Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

脳卒中後遺症患者の思考の罠 [メガネサルのお気をつけあそばせ]

d657f7542149fbe85e92e79373bce306_s (2).jpg

以前トンネルビジョンの話をしました。今回もう少し「トンネルビジョンの罠」について詳しくお話したいと思います。これは脳卒中の後遺症患者として陥りやすい罠だからです。実際にこんな人をリハビリ室でもブログ村でも見かけます。



トンネルビジョンとは、出口のかすかな明かりが見えているだけで、周りが全然見えてない状態をさします。良い意味では、一点だけに集中できている効果を指しますが、要は視野が極度に狭い状態を指すわけです。それがどんな弊害をもたらすのか、今回述べてみたいと思います。



1.帰納法の罠


これは少ない特殊な例から一般的な結論を導き出してしまうことです。



「私は、こんなリハビリしたからこんなにも回復したんや」と自画自賛する人、皆さんもどこかで見かけられているはずです。実際は脳の損傷が軽かっただけなのですが、もうリハビリの権威みたいに胸を張っている。



こうなるともういけません。「脳卒中の後遺症は脳の損傷の部位と程度によって人それぞれ」という大原則を踏み外している。比較的後遺症の軽かった人が、陥る(おちいる)罠です。


例えば、来る日も来る日も「関節可動域」とだけしか言わない人もそうです。もし言っている事が正しければ「奇跡の治療法」として全国のリハビリ病院に広まっているはずですし、その素晴らしい効果が次々報告されているはずです。しかし、全くそうはなっていない。普遍的(誰にでも、どんな場合でも著しい効果がある)リハビリ方法でないからです。


自分のリハビリ方法は果たして誰にでも当てはまることなのか?この疑問を持たないのは「トンネルビジョンの罠」に陥ってしまった人です。


2.後知恵バイアスの罠


これは、物事が起こったあとで、それが予想可能だったと考えたり、原因は元からわかっていたと考えたり、さらに進んで、自分は予想していたと、過去を自分の都合のいいように書き換えてしまう思考の罠です。いつの間にか「聡明な自分」になっている。



皆さんもお馴染みのいわゆる「結果論」です。こんな人、大地震の後にはあっちこっちで急に湧き出してきました。いろいろな所でしゃべれば喋るほど、あたかも自分が予想していたかのようになってくる。



脳卒中の後遺症が軽く回復が早かった人にもこれ典型的に見られるのです。例えば、「私は脳卒中の急性期から自分でリハビリ方法を考えていて、それを実行したから急速に(奇跡的に)回復した」とまで言い出す人をみかけました。


脳卒中に倒れた脳やリハビリの研究者や医師たちでさえも、直後は非常に混乱している。それは手記を読むと明らかです。何度も同じ話を繰り返すうちに過去を「聡明な自分」に書き換えてしまうのです。


つまり、回復が早かったのは、早く気づいた自分の「頭の良さ」のせいで、回復が遅いのは皆さんの「頭の悪い」せいだと威張っているのです。こんなアピールする人いますよね、リハビリ室にもブログ村にも。


3.罠にはまった人


こんな人は、そもそも「身体のフニャフニャと関節可動域」だけでなく、「脳の柔軟性と可動域」も保つ必要があります(笑)。他のブログから明らかに着想を得ていながら、一方で、「書く分野を絞っている」など、見苦しい言い訳は通用しませんよ(笑)。


書く分野を絞っているのではなく同じ話しか書けないのです。脳の可動域が制限されているのです。ですから、他の人の記事からテーマを借用せざるを得ない。


トンネルビジョンの罠は他にも色々ありますが、我々片麻痺障害者が主に考慮しておく点は上記の2つです。

皆さん、回復自慢、リハビリ自慢の人の話をまともに聞いて、落ち込む必要は全くありません。トンネルビジョンに陥った人は常に多弁です。それに惑わされないで、(言葉ではなく)全て実績で判断する姿勢を持ちましょう。思えば、これまでも、磁気治療をはじめ奇跡の療法と評判になった治療法が様々ありました。しかし、最近はあまり聞かない。我々は前評判ではなく、常に「実績で判断」する事が大事です。




それじゃ~また。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 2

あゆ

いつもおなじはなしですね
by あゆ (2017-08-08 15:40) 

meganesaru707

あゆ 様
コメントありがとうございます。私も脳に障害がありますので、要注意なのですが、できるだけ脳の可動域を拡げようと努めています。
by meganesaru707 (2017-08-08 16:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました