちだったかどうかを関係ない。留置所でも特養ホームでも丸裸の人間が存在しているのだ。

■老後のために金を貯めておかなくてはなんて考えは特養ホームズ努めて1週間で消え失せた、何しろ金持ちの入手者の方が介護職からも周りの前の老人からも嫌われてる人が多いのだ。
 
■将来体が不自由になって老人施設に入所することになったとしよう。その時介護職から嫌われない条件は2つしかない。
 
一つ目は体重が重くないこと。これは介護職の本音だから心しておくこと。
二つ目は性格がひねていないことである。
 
■体重が重く性格がひねくれているとなると最悪だが、太っている人には性格の悪い人は少ないようである人間うまくしたものだ 。

■かって社会的地位が高かったとか、財産があるなんてことは役に立たない。それどころか邪魔になっているのだ。
人柄からだけしか通用しない世界に、今だに過去の栄光にこだわって地位や金を通用させようとするからである。
 
■男の老いの困難さここからも見えてくる。女性が社会進出しているとはいえ地位や名誉や金はまだまだ男のものだ。女性が老いて丸裸になりやすいのに対して男たちはいつまでも社会の衣装をまといいたがるのである 。

■社会的地位を登りつめた人の老後は難しい。ちょうど高く飛んだ人ほど着地が難しいように。成功飛行の人生を送っていないあなた、老後だけは安心して。

男と女の老いかた講座―老いに上手につき合える人、つき合えない人

男と女の老いかた講座―老いに上手につき合える人、つき合えない人

  • 作者: 三好 春樹
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本

-------------------------------------------------------------------------
三好先生、テレビなどで拝見すると穏やか人柄とお見受けするのですが、やはり只者ではありません。中高一貫校の高校を中退、パチンコ屋など様々な仕事を経験して老人施設に就職。29歳で医療専門学校に入学して理学療法士の資格を取得され、元の老人施設に舞い戻った。単なるおぼちゃまのエリート人生ではありません。

所で、大企業や公務員で地位が高かった人や「先生」と呼ばれる職種の人は老後要注意です。逆に中小企業、下請け企業勤め、営業の経験者は有利な気がします。一発逆転ですね。医療関係者など天地がひっくり返るかも
 
ブログ村でも礼儀もわきまえない要注意な人、時々見かけますが。ブログの世界だから許されているだけで、こんな方が、現実生活で老いて新しい世界に放り込まれれば、、あっという間にボコボコにされてしまうのでしょう。まさに「お気をつけあそばせ」です。

何はともあれ、男は、現役を退いた時から状況は一変するのだという自覚がないと、悲惨な老後が待っている気がします。
          
          それじゃ~つづきはまた。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

その3 年令若く障害重い(グループC)と高齢で障害が重い(グループD)の特性 [片麻痺障害者マトリックス]

C「年齢若い・障害重い」グループ
cキャプチャ.PNG
 私も発病は54才で、このグループに属したと思います。
 
 このグループの置かれた状況は厳しいです。
 現役で仕事中の発病でしょうし、障害の重さから職場復帰は困難でしょう。
 しかも、子供もまだ学生で教育費の負担も重いと思われます。
 収入も仕事の人間関係も、はては家族までも失くしてしまうケースもあると思います。
 
 脊椎損傷(せきついそんしょう)で下半身不随の60代の方とリハビリ病院に入院当初同部屋になりましたが、私の状況を聞かれたその方が、大きなタメ息つかれ下を向かれたたのをよく覚えています。悲惨すぎてもう笑うしかないケースってありますよね。
 
 公務員や大企業の勤務の方は休業等の補償があると思われますが、中小零細企業に勤務していたり、私のような自営業者はさらに悲惨です。労災の休業補償の対象でないでしょうし、社会保険に加入していなければ傷病手当も受給できません。
 
つまり、発病したその日から収入がなくなるのです。
 
また、20~30代と年齢が若い方も先行が長いだけに困難を極めます。
片麻痺障害者ではありませんが、交通事故で脊椎損傷(せきついそんしょう)で下半身不随の30前後の男性とも同室になりました。一日中ベッド周りのカーテンを引いたままで周囲から孤立する彼。
 
リハビリ室でも同世代のセラピストと雑談しているだけでリハビリしようともしません。
他人を拒否する姿勢を見せ続ける彼ですが、同じ車いすの私でさえ慰めの言葉がありませんでした。ただ何とか将来の道が開けたらと祈るばかりです。
 
D「高齢で・障害重い」グループ
dキャプチャ.PNG
このグループも困難を極めます。

おそらく移動は車いす。普段はベッドに寝たきり状態に近い人も多いと思います。
家庭療養となると普段見かけることも少ないでしょう。「寝たきりにならない」ことが最大の課題であろうと思われます。 
 
「リハビリ体操」の大田 仁史先生が次の様に述べられています。
 
■「守るも攻めるもこの一線」
寝たきりにならないことを考えた場合、「起立」「立て膝」「座位」「臥床(がしょう=寝た姿勢)」の中で最も大事なのは、座位をとれることなのです。
 
ここが守りたい最低ライン。だから私は、座位と臥床(がしょう=寝た姿勢)の間の境界線のことを「守るも攻めるもこの一線」と呼んでいます。
 
つまりこのグループは、さらに「寝たきり」と「そうでない」2つのグループに分けられるということです。これについても、後で詳しく述べたいと思います。


□■□■□■□■□■□■
 
所で、私には同病で同時期入院していた70歳と80歳の女性2人の知人がいます。
70歳の方は障害の程度は軽く、杖なし歩行です。
彼女は、社交的な人柄で、退院後も友人とのランチや、趣味の「宝塚歌劇」にたびたび出かけていきます。
人生で一度も仕事に就いたことのないお嬢様です。

一方、80歳の女性は、障害の程度が重く、車いす生活、週1回の通所リハビリと、同じく週1度の訪問リハビリを受けておられます。後は主にベッドでの生活です。
彼女は長く家庭と仕事を両立してきた人です。趣味は読書という静かな女性です。

おしゃべりな私は2人ともよく電話で話します。ただ一つ 辟易(へきえき)することがあります。

70歳の女性が80歳の女性に対して「あの人は一日中寝ているだけやん、家事一切しない結構な身分や!」とのたまうのです。私が障害の重さの違いをいくら説明しても聞く耳を持ちません。実際彼女とはよく言い争いになります。

今回私がこの様なマトリックスを記事にしたのも実はこの70歳女性のこのような言動に常日頃憤りを感じていたこともあります。

「同病にもかかわらず理解を示さないどころか、平然と批判を口にする。」これってどうなのよ!という気持ちです。

この「理解のなさ」をネットの世界でも散見するのです。障害が軽いと思われる人が重い人に対して「リハビリをあきらめている」などと批判する。
あるいは逆に障害が重い人が、同病の人に「あなたの障害は軽い」などと直接見たこともないのに口にしたりする。
 
もう少し相互理解を深めましょうよ!小さな世界で対立してどうするの。というのが今回の記事の趣旨です。
安易に同病者を批判する前に、相手がこのマトリックスのどのグループに該当するのか、一度考えてみてはどうでしょうか。
           それじゃ~つづきはまた。 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

10mタイムトライアル

 
s-319ba9ab578c13fef66739aec54f2c5b_s.jpg
10mタイムトライアル
日時 2017年3月23日
天候 曇り・多少風あり
場所 第3駐車場
備考 駐車場4台分の幅(10m)で、ストップウォッチによる計測。秒以下切り捨て。全て杖と短下肢装具着用。
 
 
 
 
 
Clipboard011.jpg
 
・前歩き17秒。信号を渡る基準とされる10m20秒を何とか切ったが・・・。
回復期退院する前のリハビリ室では13秒程度だったので、やはり遅くなっている。目標は15秒切ること。ロボットリハビリの後達成できれば。


・斜め歩きは21秒、健足側横歩き23秒、この歩き方は、安定感がありるが、もう一息、20秒を切るスピードが欲しい。
 
・斜め歩きは、健足側横歩きを斜めに歩くもので、10mで1m程直線からずれる。これは角度にすれば5~6度斜め歩いていることになる。これで健足側横歩きより2秒タイムが短縮されている。
 
これから、この斜め歩きを毎日のリハビリのメニューに組み入れたい。この歩きを訓練することで、20秒の壁を突破したいと思う。格好は悪いが、安定感、人混みでの安全性(横向きのため正面に比べ身体の幅が狭く、健足が前にくるため接触にも強い)にスピードと私には三拍子そろった歩き方になる。前・横 ・斜め歩きと臨機応変、機敏に切り変えることができれば、非常に実践的になると思われる。
 
杖を前に出せばフェンシングに似たスタイル。これでぶつかってきそうな奴や、「障害者は家にスッコンどれ!」などという輩がいれば、突きまくってやろうかなどと、杖を武器にする物騒な妄想ふくらましている私です(苦笑) 
 
・麻痺足側横歩き これ麻痺足を先に横に出すので、(一歩一歩脳に指令を出している感じで)リズムが悪く一番苦手な歩行方法なのだが、他と比較しても大きな差はなくまずまずのタイムと思う。実際はこの歩行で10m歩く場面はないと思うが、リハビリでは体重移動等目的で必ず行っている。思わぬところで訓練効果が現れた。脳の回復(自然と足が出る)も多少感じられる。

・後ろ歩きは25秒。もし健常者と競争するとしたら、迷いなく「後ろ歩き」を選ぶ。一度PTと勝負したいなあ~。この秘かな悪だくみのためにも「これからも後ろ歩き訓練をつづけるぞ!」「ラジャー!」

所で3月1日申し込んだリハビリ入院、待機1番手なのに、いまだベッドに空きが出ない。もう準備万端なのだが・・・。今のリハビリ入院者はお年寄りが多いと言っていたが、全員入院期間限度まで粘るつもりか!?。 
 
退院後に同じ条件でタイムトライアル行いますので、お楽しみに。じゃ~また。 
 
 
 
 

もしよろしければ下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下さい。当ブログを見つけて読んで下さる方が増えると思います。私も励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

 瀬古利彦と為末大(管理型か選手主導型か)その2

20151112232649.jpg
前回の瀬古利彦さんと全く逆の代表選手は、為末大さんです。為末さんは、400mハードルで世界選手権で二度銅メダルを獲得しています。

実際に陸上競技を生で観戦すると、その圧倒的な体格差を感じさせるのがハードル競技です。日本人が欧米の他国の選手と同じスタート・ラインに立つと違和感さえ感じるのです。

まるで、中学生と大人が一緒に走る様な感じです。体格差を見ただけで勝つのは至難と感じさせる競技です。
 
ハードルや中距離という種目は、世界との記録差が大きい競技です。為末さんは、何とそれを克服したのです。ちなみに為末さんは身長170cmです。

地方新聞(神戸新聞2017年1月16日)にその彼の「管理型より選手主導型に」が識者の視点として記載されました。私流に記事を要約します。長くなりますので2回に分けて記載します。

---------------------------------
◇スポーツの世界では昔からコーチ管理型かそれとも選手主導型かどちらが良いコーチングかという議論がある。

◇これは人間が最も能力を発揮する組織および環境とは何かという問いを含んでいる。

◇能力、生産性を高めるというのはスポーツのトレーニングで「量×質」の要素のうち質をいかに高めるかだ。

◇質は「何をやるかと」と「どういう姿勢でやるか」の二つに分けられる。どういう姿勢でやるのかの方が、本人の心の中の問題だけにアプローチが難しい。
 
 
◇私自身はコーチをつけない競技人生を送ったので明らかに選手主導方だった。が、管理型のメリットも感じていた。

◇やる気がない時も、何をすればいいかを指示してもらえる。考えなくてもいつのまにか頑張れてしまうシステムに乗るのは楽だ。そうすれば選手はひたすらに今日を頑張るということに集中できる。

◇一方で管理型の最大の弊害は選手が主体性を失ってしまう点だ。
 
クリックして拡大してご覧ください
s-DSC03943.jpg それじゃ~つづきはまた
 


タグ:精神・魂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

路上編その3 安全・安心な車 [丹下右膳の運転記]

697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s (2).jpg
結局、私は、もう一台、自動ブレーキの「ぶつからない軽自動車」を購入することにしました。
 
これならライトも自動点灯ですし、片麻痺運転手には何かと楽で安心です。
私と妻とで2台の車を状況に合わせ交換しながら運転することにしました。
 
私は、慣れない市外へは、この車で出かけることにしました。確かに痛い出費ですが、安全には変えられません。

これから10~20年後「自動運転の車」がどれだけ実用になるのか本当に楽しみです。老いて70代に入れば、私は、ぜひ購入したいと考えています。
 
それまで庶民にも手が届くほどの価格になっていることを切に望んでいます。がめついあんたは、関連の株を今のうちに仕込んでおいて、それを購入資金にあてるのだろう?(笑)との声も聞こえてきそうですが、私、この分野はさっぱりわかりません。もう遅すぎる気もします。
 
TOYOTA、ベンツなどの既存の自動車メーカ単独か、GOOGLE&ホンダ、apple&自動車メーカーなどの企業連合か、新たな新興企業が覇権を制するのか?市場が巨大だけに世界規模で他分野からの多数の企業も参入もしてくるでしょう。ファンド(投資信託)を買うのがせいぜいですが、それでも何とか10年後に備えたいと思っています。

タグ:車運転
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -
2017年02月 |2017年03月 |- ブログトップ