Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

佐藤愛子の提言「幸福とはなんぞや」 [お勧め本]

佐藤愛子の提言「幸福とはなんぞや」

20180305001.jpg

 

ーーーーーーーーーーーー

幸福とは何ぞや―佐藤愛子の箴言

幸福とは何ぞや―佐藤愛子の箴言

  • 作者: 佐藤 愛子
  • 出版社/メーカー: 海竜社
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 新書

◆何がマイナスなのかプラスなのか


夫の会社が倒産し借金は2億円。当時は天文学的な数字に見えました。


借金取りや裏切り者に憤りながらも色々な人間模様が見えてきて、作家として貴重な体験だと思っていました。


このことをバルザックのように大きな小説に書くつもりだったのですが、何しろお金が欲しくてねちょうど「小説現代」から依頼があって原稿料欲しさに50枚で書きました。


だから残念な気持ちでしたが、でもこれで直木賞を受賞して生活が安定したのです。

こういう経験をすると人生何がマイナスなのかプラスなのか一概に言えなくなります。だから人生は面白いのですよ。


◆悲劇的なことを面白く


もう悲劇的なことを面白く見立てて笑うしかないんです。

ひどい話でも面白おかしく他人に話して笑ってもらえれば、自分も一緒に笑い、慰められる。


◆生きることは苦しいこと


生きるというのは苦しいこと。私たちは楽しむためでなく、修行するために生まれてきたと思うことにしています。

そう思えば苦しいことを避けたり楽しくないからといって恨んだりしなくてもいい。

修行だと思えば耐えやすいんです。


◆苦労というものを不幸のように考えるのは間違いです。苦労を乗り越えるから自信というものが生まれるののですよ。私は二度の離婚やら夫の倒産やらで、散々苦労してきました。けどねそれが生きることへの自信になりました。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。