Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

(6)”おくりびと”現れる [片麻痺の喪主]

okuribitoキャプチャ.PNG


 


■納棺、通夜


 suke-120170720_112243 (2).jpg


家族葬ですから、本来、通夜に訪れる人はないはずなのですが 、それでも田舎のことです。父と親しかった何人かの人間は来るでしょう。


 


私は自宅での通夜の準備も一応しておくことにしました。 まず病院から遺体を自宅に搬送し、そこで 枕経(遺体にお経を唱え)た後、納棺するわけです。ちなみに納棺料5万5千円で、コース外で別途支払です。


 


そういえば、私は以前、親戚の葬儀で納棺頼まれたことがありました。私の場合は、遺体を担ぎ上げひつぎに収めるだけでしたが。遺体のあまりにも軽いのに驚いた経験があります。その時、女房が死化粧を施しました。


 


納棺師が現れました。普通の中年の男性と女性のペアです。女性が化粧箱持っているだけです。


 


これだ!私の両手が使えれば夫婦で「おくりびと」目指すべきだった!諸経費除いても、一時間5万円にはなるはずです。映画「おくりびと」では料金がわからなかったのです。本木雅弘と広末涼子か・・いいなあ~。「我が夫婦道を誤ったか?」など相変わらずノー天気な妄想ふくらませている私でした(笑)。ちなみに映画のように、納棺師と会話などしている時間は喪主には全くありません。挨拶交わしただけです


 


納棺の前に、早くも近所の人間から私に電話が入ります。「私は特別世話になったから線香だけは上げさせてほしい」


「私は特別~だったから~(香典等)させてほしい」の言葉は家族葬の敵です。


こんなこと一旦一人に認めてしまえば、それを聞いた人が次々訪れ香典等を差し出すことは自明です。ですから断固断らなければなりません。そうでないと家族葬にした意味も亡くなります。が、お焼香くらいは、仕方ありません。


 


 


■弔問客の受け入れ


 


地域の人たちに自治会放送(500世帯の各家庭に放送スピーカーが設置されている)で 家族葬にすることを 放送してあるにも関わらず、通夜の晩、 それでも何人も人が 訪れてきました。 本来、 私は正座して 対応するに必要がありますが、こんな体では長時間の正座はできません。それで以前から所有していた高座椅子に座って対応しました。その横には、普段室内では使っていない杖を置いて「イスに座って失礼するが、体が悪いからカンニンな!」をアピール(笑)


 


高座椅子は、Amazonで購入したものではありませんが、形状は以下のものと同じです。参考まで。


 




それじゃ~また。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。