Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

コーピング・スキルズて? [お勧め本]


回生を生きる―本当のリハビリテーションに出会って

回生を生きる―本当のリハビリテーションに出会って

  • 作者: 鶴見 和子
  • 出版社/メーカー: 三輪書店
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 単行本

  •  
  • 今年最後の日です。今年最後に 上田敏先生のお考えを紹介したいと思います。
  • それでしつこく同一本紹介の3回目です。今回は「目標指向的・積極的リハビリテーション・プログラム」のベースとなる考え方、コーピング・スキルズの紹介です
  •  
  • 片麻痺のリハビリについて、ネット上でも「死に物狂いのリハビリで良くなった」とか「奇跡の回復」との言葉も見かけます。それはそれで大変結構なことだと思います。
  • ただ私を含め大多数の人間は、現実的には長期にわたっての少しづつの回復を目指さざるを得ない状況に置かれていると思います。
  • そんな私達には別の視点、複眼も必要だと私は感じており、その思いがこのブログを開設するきっかけにもなりました。
  • ですから上田敏先生の次の文章には大変共感しました。少し長いですが引用します。

  • リハビリテーションは障害(というマイナス)を減らすことばかりを目指すのではなく、むしろ残された、または隠れてはいるが開発可能な機能や能力(というプラス)を引き出し増大させることに力点を置く「プラスの医学」である。そのためには「機能回復訓練」(普通これだけが「リハビリ」だと誤解されているが)でなく障害による実生活上の様々な困難にうまく折り合いをて困難を困難でなくしていく技能(コーピング・スキルズ)の学習が大事である。そしてそれに同時に心の中にある障害ともうまく折り合いをつけそれに負けないようにしていく心の(あるいは魂の)技能(心理的コーピング・スキルズ)の獲得が必ず伴っていなければならない。
  • 私達は「機能回復訓練に」にとどまりがちな、本来の精神を失って形骸化した旧来のリハビリテーションから脱却して、初心に戻って再出発する必要を痛感し、それを「目標指向的・積極的リハビリテーション・プログラム」と名付けてその一層の深化と普及に努めているが、その重要なポイントの1つがこのコーピング・スキルズである。

  • いかがでしょうか、私達にとり機能回復は最も切実な願いですが、皆で機能回復競争をしているわけではありません。障害の部位も程度はまちまちで、他人と比べられるものではありません。しかも道のりは長いです。
  • 障害を負ったことにより、隠されていた能力が幸運にも顔を出すかもしれませんが、コーピング・スキルズを磨いて、それなりに楽しく暮らせれば、隠された能力が表出さなくてもそれはそれで良いと私は思います。ただ障害を糧とした心理的変容は必要かと思います。


恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お気をつけあそばせ 好き嫌いのはっきりしている人 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

wXMJVsCCU1R5YLX1480503623_1480504465 (2).png
当ブログに何度も訪れていただいている方は、記事からすでにお気づきになっていると思います。

実は私、好き嫌いが激しいのです。

久坂部羊先生によると、好き嫌いがはっきりしている人というのは、敵意を感じさせる人、反感を買いやすい人らしいのです。
また熱心過ぎてありがた迷惑な人間らしいのです。
以下先生のご意見です。
「一見気さくそうに見えるが実は好き嫌いが激しいタイプは、優秀で努力家であり完全主義者で合理主義者である。不要なものを徹底的に排除しなければおさまらない性格と言える。だから、相手は傷つき反発するようになる。」
ということらしいです。なるほど現役時代は「優秀」以外は近かった気がします。
これは、「頑張れば成功するという受験エリートの習性」らしいのですが、私は「受験エリート」には当てはまりません。少なくとも受験より大事にしていたものがありましたから。

いずれにせよ。これから年齢を重ねていくと介護施設などにお世話にならなければならない。
敵意を感じさせる人間が動けなくなってしまったら、どんないじめや虐待にあうのか、想像すると恐ろしい・・・。
しかし「好き嫌い」の「好き」の方もあるわけだから、好きを一層大切にすることも大事かなあ、と思ったりもします。
でも少なくとも自分は「敵意を感じさせる人間だ」との自覚はこれから必要です。


恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
タグ:精神・魂

私の机術(つくえじゅつ) キーボ-ド [片手で使う道具]

キーボードは片手打ちに適した小型キーボード

_gYAN8k7FKCekyF1480809171_1480809693.jpgiBUFFALO USB接続 有線スリムキーボード ブラック BSKBU14BK

上の写真では少しわかりににくいですが少し立ててモニター画面に近づけています。
脳卒中片麻痺の片手ではブラインドタッチができません。殆どうつむいてキー入力し、時々首を大きく上げてモニター画面を確認する感じです。それでキーボードとモニター画面を近づけました。

 
 
 
s-DSC03785 (2).jpg
下の写真はキーボードを横から見た写真。少し不細工(恥)。
下からブックスタンド(carl)、補助のベニア板、滑り止めマット、キーボードの順です。これでかなり安定し机上で打つのと殆ど変りません。
 
 
☆★ ブラインドタッチができる片手用のテンキーのようなキーボードや片手用にキー配置する方法もあるようですが、浸透していません。
プロの入力スピードが求められる作業をするでもない場合は、やはり慣れたキーボードの慣れたキー配置の方が良いようです。それより後日詳しく取り上げるつもりですが、片麻痺の場合、声が出せれば音声入力に慣れる方が良いかなと私個人は思います。音声入力ソフトの識別能力の向上は本当に素晴らしい物があります。PCの場合、キーボードと音声入力の併用が強力な入力装置になっていくように思います(低コストですぐ実現できます)。
また音声入力は、言語訓練で、言葉をしっかり発音する訓練に使えるかもしれません。
 
 
 
   
 

iBUFFALO USB接続 有線スリムキーボード ブラック BSKBU14BK

iBUFFALO USB接続 有線スリムキーボード ブラック BSKBU14BK

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: Personal Computers

 


毎度恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
タグ:片麻痺用具

セラピスト編 その3-2 家庭訪問にやってきたセラピスト [メガネサルの吠え吠え記]

1c1530e68d18175f282d70a8be7f7cc2_s (2).jpg
日本のナイチンゲールと呼ばれた看護師、黒田裕子さん.そんな黒田さんを取り上げたドキュメンタリー番組を見たわが妻がそっと私にメモ書きを渡してくれました。

病気を診るのではなく
暮らしの中で人を観る
することよりもいること
話すことよりも
聞くこと

いよいよスポーツメガネのボス(前回の記事ははこちら)が、我が家にやってきました。
彼のリハビリ室の言葉から私も妻も期待に胸膨らませて待っていました。
 彼は玄関での挨拶もそこそこに、いきなり尺を取り出し上り口の高さを測り始めました。そして「玄関に椅子を置いた方が良いねえ。狭いから小さな丸椅子でいいですわ」といきなり言い出しました。私は発病7年、手すり1本での玄関の昇り下りには全く不自由は感じていません。上がり口に腰かけて下肢装具もスムーズに脱着できています。それを別に小さな丸椅子を置けとは。私たち二人はただ口をあんぐりしているだけ。
一席ぶったあとで、廊下をキョロキョロしながらようやくボスは私の部屋に入ってきました。そして一言「メガネさん、スクワットやってみましょうか」「ここでですか?」「はい」私が仕方なく始めると女房がすっ飛んできました。「音がするから慌てて来てみたんやけど、お父さん何しとるん!!」「体操」女房の顔は完全に怒っており、それからは奥に引っ込んだまま。ボスが満足顔で帰ったあと「私はお父さんの部屋中眺めて色々話するとばかり思ってお茶の用意してたんや。こんな趣味が詰まった部屋に入っても何も感じなっかたんか!?」私達には悪い冗談としか思えない家庭訪問でした。
翌日すぐにケアマネジャーに来てもらい相談の上「もう二度と家庭訪問は受け入れません」とデイケアを運営する病院に強く申し入れていただきました。

(本日は妻が吠え吠え)あんたみたいな上から目線で物言う人久々見たわ!学生への指導も口先だけやったんや、結局あんたは片麻痺患者の暮らし方に興味なんか全くないんや!

これ本年(2016年)の実話やから本当に情けない。
でもこの件があってからボスの言動は改まり多少横柄さがなくなりました。


恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

京都の夜は更けゆく キツネサルおおいに笑う [メガネサルの息抜き話]

病気を機に阪神タイガースの地元を離れ静かに山暮らしをするメガネサルとキツネサル夫婦。
久々の京都の繁華街、もうそれだけでテンションが上がります。

burogu-kyotonoyoru.jpg
結婚記念日は確か3日ほど前に済んだはずですが、キツネは「今日が結婚記念日や」と強引に主張します。どうやらこの居酒屋、記念日だとケーキかデザートをプレゼントしてくれるらしいのです。「あんた店の人に言って」と私をつつくのですが、根が正直・小心な私がそんなこと言えるはずもありません。困っていると同席している友人が(キツネの言葉を真に受けて)替わって言ってくれました。
 
それでデザートをゲットして大いに笑うキツネサルです。

 
 
 
 
 
 
 
 
s-DSC03799.jpg
京都のおでん、何でこんなに大根でかいの!?
 
 
☆多様な歩行が身に付き始めたせいか、夜の京都の繁華街(はしゃぎすぎた学生の酔っ払いも数多い)中でもそんなに恐怖感はなく移動できました。前から酔っ払いが来ればフェシングの太田選手のスタイルで杖でつついてやろうと思っていたのですがその機会もありませんでした。
状況に応じて前二動作、横、斜め、前三動作と切り替えも大分スムーズになってきました(チョト自信がつきました) 

 

もしよろしければ下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下さい。当ブログを見つけて読んで下さる方が増えると思います。私も励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村