Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

10mタイムトライアル [リハビリ]

 
s-319ba9ab578c13fef66739aec54f2c5b_s.jpg
10mタイムトライアル
日時 2017年3月23日
天候 曇り・多少風あり
場所 第3駐車場
備考 駐車場4台分の幅(10m)で、ストップウォッチによる計測。秒以下切り捨て。全て杖と短下肢装具着用。
 
 
 
 
Clipboard011.gif
・前歩き17秒。信号を渡る基準とされる10m20秒を何とか切ったが・・・。
回復期退院する前のリハビリ室では13秒程度だったので、やはり遅くなっている。目標は15秒切ること。ロボットリハビリの後達成できれば。


・斜め歩きは21秒、健足側横歩き23秒、この歩き方は、安定感がありるが、もう一息、20秒を切るスピードが欲しい。
 
・斜め歩きは、健足側横歩きを斜めに歩くもので、10mで1m程直線からずれる。これは角度にすれば5~6度斜め歩いていることになる。これで健足側横歩きより2秒タイムが短縮されている。
 
これから、この斜め歩きを毎日のリハビリのメニューに組み入れたい。この歩きを訓練することで、20秒の壁を突破したいと思う。格好は悪いが、安定感、人混みでの安全性(横向きのため正面に比べ身体の幅が狭く、健足が前にくるため接触にも強い)にスピードと私には三拍子そろった歩き方になる。前・横 ・斜め歩きと臨機応変、機敏に切り変えることができれば、非常に実践的になると思われる。
 
杖を前に出せばフェンシングに似たスタイル。これでぶつかってきそうな奴や、「障害者は家にスッコンどれ!」などという輩がいれば、突きまくってやろうかなどと、杖を武器にする物騒な妄想ふくらましている私です(苦笑) 
 
・麻痺足側横歩き これ麻痺足を先に横に出すので、(一歩一歩脳に指令を出している感じで)リズムが悪く一番苦手な歩行方法なのだが、他と比較しても大きな差はなくまずまずのタイムと思う。実際はこの歩行で10m歩く場面はないと思うが、リハビリでは体重移動等目的で必ず行っている。思わぬところで訓練効果が現れた。脳の回復(自然と足が出る)も多少感じられる。

・後ろ歩きは25秒。もし健常者と競争するとしたら、迷いなく「後ろ歩き」を選ぶ。一度PTと勝負したいなあ~。この秘かな悪だくみのためにも「これからも後ろ歩き訓練をつづけるぞ!」「ラジャー!」

所で3月1日申し込んだリハビリ入院、待機1番手なのに、いまだベッドに空きが出ない。もう準備万端なのだが・・・。今のリハビリ入院者はお年寄りが多いと言っていたが、全員入院期間限度まで粘るつもりか!?。 
 
退院後に同じ条件でタイムトライアル行いますので、お楽しみに。じゃ~また。 
 
 
 
 

もしよろしければ下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下さい。当ブログを見つけて読んで下さる方が増えると思います。私も励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました